浮気調査

浮気・不倫相手は外国人!慰謝料を請求できるケースとその方法について

パートナーの浮気が発覚!
話し合いや慰謝料の請求をするつもりでいたら、なんと相手は外国人だった!
外国人相手でも慰謝料の請求はできるのか?
帰国されてしまったらどうすればいい?

そんな困ったケースでも、プロの目線で考えれば何か解決策はあるものです。
外国人相手だからといって泣き寝入りにならないよう、賢い対策を知っておきましょう。

この記事では、外国人への慰謝料請求についての対策をご紹介いたします。

 

パートナーの浮気相手が外国人の場合の慰謝料の請求は可能?

パートナーが浮気をしていた。
それだけでもショックな出来事ですが、相手が外国人とわかれば、なおさら動揺してしまいそうですね。
浮気の代償として浮気相手に慰謝料の請求を求める場合がありますが、外国人の場合はどうなるのでしょうか?
果たして、日本人同士と同じ感覚で通用するのでしょうか?

結論から言いますと、外国人相手であっても、慰謝料請求が可能なケースはあります。
しかし、確認しておくことや、対応へのスピード感が必要です。

日本とは違う文化の相手ですから、海外の慰謝料事情をふまえて解説していきます。

 

外国人への慰謝料請求事情

ここでまず、外国人への慰謝料請求課題となるポイントをあげてみます。

 

  • ・国内での浮気なのか?
  • ・相手はまだ国内にいるのか?
  • ・帰化しているか?
  • ・すでに国外だった場合、相手の国の浮気に対しての法律はどうなのか?

 

これらの状況によって、浮気の慰謝料を請求できるかどうかが変わってきます。
なぜなら、「日本の法律は日本国内でしか適用されない」という、大原則があるからなのです。

したがって、海外に相手がいる場合などは、その国の法に従って罰することになってきます。
では具体的なケースにわけて解決策を見ていきましょう。

 

浮気相手の外国人が国内にいる場合

慰謝料を請求するには、相手が国内にいるケースが、一番スムーズでしょう。
先ほど述べたように、日本国内に滞在しているのであれば、対象が外国人だとしても日本の法律があてはまるからです。

次に、帰化している場合も請求は可能です。
帰化は、「日本国籍を持っている」ということなので、たとえ海外にいったとしても日本の法律に従う義務があるのです。

国内にいる、もしくは帰化している相手であれば、ほぼ日本での慰謝料請求と同じだと考えてよいでしょう。

番外として、外国人が浮気相手だと調べていくうちに水商売、風俗業の外国人女性だった場合。
仕事でのサービスや行為は、ほとんどの場合は不貞とはみなされません。
慰謝料も請求できませんので、ご注意を。

 

浮気相手の街区人が国外にいる場合

国外での浮気や、浮気相手が海外にいるケースですと、残念ですが慰謝料請求は難しくなってきます。
そもそも日本の法律が通用しませんし、浮気を罰するというルール自体がない国もあります。文化が違えば浮気に対する認識の違いもおこり、なかなか難しいところです。
どうしても慰謝料の請求をしたいのであれば、弁護士を立てて、浮気相手の国で裁判を起こす流れになるでしょう。
これには多額の費用がかかりますし、相手国に浮気を罰する法律がないのであれば無効なやり方となってしまいます。
こうなると、もはや相手の国の法律次第となってしまいますね。
以上のことから、外国人相手の慰謝料請求は、相手が国内にいるうちに、一気に対処してしまうことが大切だと言えます。

 

【世界各国】浮気の慰謝料請求について

日本では、「浮気はわるいこと」「慰謝料をもらって当たり前」といった感覚が浸透しています。浮気による民事裁判を起こすこともよくある話です。
では、海外ではどうなのでしょうか?
参考のため、海外での浮気に対する慰謝料請求を調べてみました。

 

