その他の調査

相手が分かるからこそ言い出せない、、、隣人トラブルは探偵へ相談を!

新しく居を構えた際に気になるのは、やっぱり近隣トラブルではないでしょうか?
少し言いたいことがあるけれども、物申すとギクシャクしてしまう気がする…、「文句を言うよりは我慢したほうが良いかも」なんて思っている方もいるかもしれません。

そんな慎重になりがちな近隣トラブルは、ぜひとも探偵へお任せ下さい。
近隣トラブルの代表例をチェックして当てはまる内容と、探偵に相談するメリットを把握しましょう。

 

近隣トラブルについて

近隣トラブルとは、近隣住民同士で起きてしまうトラブルのことを意味します。
しかし、トラブルといってもその内容は様々で、起きてしまうきっかけも多種多様です。
一体どうして近隣トラブルが起きてしまうのでしょうか?

近隣トラブルが起こるきっかけ

日常生活を送る上で、目覚ましの音であったり、トイレを流す音であったり我々はどうしても音を出してしまいます。しかしその音は、生活リズムの違う人であればどうしても気になる音になってしまいます。

いつから起きて、何時に活動を開始するのか、どのタイミングで寝始めるのかなど、人はそれぞれの生活を送っています。価値観の相違から起きてしまう問題ではあるものの、十人十色というようにすべての人が同じ考えをしている訳ではありません。どうしてもすれ違いから起こるトラブルは生じてしまうものです。

近隣トラブルの具体例

騒音トラブル

アパートのような集合住宅で良く近隣トラブルになりがちなのが、生活音などの騒音トラブルです。
掃除機を掛ける音や目覚まし時計を周辺住民の生活リズムと外れた時間に掛けてしまうと、騒音が原因で近隣トラブルの原因となります。
特に集合住宅では、走り回る音や携帯電話のバイブレーションですら周辺の人に不快に思われてしまう場合があります。

ゴミの分別

別の地域から引っ越してきた人にありがちなのが、その地域のごみ分別方法を知らずに出してしまうケースです。ただこれは少し声がけをしてあげたりすることで、直してくれる人も居るでしょう。

しかし「時間を守らない」「しっかり口を結ばない」などの行為をする人は、そもそも他人を軽んじるタイプに多いかもしれません。
さらに、好意でゴミを回収・分別すると、今度はプライバシーの侵害で新たなトラブルが起きてしまう可能性も考えられます。

駐車場マナーの相違

駐車スペースを巡ってトラブルに発展してしまったり、そもそもの駆動音がうるさいと近隣トラブルになることに繋がります。

他のパターンにも見受けられますが、「音のうるささ」とは個人の受け取り方によって幅が変わってしまいます。今まで住んでいた所では特に問題にならなかったとしても、周辺住民の受け取り方次第なのです。

ペット

最近ではペット同伴可の集合住宅も増えてきています。可愛らしいペットの鳴き声は見ている分には可愛らしいものですが、壁を隔てて吠え声のみが聞こえる人にとってそれはただのノイズになってしまいます。

他にも猫であれば勝手に庭に入られて粗相をされたり、犬であれば散歩中の処理を怠ったりなど、しつけや価値観の違いで近隣トラブルへ発展するケースも多いといわれています。

ゴミ屋敷

ゴミの定義は人によってそれぞれですが、どう考えても不要なモノが敷地内に溢れかえっていると、不快なモノとして近隣トラブルへ繋がります。
「自分の敷地内なのだから何をしてもよい」という認識をしている方も多いのですが、実際にはゴミから発生する悪臭や虫など、近隣へ多大な迷惑を掛ける事に繋がります。

さらに家の外観のデザインも問題に上がりやすいのをご存知でしょうか?
漫画家の楳図かずおさんが建てられた赤白ボーダー柄の家が、近隣住民から景観を損なうとして訴えられるほどです。奇をてらったデザインの家が問題になるのであれば、より迷惑なゴミ屋敷はもっと問題になると容易に想像できるでしょう。

何度も言うように価値観は人それぞれではありますが、ある程度理解を得られる範疇で行動しなければ、矢面に立ってしまうのです。

 

