浮気調査

浮気の証拠を車から探す方法と、法律の視点からみた見つけるべき証拠について解説!

「浮気されているかもしれない」と思っても、実際どうやって確かめればいいのかわからず悩んでいませんか?

そんなとき、浮気が本当かどうか確かめるために見たいところはたくさんありますが、そのひとつとしてパートナーの車を確認してみましょう。車の中には驚くほど証拠が詰まっています。

今回は、浮気の証拠を掴むためには車のどこを見れば良いかなど具体的にご紹介していきたいと思います。

 

車から、浮気の強力な証拠はみつかる?

車から強力な証拠をみつけることは難しい

男女関係なく浮気に車を使うことは珍しくありません。
特に男性の場合は証拠が残っていることが多いので、浮気の証拠をつかむなら車の中を調べるのは有効な手段と言えます。

しかし、車はもともと移動手段のひとつでしかありませんので、浮気相手と一緒に車に乗っていたからと言ってそれだけで浮気を証明することは出来ません。

使用済みの避妊具や音声の録音がとれた場合は強力な証拠となることもありますが、まずは補助的な証拠を見つけることを目指しましょう。

 

慰謝料請求や離婚を考えるなら、不貞行為の立証が重要

パートナーの浮気が確実なものとなり離婚を考えるなら、慰謝料の請求をするためにも不貞行為の立証は重要になってきます。

離婚裁判において不貞行為の証拠として認められるのは、基本的にラブホテルや浮気相手宅への出入りの写真や映像になります。車内での音声は証拠としては認められない場合がありますが、浮気した本人に反省を促すものとしては大いに役に立つでしょう。

車内で不貞行為に及んでいた証拠を得たい時は、車の周囲の環境をビデオやカメラで記録することが大切になります。ここで押さえておくべき点は、2人が乗っていた車が停車されていた場所が不貞行為に及ぶのに適しているかどうかです。適している環境とは、周りに人気がなく、薄暗くバレしにくい場所で、よく人気のない駐車場や山中の路肩が使われます。
また、証拠としてもうひとつ押さえておきたいのは滞在時間です。ラブホテルでの滞在時間は最低でも1時間半~2時間程度であり、これと同じくらい車が一カ所に滞在している記録があれば証拠として有利になるでしょう。

 

強力な証拠が必要な場合は、探偵に依頼するのが確実

車の中を調べてみて浮気の証拠はどんどん出てきても、肝心の不貞行為の証拠が手に入らなくてやきもきしている方もいるでしょう。
証拠となる写真や映像を手に入れたいところですが、ご自分で動くのは現実問題として難しく、尾行などは場合によってはプライバシーの侵害になりかねません。

そこで、頼って欲しいのが探偵です。探偵は職業として尾行などが認められており、また確実に証拠となる写真を撮影することが出来ます。
個人で集められる証拠には限度がありますし、実際どこまで証拠として認められるかはわかりません。1人ですべてをやろうとせず、まずはプロに相談してみましょう。

 

車からみつかる浮気の証拠!何を確認すればいい?

カーナビの履歴

カーナビは入力した場所の履歴が残りますので、パートナーの大まかな行動を把握することが出来ます。ラブホテルや人気のない駐車場、山中へ行った履歴が見つかることもありますので、1度は調べてみる価値があります。

 

避妊具(ピル・コンドーム)

見つけた場合、不貞行為の重要な証拠になります。
使用済みの避妊具の場合、後々DNA鑑定などで不貞行為の立証に役立つこともありますので、ジップロックで保存しておきましょう。

 

浮気相手の忘れ物

浮気相手がヘアゴムやハンカチ、イヤリングなどのアクセサリーを忘れていくことはあります。

 

不審なレシート

仕事にいっていたはずの日のレシートで、仕事に関係ない店であった場合は注意した方がいいです。レシートは店名だけでなく人数なども記載されていることがありますので、細かく見た方がいいでしょう。
また場合によってはラブホテルの領収書が見つかることがあります。これは重要な証拠になりますので、写真を撮るなどして情報を保存しておきましょう。

 

芳香剤

以前は車に芳香剤を置いていなかったのに急に置きだしたからといって、必ずしも浮気が疑われるというわけではありません。しかし性行為の際の臭いをごまかすために置きだすことはあるので、他の兆候と合わせて確認していきましょう。

 

助手席の位置

他の人を乗せることなど滅多にないのに助手席の位置が頻繁に変わるようなら、注意が必要です。特に毎回同じように動かされている場合は浮気の可能性があります。

 

口紅などが付いたティッシュ

ご自分のものでなく、最近他の人を乗せたという話も聞いていないなら、疑いの余地があります。

 

浮気の証拠を発見するために、車のどこを探す?