アメリカの場合

アメリカは裁判大国というイメージがありますが、意外なことに浮気相手への慰謝料請求は認められていません。
夫婦関係を大切にする国ですので、「浮気をした=その時点で夫婦関係は破綻していた」と、とらえられます。
浮気相手に慰謝料を請求してしまうと、「報復行為」と見なされるようです。

 

イギリスの場合

イギリスでは、浮気相手に対する慰謝料請求は廃止されています。
欧米諸国では一般的に、失った愛についての対価を支払いは認めないことが多い傾向です。

 

韓国の場合

韓国では、不倫は「姦通罪」として、重い罪とされていました。
しかし現代では廃止されています。
慰謝料請求自体は認められていますが、額としてとても低い設定なので、日本国内の慰謝料額とはかなりのひらきがあるようです。

 

タイの場合

タイでは、不倫という不貞行為をとりしまる法律自体がありません。
こちらも実際に慰謝料を請求することは難しいでしょう。

海外での慰謝料請求事案を知ると、基本的に夫婦ふたりの問題としてとらえているようです。

日本では配偶者であるという権利がかなり手厚く守られているように感じますね。

 

浮気相手の外国人の尾行は探偵でも難しい?

では、実際に外国人への慰謝料請求方法を考えてみましょう。
まず、相手の状況を知るために情報を集めたり、尾行をしたりという行為が必要となります。
自分で尾行をすればよいと思うかもしれませんが、尾行の中でも、外国人への尾行というのは非常にハードルが高いことを知っておいてください。
なぜなら、以下の理由があり、バレやすいという問題があるからです。

 

  • 海外は日本ほど治安が良くないので、普段から周囲に対する警戒心が強い。
  • 兵役の経験や現役の軍人であるケースも多い。その場合の危機察知能力は並はずれている。
  • スパイや工作員として日本に滞在していれば、そもそも秘密が多い。

 

日本に住んでいると平和慣れをしていますが、基本的に外国人は、周囲への警戒心や察知能力が日本人よりも高いと言えます。
しろうとはもちろん、探偵であっても、尾行や情報収集には手強い相手なのです。

海外で尾行することも、費用と状況によってはありえますが、その国に適した行動や情報が必要ですので、あまり現実的ではないでしょう。

 

外国人への浮気の慰謝料請求はスピードが命!

外国人への慰謝料請求は、日本国内にいることが大前提だとおわかりいただけたでしょうか。
実際には海外へ帰ってしまった場合でも、慰謝料の請求自体は可能です。
しかし、日本を離れると、帰化以外は支払う義務が発生しないので、事実上支払わせることは不可能だといえるでしょう。

 

日本国内の法律で裁くためには、浮気相手の外国人が国外に行く前に証拠を確保することが大切です。
いったん海外に逃げられてしまうと、慰謝料請求は非常に難しくなり、事実上泣き寝入りとなってしまうことも。
そのため、怪しいと感じたらすぐに探偵に依頼し、早いスピードで調査を進めていくことが重要だと言えます。

 

まとめ

外国人への慰謝料請求は、状況とスピード次第で可能ということがわかりました。

日本の法律とは感覚が違う国の方が多いため、とにかく日本国内で裁判を起こすことが大切です。
そのための準備にも、やはりスピードが必要でしょう。
相手に察知され、逃げられてしまってからでは、打つ手がありません。
ここは是非、プロの探偵に依頼をして、時間をかけずに処理することをおすすめいたします。

 

海外で探偵が浮気調査できるかについては、こちらの記事で詳しく書いています。よかったら合わせてご覧ください。

日本の探偵は海外での浮気調査はできる?その料金は?

 

ランニング探偵事務所では、ひとつひとつ丁寧なご説明を心がけて、最善な解決案をご提案いたします。
無理な契約を強要することも、一切ございません。
悩んでいる間に無駄な時間が過ぎてしまわないよう、まずは無料相談からでもお気軽にご相談ください。
あなたの不安や悩みを一緒に解決いたします。