近隣トラブルを招かないために

一度近隣トラブルを招いてしまうと、どうしても居心地が悪くなってしまいます。
そんなことにならないよう未然に近隣トラブルを防ぐ体制を取ることが重要です。どういったことで近隣トラブルを回避出来るのか、そのコツをご紹介します。

あいさつ

あいさつは非常に重要です。新居に引っ越した時にあいさつ回りは勿論のこと、建築する前に「(建築の)騒音でご迷惑をおかけします」と菓子折り1つでも持って事前にあいさつ回りを行うことで、今後の関係性をより良いものへと構築することが出来ます。

何よりも日頃からあいさつをして顔見知りになることで、自然と近隣トラブルの防止に繋げることができます。近隣トラブルは相手への不信感から生まれることが多いのです、事前にあいさつをして好感触を掴むことで、近隣トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

客観的に考える

日頃の生活音が聞こえてくるということは、自分の音も相手に聞こえているということです。
お互い様であることを認識した上で、相手のことを思いやる気持ちが重要です。
「騒音にムカついたからやり返した」などと言う人もたまに存在するので、もしかしたら貴方の生活音が事の始まりになった可能性もあります。

相手の立場になって考えることで、近隣トラブルの発生は目に見えてと減るでしょう。

話し合い

最初は柔和な物腰だったにも関わらず、次第に要求がエスカレートし、些細なことで文句をつけられてしまうこともあります。
余りにも卑屈な対応をしてしまうと相手がつけあがり、何でも要求してくるようになってしまいます。問題が悪化してしまう前に一定の配慮を相手にも求める必要があるでしょう。

自分で物申せない性格の人であれば尚更難しい問題ではあるものの、これもある種の近隣トラブルです。事態が悪化すると次第に直接的な嫌がらせへと繋がってしまいます。
そんな時には探偵へ依頼してみてはいかがでしょうか?

 

近隣トラブルを探偵に依頼するメリット

近隣トラブルは非常にナイーブな問題で、警察も容易に介入することができません。
まずは「嫌がらせをされている証拠」を掴む必要があります、しかし素人が証拠集めをするのは至難の業、だからこそ証拠集めのプロである探偵へ依頼することが重要です。

探偵はどのように解決してくれる?

まずはどういった被害を受けているのか把握する必要があります。
「ドアに泥が塗られている、受け取りポストにゴミが入れられている」のように、何らかの物的な嫌がらせを受けている場合は、それを行っているシーンを撮影、録画してもらい証拠として警察へ届け出ることができます。

加害者の嫌がらせを直接妨害するのではなく、証拠を抑えてもらい公的機関へ相談する、これが探偵の解決方法です。

しかし、近隣トラブルでありがちの騒音問題は「受忍限度」という法律があり「法律的に人間が耐えられる音の大きさや頻度を超えているかどうか?」という見極めを行わなければなりません。この判断は非常に難しいもので、探偵事務所だけではどうもすることが出来ないケースも多いのです。

こういったときには、近隣住民や管理会社、大家と相談をする必要があるでしょう。

近隣トラブルは探偵に依頼し早めに解決しよう

「ドアに泥が塗られている、受け取りポストにゴミが入れられている」という相談を警察にしても、警察はそう簡単に動いてはくれません。
あくまで自転車が壊されたり、窓ガラスを割られたりというような、物的損害の証拠が出てきて初めて動いてくれるのです。

しかし、ここまでエスカレートした状態になるまで耐えるのはなかなか難しいものですし、危険性も伴います。だからこそ探偵事務所へ早い段階で相談し、問題を早期に解決させましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
そこに居を構えているからこそ気軽に口に出せず、近隣トラブルは非常にナイーブな問題になってしまいます。
常に相手の立場に立って客観的に振り返る、その上で言いたいことは柔和な態度で物申す、このような行動が近隣トラブルの抑制へ繋がるでしょう。

行動に移せれば一番良いのですが、性分的になかなか行動に移せない方は、我慢し続けるとストレスや心の病気の原因にもなりますので、お気軽にランニング探偵事務所にご相談ください。