浮気調査

不倫・浮気の証拠を集める方法と活用方法を徹底解説!


配偶者がもしかして浮気している?と気になったとき、証拠がないままに相手を問い詰めても、相手に浮気を認めさせることはまずできません。

大切なのは確実な証拠です。

では、どのようなものを「確実な証拠」と呼ぶのでしょうか?配偶者が浮気をしている場合にどのような証拠を掴むべきかは、浮気発覚後にどのような対処を取りたいのかという最終的な目的によって異なります。

ここでは目的別に押さえるべき浮気・不倫の証拠とその集め方を解説します。

 

目的によって必要な浮気・不倫の証拠は異なる

 

先述のとおり配偶者が浮気をしている場合、最終的な目的によって必要な証拠は異なります。

では一体、目的とはどんなものがあるのでしょうか?離婚裁判をおこなうことで慰謝料を請求したいのか、離婚するつもりはなく証拠を出すことによって相手に改心してもらいたいのかなど、浮気発覚後の対処は人それぞれです。

この記事では、目的に合った有効な証拠やその集め方について解説します。

 

離婚や慰謝料請求など法的な処置を取りたい場合

 

配偶者が不倫をしており、裁判によって離婚や慰謝料請求を勝ちとりたい場合は、不貞行為(=肉体関係)が複数回に渡ってあったことを証明する必要があります。

確実な証拠があれば離婚する場合に慰謝料を請求することができますし、裁判になった際に夫婦関係を破綻させる「離婚事由」として離婚や慰謝料の請求が認められやすくなります。

それでは、不貞行為とは具体的には何なのでしょう。

浮気は一般的に使われる言葉ですが、不貞行為は法律上大きな意味を持つ言葉です。法的処置をとろうと考えている方は、浮気と不貞行為の違いを知っておくと良いでしょう。

例えば浮気は、配偶者や恋人が他の異性を好きになることや、そのように疑われるような行為をすることにも当てはまります。

その中でも不貞行為はもっと狭い意味で使われ、民法で定められた「結婚を継続しがたい重大な事由」に当たります。

つまり、不貞行為とは「配偶者が特定の異性と複数回にわたり肉体関係を持つ」ことを言います。

ですので、風俗店の利用や、一度のみの肉体関係は、不貞行為には当たらず、裁判による離婚の対象にはならないのです。

 

配偶者に浮気・不倫の事実を認めさせたい場合

 

離婚や慰謝料請求などの法的処置を取るのではなく、単に「相手を改心させたい」「再発を防止したい」といった理由から、配偶者との関係再構築を目的としている方もいることでしょう。

その場合は肉体関係を証明できなくても、夫婦間で「浮気をしていた」という事実を突きつけることが大切です。

証拠を相手に見せることで反省を促し、相手と別れさせることなどが可能になります。また、離婚をしない場合でも証拠がある場合は慰謝料を請求することができます。

離婚や慰謝料請求をする・しないに関わらず、確実な浮気の証拠がないままに配偶者の浮気を問い詰めるだけでは、相手は言い逃れをするでしょう。

そのため、浮気の確実な証拠を押さえておくことは大きなメリットとなります。

 

離婚裁判や慰謝料請求に使える浮気の証拠

 

では、慰謝料請求に使える浮気の証拠とはどのようなものか、具体的に見ていきましょう。

 

ラブホテルに出入りする際の写真や動画

 

配偶者が他の異性とラブホテルに出入りしている写真や動画は、裁判でも立派に通用する不貞を立証するための証拠となります。

注意点としては、このような証拠能力が高い証拠も、二回以上の肉体関係を持ったということが立証できるものでなければ、効果を発揮しないケースも少なくないということです。

できれば別日など、複数回ラブホテルに出入りする証拠を押さえましょう。

また、ラブホテルの出入りに関わらず、自宅や旅行先のホテル、旅館の入ったところと出たところの両方が分かる写真や動画が撮影日時が記録されている状態であれば証拠として認められやすいです。

 

