浮気調査

浮気未遂は離婚の理由として認められる?慰謝料の請求は?

「浮気未遂のパートナーを訴えたい」
「浮気相手と肉体関係持ってないけど、許せない」

あなたは、パートナーが浮気行為すれすれのことをしたとき、離婚したいとは思いませんか?
たとえ浮気未遂でも、あなたの心を傷つけたことには変わりありません。

この記事では、浮気未遂のパートナーに離婚や慰謝料を請求できるのかを解説しています。

浮気未遂は、裏切り行為です。
この記事を読んで、パートナーが浮気未遂をしとき、あなたがとれる手段を確認してみましょう。

浮気未遂は離婚の理由として認められる?

浮気未遂は、離婚の理由として認められるのでしょうか?
以下で、浮気未遂は離婚の理由となるのかを解説していきます。

浮気未遂は不貞行為に該当するかが、離婚できるかのポイントです。
離婚を検討している場合は、浮気未遂と不貞行為を抑えるようにしてください。

浮気未遂は不貞行為に該当する?

結論から言うと、浮気未遂は不貞行為に該当しません。

そもそも、法律上の不貞行為とは、夫婦以外と肉体関係を持つことです。
肉体行為を持っていない以上、それは不貞行為とはいえません。

そのため、以下のような行為は、不貞行為とはいえないのです。

・キスをする
・肉体関係を持とうと企んでいる
・ふたりきりで、ドライブや遊園地でデートしている
・メールでいちゃついてる
・浮気未遂をしている相手の髪の毛や下着が家にあった

このようなことがあっても、不貞行為とは認められません。
たとえ浮気未遂をしている相手の持ち物や髪の毛が、車から出てきても、不貞行為ではないのです。

不貞行為ではないので、法的には浮気として認められにくいでしょう。
浮気をしていない以上、法律ではパートナーが悪いと一方的にはいえない恐れがあります。

浮気未遂が原因での離婚は可能?

浮気未遂が原因での離婚は、夫婦の関係や、浮気未遂の程度によります。
なぜなら、浮気未遂は、不貞行為に該当しないと判断される傾向にあるからです。

不貞行為をおこなった浮気であれば、高い確率で離婚できます。
それは、不貞行為が法律(民法)に違反するためです。

それに対して、不貞行為ではなく、浮気未遂の場合は、法律に違反していない可能性があります。
法律に違反していない以上、悪い行為であるかは、個人の判断によって異なります。

そのため、浮気未遂が原因による離婚は、認められない傾向にあるのです。

しかし、協議離婚(お互いの合意の上でおこなう離婚)であれば、問題なく離婚できます。
協議離婚をするのであれば、パートナーと話し合いましょう。

このとき、浮気未遂の証拠を提示すると、より会話がスムーズになります。
証拠がないと、言い逃れされる可能性があるので、できるかぎり証拠を集めておくことがおすすめです。

浮気未遂で慰謝料の請求はできる?

浮気未遂で慰謝料の請求はできるのでしょうか?

以下では、浮気未遂をしたパートナーに慰謝料を請求できるのかを解説していきます。

浮気未遂は、不貞行為ではありません。
不貞行為を犯していないと、浮気を犯したことにはならない傾向あります。

その点を踏まえて、以下をお読みください。

精神的苦痛に対する慰謝料の請求について

精神的苦痛に対する慰謝料の請求は、さまざまな場面で用いられます。

そもそも、精神的苦痛とは、肉体ではなく精神に傷を受けることです。
精神的苦痛は目では確認しづらく、証明することが困難で、慰謝料が請求できないケースも多々あります。

しかし、精神的苦痛による慰謝料の請求の事例は、少なくありません。

たとえば、以下の状況のとき、精神的苦痛に対する慰謝料の請求がされています。

・浮気をされた場合
・パワハラ、モラハラをされた場合
・セクハラをされた場合
・ストーカー被害にあった場合

一般的には、上記のようなケースで、精神的苦痛による慰謝料の請求がおこなわれています。

精神的苦痛による慰謝料は、ケースによって異なります。
浮気の場合は、50万円~300万円程度が、精神的苦痛による慰謝料の相場です。
悪質なパワハラやモラハラの場合は、1,000万円を超える損害賠償の判決が出たこともありました。

このように、精神的苦痛による慰謝料は、ケースによって大きく異なりますが、高額になる傾向にあります。

ですが、先ほど述べたように、精神的苦痛を受けたからといって、確実に慰謝料を請求できるわけではありません。
精神的苦痛となった出来事の証拠や、精神的苦痛によって損失をうけた証拠(精神疾患の診断書など)が必要なのです。

これらの証拠が無いと、慰謝料が請求できる可能性は、低くなる傾向にあります。
そのため、精神的苦痛を受けた場合は、証拠集めが肝心となるでしょう。

浮気未遂に対する慰謝料の請求は可能?

