その他の調査

格安の探偵事務所には注意!依頼前のチェックポイントを紹介!

最近、格安をアピールする探偵事務所をネットでもよく見かけますが、信頼しても良いのか気になりますよね。

調査費用の見積もり額を比較して、50万円よりも10万円の見積もり額の方が誰でも嬉しいはず。

しかし、本当に満足できる結果を得ることができるのか、リスクはないのか心配ではありませんか?

この記事では、格安の探偵事務所は信頼できるのかについて解説していきます。格安探偵事務所の注意すべきチェックポイントをご紹介しましょう。

格安探偵事務所は信頼して大丈夫?

探偵事務所の中には、他社と比べて破格の料金を打ち出して低料金でサービスを提供している格安の探偵事務所があります。

結論から言えば、あまりに激安をうたっている探偵事務所はトラブルのリスクが高く、避けたほうが賢明です。最終的には高額な追加料金を請求されたり、見積もり額とは異なる費用になってしまうリスクがあります。

格安探偵事務所の最も多いトラブルは、調査料金に関連するものです。

例えば、見積もりでは10万円と言われて契約したのに、調査開始後に「調査員を増やさなければ調査が進まない」、「調査時間の延長を促された」といったケースが挙げられます。

その他、無駄とも言える機材投入、交通費やガソリン代、出張費の経費をプラスされるケースもあります。依頼主に相談もせずに、勝手に追加費用請求する業者は悪質と言えるので、支払う必要はありません。

当初話していた金額よりも、はるかに高額の追加料金を請求されて、最終的に100万円を超えることも…。

「安い話には裏がある」とよく言いますが、格安の探偵事務所においてもあまりに相場とかけ離れて安い場合は注意が必要です。

探偵事務所の一般的な料金について知る

格安探偵事務所に依頼してトラブルに巻き込まれないためにも、探偵の料金体系と調査費用の相場について知ることが大切です。

まずは料金体系ですが、探偵事務所の料金体系には、以下の3つがあります。

  • 時間料金制プラン … 1時間あたりの調査料金が決まっており、調査時間に応じて総額が決まる
  • パック料金プラン … 調査時間と総額費用があらかじめ決められている定額プラン
  • 成功報酬プラン … まず着手金のみを支払い、調査が成功したら追加で成功報酬を支払うプラン

どれが良いというわけではなく、調査の内容に適したものを選ぶのが調査料金を抑えるポイントになります。

気になる相場は調査がどの程度かかるのかによるため、20~100万円とそれこそピンきり。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

→ 探偵の調査料金プランと相場

格安探偵事務所の注意点

格安探偵事務所の中には無許可で運営している事務所もあり、違法行為による調査方法をすることもあります。

探偵は債権を回収したり、お金を取り戻す業務を行う事は出来ません。

しかし、「債権を回収」や「お金を取り戻します」などと宣伝していることもあるので避けるようにしてください。探偵事務所が調査できる範囲は、対象者の行動や所在を調べたり、資産や債務などの信用状況の調査を行うことです。

優良な探偵事務所は合法な範囲内で調査するので違法行為にあたる調査はしません。「提携している弁護士を紹介します」といった格安探偵事務所にも要注意です。

弁護士以外の業者が弁護士を紹介することは弁護士法違反にあたり違法行為です。弁護士の紹介を探偵事務所が行うことは、弁護士法違反となるため、見つけたら避けるようにしましょう。

格安探偵事務所のチェックポイント

格安探偵事務所が悪質か見極めるには以下の3つのポイントをチェックしましょう。

①探偵業届け出の証明書がある

格安探偵事務所はマンションの一室で密かに無許可営業していることもあります。

ホームページを確認して探偵業届け出の証明書があり、会社として運営していることをまず確認しましょう。日本の探偵事務所は個人運営が多く、小さな探偵事務所が多いですが、企業が運営している事務所を選ぶことが大切です。

探偵業を営む上で探偵業届け出証番号は必ず取得しなけらばならないので証明書が見える位置にない場合は疑った方が良いでしょう。

②調査の実績が多数ある

探偵事務所の依頼件数、解決件数の実績を確認するこたは信頼性を図る目安になります。実績が多く判例もあり、調査力が高いと判断できたら安心して任せることができます。テレビ出演歴がある探偵事務所はメディアにも認められているため信用あると言えます。

実績が少ない探偵事務所の場合は、調査が長引いて高く付くことになる可能性もあるので注意しましょう。

③調査にかかる費用と内訳が明瞭である

優良な探偵事務所はホームページに明確な料金表を記載しています。無料相談後に、明確な見積もり金額を出してくれて分かりやすい説明をしてくれる業者を選びましょう。

しっかり内訳を確認して、最初の見積り額が出された後に追加料金が請求されることがないことを確認してください。

探偵依頼で失敗しない業者の選び方

悪質な格安探偵事務所に引っかからないためには、優良な探偵事務所を見極めなければなりません。

優良な探偵事務所は、調査の実績があり、調査力が高く、必ず事前に契約書を作成します。調査依頼の契約をする時は、探偵業法に則った契約書かどうかを確認しておきましょう。

探偵業法では、探偵事務所は契約前交付書面(重要事項説明書)、契約後交付書面(契約書)を依頼者に交付することが義務付けられています。そして、誓約書(調査目的の確認書)を依頼者にサインしてもらう必要もあります。

全部で3つの契約書必要ですから、必ず契約する際に漏れがないかどうか確認しておきましょう。見積もり後の追加費用はなし、増員する際は事前連絡をして了承を得るといった良心的な業者を選びましょう。

まとめ

今回は、格安探偵事務所の注意点について解説していきました。

最近は、ネット上でも「業界最安値」や「着手金0円」などの派手な広告を打つ探偵事務所が増えています。

しかし、あまりに相場よりもかけ離れている場合は、見積もり後に高額な追加料金がプラスされるリスクが足るので、避けるのが賢明です。

探偵業法によって、探偵依頼をする際に必ず調査料金の計算方法を詳細に表示しておく義務があるため、優良な探偵事務所は適正な料金費用をホームページに記載しており、基本的には追加料金を請求することはありません。電話での対応も、丁寧に質問に答えてくれるかどうかも優良業者の判断基準になります。

値段の安さだけに釣られて、格安探偵事務所の罠にハマって金銭トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。