日常的に肉体関係があることが分かるメールやSNSのやり取り

 

写真以外であれば、メールやSNS、メッセンジャーなどでのやり取りも有効な証拠です。

浮気相手と肉体関係をもっていることが分かるやり取りや、2人で宿泊をした・その約束をしていることが分かるやり取りをみつけたら、スクリーンショットなどで保存しておくとよいでしょう。

 

ラブホテルなどの領収書

 

ラブホテルなどの領収書は、肉体関係を持ったことが想像できるものです。

ただし、誰と行ったかまで特定できる証拠ではありませんので、配偶者にしか慰謝料を請求できません。

また、ラブホテルではなく、シティホテルのダブルルームなどの領収書の場合、肉体関係があったと言い切れないため証拠としては弱くなります。

 

配偶者の不貞行為を認める発言の録音・書面

 

配偶者が、不貞行為をはたらいていたことを認める発言や書面があると離婚裁判や慰謝料請求に有効な証拠とされます。

その際は、ただ単に反省しているという内容のものではなく、「いつどこで誰が何をした」というように、5W1Hがはっきりとしている録音や書面である必要があります。

 

法的な効力は無いが、浮気・不倫を認めさせるには十分な証拠

 

次に、配偶者との関係再構築を目的とした場合に有効な浮気の証拠を確認していきましょう。

しかし以下で紹介する証拠は、慰謝料請求する場合には効力が弱いものとされます。

 

配偶者と異性が一緒にいたことを示す浮気の証拠

 

例えば配偶者と異性が定期的にメールなどのメッセージや電話で連絡をとっていた場合や、二人で写った写真が有った場合などでも、その内容によっては浮気の証拠にならないことがあります。

それが、単に一緒に食事をしただけ、日帰りで帰って来られるようなところに行っただけなどの内容であれば、不貞行為にはならないからです。

不貞行為とはあくまで複数回の肉体関係を持つことをいうので、これらの証拠では、ただの親しい異性の友人としての証明にしかなりません。

 

手をつないでいたり、キスをしている動画や写真

 

このような場面を写した動画や写真は、配偶者の浮気を確信するのに十分な証拠と言えるでしょう。

しかし、手をつないだり、キスをする程度では、法律上肉体関係と認められないため、不貞行為の確かな証拠とは認められません。

また、配偶者が外出時に嘘をついて外出先で異性と会っている場面を目撃したり、写真や動画に納めたとしても、これもまた不貞の証拠になることはありません。

ただし、「気持ちの上での浮気」を認めさせることはできるので、夫婦関係を修復するため、相手をけん制し、特定の異性とそれ以上の関係にならないように釘をさすのには十分活用できるでしょう。

 

浮気の証拠を探す方法

 

浮気の証拠を探すためには、自分で集める方法と探偵に調査依頼する方法があります。

 

自分で証拠を集める方法

 

自分で証拠を集める場合、肉体関係があったと推測できる内容のメールやSNSの履歴を撮影しておく方法や、保存してある写真などを入手するという方法があります。

また、捨てられた領収書があれば保管しておくとよいでしょう。

なお、自分で証拠を集める際には、できるだけ多く有効な証拠を集めること、継続的に集めることなど、いくつかのポイントがあります。

証拠は、多ければ多いほど証拠能力が高いと判断されます。

ですが、いくらたくさん集めても有効な証拠でなければ、慰謝料を請求するための裁判では認められません。

また、先にお伝えした通り、風俗店の利用や一度のみの肉体関係は不貞行為には当たらないとされているため、複数回の肉体関係があったことを証明するためには継続して証拠を集めなければならないということです。

 

探偵に浮気調査の依頼をする

 

探偵に浮気調査の依頼をした場合、尾行や張り込みなどを行って証拠を集めていきます。

何より、調査していることが相手に気付かれにくく、有効な証拠を集めることができるのが最大のメリットです。

「探偵に依頼すると費用が…」と悩む方も多いかと思いますが、2人体制での調査の場合、1時間で1.5~2万円程度が相場となっています。

相手の行動パターンから、浮気するであろう日時を絞り込むことで調査の時間を短縮することができれば、費用を抑えることもできるでしょう。

 