浮気未遂の場合では、精神的苦痛に対する慰謝料の請求ができないケースがほとんどです。
しかし、浮気未遂でも、精神的苦痛に対する慰謝料を請求できた事例もあります。

たとえば、浮気未遂が原因で以下のことが起きれば、慰謝料を請求できる可能性があるでしょう。

・精神疾患のような症状があらわれた。
・婚姻関係を解消することになった。

このようなことが起きたとき、浮気未遂との因果関係を証明できればよいのです。

しかし、浮気未遂との因果関係を証明するのは、非常に困難だといわれています。
そのため、浮気未遂を犯したパートナーに、慰謝料を請求できる可能性はとても低いのです。

浮気未遂でどうしても慰謝料の請求をしたい場合は?

どうしても浮気未遂で慰謝料を請求したい場合もあるでしょう。
そのときは、パートナーを泳がせることが効果的です。

浮気による慰謝料は、不貞行為を犯していないと請求することが困難な傾向にあります。
そのため、不貞行為を犯させて、その証拠を入手することが、慰謝料請求に効果的なのです。

もし、浮気の証拠を入手するのなら、プロの探偵に依頼することをおすすめします。

浮気の証拠を入手するには、ラブホテルに入る場面を写真で撮るようなことをしなければいけません。
これをパートナー相手におこなうには、精神的負担が大きすぎます。

また、あなたが尾行していることを、パートナーばれてしまう可能性もあるでしょう。
あなたが尾行していることを知られたら、パートナーは警戒するようになります。

警戒しているときは、今以上に慎重に浮気行為をするでしょう。
もしかしたら、浮気をやめる可能性もあります。

関係の修復に期待している場合、パートナーが浮気をやめたら、それは喜ばしいことです。

しかし、あなたが慰謝料の請求を第一と考えているのなら、この事態を避けるようにしましょう。
パートナーが警戒したり、浮気をやめてしまったりしたら、不貞行為の証拠が手に入らなくなるからです。

その結果、パートナーに慰謝料を請求することが、困難になります。
あなたは、パートナーに浮気未遂をされて、精神的に苦しむだけです。

このように、パートナーを泳がして証拠を入手するのなら、絶対に知られないようにしなければいけません。

パートナーに知られずに不貞行為の証拠を入手するためにも、プロの探偵事務所に依頼することをおすすめします。

まとめ

浮気未遂を原因とした離婚は、非常に困難が予想されます。

浮気未遂は、不貞行為を犯していないので、法律には触れていません。
そのため、浮気未遂を理由として、一方的に離婚することは困難なのです。

また、慰謝料に関しても、同様のことがいえます。
法律に触れていない以上、パートナーが確実に悪いとは断言できません。
言い逃れできますし、別の解釈もできてしまいます。

その結果、浮気未遂に対して慰謝料を請求することは、非常に困難なのです。

このように、浮気未遂の時点では、相手と離婚することも、慰謝料を請求することも難しいとされています。

しかし、浮気未遂の時点でも、その証拠を入手することは重要です。
浮気未遂の証拠があれば、冷静に話し合うことができますし、相手に非を認めさせることもできます。

浮気未遂であっても、浮気の証拠は手に入れるようにしましょう。
もし、証拠の入手が難しい場合は、プロの探偵に依頼することをおすすめします。

プロの探偵なら、パートナーに知られずに、短期間で証拠を入手できます。
あなたがリスクを負う必要がないので、安心して任せられるでしょう。

ランニング探偵事務所

大阪・兵庫で浮気調査無料相談

ランニング探偵事務所では、「離婚や慰謝料請求のために確固たる証拠を掴みたい」「パートナーが浮気をしているかどうかだけ確かめたい」など、お客様ひとりひとりの目的に合わせた最適な浮気調査を提案いたします。

調査にあたるのは探偵としての経験豊富なスタッフのみ。調査機材も最高峰のものを取り揃えており、質の高い調査をお約束いたします。

電話相談・WEB相談ともに相談料は一切いただいておりませんので、ひとりで悩みを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

電話相談
WEB相談