その他の調査

旦那の浮気は容認すべき?オープンマリッジのメリットとリスクを解説

「旦那の浮気が治らない。もう容認してみて見ぬふりをしようか…」

「旦那から、お互い不倫を容認し合わないかと誘われた」

あなたは旦那の不倫を容認してしまうか、迷っていませんか?

実際、「オープン婚」「オープンマリッジ」と称してお互い浮気を容認し合っている夫婦も存在します。

しかし、当然そのような考え方はかなりマイノリティー。

「浮気はご法度」というのが大多数の意見ですし、法的にも不貞は違法です。

この記事では、浮気を容認するメリットとリスク、そして旦那の不倫を容認しようかと思ったけど、やっぱり辞めたい場合やるべきことをお伝えいたします。

旦那の不倫を容認しようか迷っている方は、まずはこちらの記事を最後まで確認してから、今後どうするか決めませんか?

 

オープン婚(オープンマリッジ)という考え方

 

まず、オープン婚という考え方があるということについてお伝えしていきます。

オープン婚とは、「夫婦で、お互いに不倫を認め合うこと」です。

「オープン婚の話じゃなくて、ただ旦那の浮気を見逃そうか迷っている。」という方は、そちらについては後述していますので少々お待ちください。

まずは、「オープン婚もありだと思っている女性」について知っていきましょう。

ごく少数ですが、そのような夫婦は存在するのです。

 

オープン婚(オープンマリッジ)をする女性の特徴

 

「浮気を容認し合う」というオープン婚の考え方が存在します。

欧米でも、少数派ではありますが、そのような文化が存在しています。

その特徴としては、「女性が」以下のような場合であることが多いです。

 

  • ・経済力がある
  • ・美人
  • ・気持ちに余裕がある

 

収入面で男性に依存しておらず、気持ちに余裕のある女性が浮気を容認し合うことを望む傾向にあります。

逆に、収入面で男性に依存しており、気持ちに余裕のない状況で浮気を容認してしまうと、女性側が精神的にバランスをとれなくなっていく恐れがあります。

浮気をお互い容認しても、結局その状況を楽しめるのは旦那だけ…ということになる可能性も。

実際にそうなった場合をリアルにイメージして、あなたが辛い思いをしそうなら、オープン婚はしない方がいいでしょう。

向き・不向きがあるのです。

 

オープン婚を楽しむ女性たち。その理由とは?

 

オープン婚を楽しんでいる女性たちが存在します。その理由は、主に以下の3つのメリットにあります。

 

  • ・結婚をしても、恋愛を楽しむことができる
  • ・お互いに、身なりを整えるようになる
  • ・相手の浮気も気にならなくなる

 

オープン婚を楽しむ女性は、経済的に余裕がある場合が多いです。

仕事も行い、結婚をしていても恋愛も楽しめるというのは、大きな魅力になるでしょう。

恋愛も楽しめるということで、自然と身なりに気を付けるようになります。

それもあってか、オープン婚をしている女性は、美人という傾向にあります。

「パートナーがかっこよくなる」との声も。

お互いに恋愛を認め合っているので、相手の浮気に落ち込む必要もありません。

これらが、オープン婚をしている女性たちの言い分です。

確かに、これだけ聞くとメリットがたくさんあるようですが、あらゆるリスクを伴います。

浮気を容認するリスクについては、後述いたします。

 

オープン婚でなく、ただ旦那の浮気を容認する場合

 

お互いに浮気を認め合う「オープン婚」ではなく、旦那の浮気に気づいてしまったけど、そのまま容認しようか悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。

 

  • ・旦那への気持ちがなくなっていて、どうでもいい
  • ・子どももいるし、収入もない。もめたくないので黙認する
  • ・問い詰めても何も変わらない

 

上記のような状況で、浮気を容認してしまうか悩む方もいらっしゃいます。

こちらにも、実はリスクが存在します。以下に、オープン婚のリスクと一緒にご紹介いたします。

 

浮気を容認・オープン婚をした場合、想定されるリスクと注意点

 

浮気を容認する場合も、オープン婚をする場合も、どちらにもどうようのリスクが存在します。

 

  • ・浮気相手を旦那が妊娠させてしまう可能性がある
  • ・性感染症のリスク
  • ・周りに相談できなくなる
  • ・離婚の際、慰謝料の請求が困難
  • ・浮気相手に旦那をとられる可能性がある