ランニング探偵事務所

大阪・兵庫で浮気調査無料相談

ランニング探偵事務所では、「離婚や慰謝料請求のために確固たる証拠を掴みたい」「パートナーが浮気をしているかどうかだけ確かめたい」など、お客様ひとりひとりの目的に合わせた最適な浮気調査を提案いたします。

調査にあたるのは探偵としての経験豊富なスタッフのみ。調査機材も最高峰のものを取り揃えており、質の高い調査をお約束いたします。

電話相談・WEB相談ともに相談料は一切いただいておりませんので、ひとりで悩みを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

電話相談
WEB相談

浮気の証拠探しがバレないようにするために

 

浮気の証拠を探す際に相手にばれないようにするためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

ここでは証拠探しをするときに相手にバレないよう注意すべき点について解説していきます。

 

浮気の証拠がない状態で問い詰めない・感情的にならない

 

証拠探しをしていくうちにだんだんと配偶者の浮気の実態が明らかになってくるでしょう。

しかし、確実で証拠能力が高い証拠を手に入れるまでは、感情的になったり相手を問い詰めたりしてはいけません。

確実な証拠がないと絶対に相手は浮気を認めることはありませんし、反省どころか自分を正当化して逆上する可能性もあります。

それ以外にも、自分の浮気に勘づかれていることに気づいた配偶者は、浮気の確証をつかまれないように警戒心を強めるため、証拠探しが難しくなってしまいます。

 

自分で浮気の証拠を探す場合の注意点

 

自分で証拠探しをする際には、配偶者の携帯電話の発着信履歴やメールの内容をコピーする、夫の行動を日記などに記す、捨てられた領収書やレシートの中からホテルのものや二人で行動した証拠になるものを集める、といった範囲にとどめておきましょう。

尾行や張り込みは、相手に顔や体形を知られているので、どのように変装してもバレるリスクが高いので、止めておきましょう。

また、証拠集めにのめり込み過ぎるのも危険です。本来の目的である離婚か、夫婦関係の修復かといったものを見失いがちになるからです。

何のために証拠を集めているのかを忘れないようにしましょう。

 

一人で浮気の証拠探しはしない方がよい?

 

探偵など証拠集めのプロに頼むと費用がかさむため、自力で証拠集めをしようと思う人もいると思います。

証拠となるのはメールやSNSでのやり取り、配偶者と浮気相手が二人で写った写真などが浮気の証拠になります。

しかし、大切なのはメッセージのやり取りや、写真に写っている内容です。

素人ではこの内容が確実な証拠になるかどうかの判断が困難です。

また、二人のデートの日時が分かったとして、尾行をしようと思い立っても、うまく後をつけられるとは限りません。

なぜなら、顔を知られている相手に気づかれないよう尾行するのはとても難しいからです。

また、尾行の方法にもきちんとしたやり方というものがあります。

探偵は、顔を知られていない複数人で連絡を取り合いながら後を付けるので、バレることはまずありません。

さらに、どの様な物が強い浮気の証拠となるかという判断も、探偵ならばしっかりと把握しているので、曖昧な証拠で相手に言い逃れをさせることはしません。

その証拠の取り方もプロなりの方法があります。

自力で証拠集めをしても、配偶者の浮気の決定的な証拠となる物を押さえることは難しく、判別も困難です。証拠集めや、尾行などは探偵に依頼したほうが確実な証拠を押さえることができます。

 

まとめ

 

ここまで、浮気の証拠の集め方について説明してきました。

裁判で不貞の証明能力がある証拠とは、配偶者が他の異性と複数回にわたって肉体関係を持ったと証明できるもののことです。

このような証拠は素人では集めることが難しいので、ぜひ私たち探偵にご相談ください。

その前に浮気の可能性がないか日常生活の細かな点をチェックしておくとよりスムーズです。