ダッシュボード

レシートなど、咄嗟にしまってそのままになっている場合がありますので、必ず確認しましょう。

 

サイドポケット

ここにレシートをしまう方もいますし、女性が落としたアクセサリーなどが入っていることがありますので、ぜひ確認してみてください。

 

座席シート

座席シートの下は何かと隠しやすい場所ですし落とし物も見つかるかもしれないので、少し大変ですが、確認する価値はあります。

 

ゴミ箱

隠滅したいものが入っている場所ですので、必ず確認した方が良いでしょう。
レシートなどだけでなく、使用済みの避妊具が見つかることもあります。

 

CDケース・音楽プレーヤー

普段パートナーが聞かないようなジャンルのものなどがあれば、浮気相手の好みのものの可能性があります。

 

バッグ

後部座席やトランクなどに置いてあるバッグの中には、浮気の証拠が詰まっていることがあります。時に大人のおもちゃなど、動かぬ証拠が見つかる場合もあるそうです。

 

灰皿

パートナーが普段吸っているものと違う銘柄のものが入っているか否かも浮気の判断基準になってきます。

 

車内で浮気の証拠を探す際の注意点

「証拠を探していた」とバレないようにする

まだ確固たる証拠を見つけられていない状況でパートナーに疑っていることがバレてしまうと、まず間違いなく証拠はすべて消されてしまいます。証拠を掴むまではなんとしてもバレないようにしましょう。

そのためには車の中を調べた後、必ず元の状態に戻しておく事が大切です。たとえゴミでも、違和感が生じる量を持ち出すことは控えましょう。
また、普段車に近づかない方が掃除のためなどと言っても、急に車の中を見たがったりすると怪しまれるので、その場合はパートナーが完全にいない時を狙いましょう。

 

法律に違反する証拠の探し方をしない

決定的な証拠が欲しいからと言って、車にGPSや盗聴器を仕掛けることはおすすめしません。車の名義がパートナーのみになっている場合、プライバシーの侵害になりこちらが不利になる可能性があります。
また、たとえ夫婦のものになっていても、もし浮気をしておらずバレてしまった場合、2人の信頼関係が崩れかねません。

GPSや盗聴器を使って証拠を掴みたい場合は、浮気調査の専門家である探偵にぜひご相談ください。

 

ランニング探偵事務所

大阪・兵庫で浮気調査無料相談

ランニング探偵事務所では、「離婚や慰謝料請求のために確固たる証拠を掴みたい」「パートナーが浮気をしているかどうかだけ確かめたい」など、お客様ひとりひとりの目的に合わせた最適な浮気調査を提案いたします。

調査にあたるのは探偵としての経験豊富なスタッフのみ。調査機材も最高峰のものを取り揃えており、質の高い調査をお約束いたします。

電話相談・WEB相談ともに相談料は一切いただいておりませんので、ひとりで悩みを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

電話相談
WEB相談

まとめ

車内で不貞行為に及ぼうと移動手段として利用していようと、車は使った時点で何かしらの証拠が残ります。

車内で見つけた証拠は、不貞行為の立証としては強力な証拠になることは少なくても補助的な証拠にはなります。また、そこから決定的な証拠にたどり着けることもありますので、諦めずに証拠となりそうなものを集めていきましょう。

そして浮気を調べる上で1番起きてはならないことは、パートナーに疑っているとバレることです。そのためにも車に限らず調べるときは一気に動いたり徹底的に証拠を集めようとせず、慎重に確実に証拠となるところだけ調べていきましょう。

やはり、一番確実な有力な証拠を集める方法は、探偵事務所に相談されることです。個人で動くと強力な証拠をみるけつことができなかったり、バレてしまったりするリスクがあります。

 

探偵による浮気調査については、以下の記事で詳しく書いています。よかったらご覧ください。

浮気調査にはいくらかかる?3つの料金プランと費用相場を解説

 

浮気の調査が楽しい場合はまずありません。

真実を知るために踏み込むのはとても勇気がいることでしょう。

その勇気のお手伝いがこの記事で出来れば幸いです。

長々と語って参りましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。