 

それぞれ解説していきます。

 

妊娠してしまう・させてしまう可能性がある

 

旦那さんが浮気相手を妊娠させてしまう可能性があります。

オープン婚の場合には、あなたが妊娠してしまう可能性もありますね。

そうなると、問題は大きくなっていきます。

出産する場合は当然のこと、中絶する場合も女性にとって大変なことです。

中絶する場合は、女性の体に負担がかかりますし、恨みを買って、大きな負のエネルギーを向けられる可能性もあります。

高額な費用もかかります。

誰かが傷つくことは避けられませんので、このような事態は必ず避けなければなりません。

オープン婚の場合も、遺伝子の問題を持ち込まないというのは絶対条件です。

 

性感染症のリスク

 

お互いに恋愛を楽しんだり、旦那の浮気を放置したりしていると、性感染症のリスクは高まります。

オープン婚の場合、定期的に検査に行くなど、対策を考えることは必須でしょう。

重大な病気にかかってからでは遅いのです。

 

周りに相談できなくなる

 

オープン婚、旦那の浮気の容認は、どちらも少数派です。

そもそも、不倫にまつわることは友人などに相談すべきではないのですが、意見の違いから、より味方をつくりづらくなっていくでしょう。

 

浮気相手に旦那をとられる可能性がある

 

気づけば夫婦間の関係性は悪化し、浮気相手に旦那をとられてしまうという可能性もあります。

たとえ結婚しているとしても、その後はどうなってしまうかわかりません。

こちらも、大きなリスクの1つといえるでしょう。

 

やっぱり浮気の容認はやめようと思ったならやるべきこと

 

オープン婚のメリット、浮気の容認のリスクについてお伝えしてきました。

結局、どうしたいか選ぶのはあなた自身です。

ただ、前述の通り、浮気の容認にはリスクが伴います。

ここからは、浮気を辞めようと思ったならやるべきことをお伝えいたします。

 

あなたの考えをまとめる

 

まずは、冷静に自分の気持ちと向き合ってみましょう。あなたは、どんな選択がしたいでしょうか。

その選択のメリット、リスクを明確にして、考えてみましょう。

旦那と話し合いをする前に、あなたの考えをしっかりとまとめておきましょう。

話し合いながら考えると、旦那の思うように話を流される可能性があります。

 

浮気を辞めさせたいなら、まずは証拠を集める

 

浮気の容認を辞め、旦那の浮気を辞めさせたいのなら、まずは証拠を集めましょう。

ここで注意すべきなのは、いきなり感情的になって問い詰めるようなことは、絶対にしてはいけないということです。

白を切られてしまったり、今後浮気をより一層しっかりと隠そうとされてしまい、証拠を集めることが困難になってしまったりする可能性があります。

また、夫婦関係の悪化も考えられます。もしかしたら、旦那は浮気をしていなかったということも。

ですので、言い逃れできないようにして話し合いをするためにも、その後の離婚裁判を見据えたうえで話し合いをするためにも、証拠集めが重要です。

個人で証拠を集めるには限界があります。場合によっては法に触れてしまいますので、証拠集めは探偵に相談されるのがおすすめです。

初回は相談無料ですので、是非代表が女性のランニング探偵事務所に一度ご相談ください。

 

旦那と話し合い

証拠が集まり次第、旦那と話し合いをしましょう。

それまでに、あなたの気持ちは固めておくべきです。

反省してもらって、今後も関係を続けていくのか、これを理由に離婚したいのか。

この際、必ず冷静になって話し合いをするようにしてください。

探偵事務所にご相談いただいていた場合、話し合いの際の注意点なども話させていただきます。

 

まとめ

 

浮気を容認するという考え方や、そのメリット・リスクについてまとめました。

マイノリティーではありますが、オープン婚という考え方も存在します。

しかし、多くのリスクが存在することもおわかりいただけたと思います。

旦那の浮気を見て見ぬふりをして容認することも、リスクは伴います。

一度立ち止まって、今後どうしていきたいか考えてみてはいかがでしょうか。

浮気を繰り返す旦那の浮気を止めるためにできることは、こちらに記事に詳しく書いています。

よかったら、合わせてご覧ください。

浮気を繰り返す旦那。不倫を止めるためにできることまとめ