その他の調査

ストーカーを証明する証拠の集め方と証拠能力の有無について解説

ストーカーとは、特定の人物につきまとう行為をする人のことです。

ストーカーになりやすい人物の約半数は恋愛関係に合った元恋人で、そのせいで「通報まですることか?」と同情してしまう事も多いのですが、そのせいで大惨事を招くケースも多く存在します。

言いしれぬ恐怖を心に秘めながら、正常な日常を送るのは難しいものですよね。

まずは周囲に味方を作ることが重要です。

客観的な視点から、自身がストーカー被害に遭っているのか、職場の人や家族と相談して認識を合わせましょう。

この記事では、ストーカー被害において必須とも言える証拠がどういうものか紹介した上で、警察へ相談する際に有用なテクニック、実際に相談した場合どうなるのか想定出来るケースをご紹介します。

 

1.ストーカー被害で警察を動かすためには証拠が必要

 

まずは、ストーカー被害で警察が動く案件というのがどういったものなのかを把握しておきましょう。

分かりやすく言えば、「脅迫」や「住居侵入」「傷害・暴行」というような証拠として残りやすい犯罪が行われた場合です。

つまり警察を動かすためには、「これらの行為を行なう悪質なストーカーである」と証明するための証拠が必要不可欠ということです。

また証拠だけあれば良いという訳ではなく、相談する場所も大事です。

近場の交番へ相談しに行く方もいらっしゃいますが、まともな対応はあまり期待できません。

ストーカーに関して警視庁より相談窓口が設けられているので、そちらを通じて必ず専門の方に相談するようにしましょう。

また、その際に警察ではどのような被害に遭われているのかといった情報を正確に把握するため、様々な事を聞き出します。

ストーカー相手の目星はついているのか、相手の氏名や住所、勤務先などについて聞いた後で、相手との関係性、いつ頃からストーカーが始まったのかなど、詳細な聞き取りが行われるのです。

相談窓口へ行く前に、まずは自身が把握している情報をしっかりとメモしておくことで、警察は被害の真剣さを把握して動いてくれるでしょう。

以下の記事では、ストーカー被害に遭った場合の警察への問い合わせ方法について詳しく解説しています。

何から始めればいいのか分からない、もしくは証拠が十分に集まっているという場合は、こちらの記事もご参照ください。

「警察によるストーカー対策の内容と、動いてくれない時の対処法」

 

1-1.ストーカーの正体が分からない場合の対処法

 

ただでさえ誰かにストーカーされているだけでも恐怖心を煽られるのに、その正体がわからないとなれば、より一層恐怖を覚えます。

正体がわからない状況下では、警察も対応のしようがありません。

検挙率を見てみれば分かる通り、悪質なストーカーや確固たる証拠がなければ、警察は中々動いてくれないのです。

ですが、正体のわからないストーカーの場合は泣き寝入りするしか無いわけではありません。

ストーカーの正体が不明で中々警察に相談に行けない…と悩まれている方は、まず当探偵事務所へお越しください。

探偵のような第三者の調査機関に依頼することで、ストーカーの特定に尽力してくれるだけでなく、証拠集めの協力もしてくれるのです。

調査のプロが入手した情報は、その後警察へ相談する際にも役立つことは間違いなしでしょう。

不安を抱えながら生活することは精神を病んでしまう原因にもなります、平和な日常を迅速に取り戻すためにも、調査のプロにお任せください。

なお本記事では、探偵事務所がストーカー被害に対応できる範囲についても解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

 

2.ストーカー被害として認定されるにはどのような証拠が必要?

 

説明した通り、ストーカー被害において、「証拠」は必要不可欠な存在です。

「誰かに付きまとわれている」という証言だけでは、被害を立証するのはなかなか難しいもの。

実際に被害に遭っている証拠が無ければ、第三者からは被害者の一方的な主張しか見えません。

警察との話し合いをスムーズに進めるためにも、どういった証拠が必要なのか見ていきましょう。

 

2-1.「客観的で詳細な情報」を複数用意することが大切

 

証拠能力の有無は、「客観的な視点から被害に遭っていることがわかるかどうか」に終始します。

つまり、誰から見てもストーカー被害に遭っているという証拠が複数あれば、被害の訴えは確実に受理されます。

しかし、これは言い換えてしまえば、客観的に判断出来ないものは証拠として採用されないということ。

証拠が不十分なまま警察に相談しても、警察は動くことが出来ないのです。客観的な視点から証拠として認められるよう、確実な情報集めを心掛けましょう。

 

2-2.証拠能力のある証拠一覧

 

ここではストーカー被害を警察に訴える際に有効な証拠を挙げていきます。

 

・ストーカー加害者からの手紙や郵送物など

ストーカー行為がわかる証拠として、物理的な郵送物などは有効です。

証拠としてはそのまま保管することが望ましいですが、腐敗するようなもので保管が難しければ、写真を撮って保管しておきましょう。

その場合、送られてきた証拠として宅配分であれば送り状、郵便であれば封筒などは出来るだけ保管しておきましょう。

 

・ストーカー加害者からの電話の内容、メールやインターネット上の書き込みなど

2017年以前はLINEなどのメッセージはストーカー被害の対象として認められていませんでしたが、現在は法改正が行われて被害が認められるようになりました。

TwitterやFacebookなどの書き込みも対象になりますので、画面コピーなどを保存しておいてください。(放置していると加害者側が消す可能性もあります)

 

・ストーカー加害者からの暴言や脅迫を録音したもの

無理に交際を迫ったり、嫌がらせや脅迫をしてきたりする内容が録音されていれば、証拠になりますし、声紋鑑定などで犯人の特定ができる場合もあります。

留守番電話などに残されていた場合、録音音声はSDカードなどに移し保存しておきましょう。

 

・ストーカー加害者の名前や住所、勤務先の情報など

容疑者が分かっていれば警察も警告などの予防措置が取りやすくなりますし、凶悪性が高いと判断されれば逮捕などにもつながりやすくなります。

 

・届け出までの経緯

警察に届ける以前にストーカー加害者が行った行為の記録が日時と合わせて残っていると有効です。

相手の行為だけでなく自分自身が拒絶、拒否をしてそれ以降もストーカー行為が繰り返されたことが分かればより立証しやすくなります。

 

・ストーカー行為の写真や動画

行われた行為や加害者の顔や身体の特徴などが分かれば非常に有効です。

 

・ストーカー行為によるケガや損失の写真など

ケガであればその部位の写真や診断書、通院した際の記録も取っておきましょう。

また、加害者によって破損された物品などがあればできるだけ被害状況がわかる状態を写真に残し、修理などにかかった費用も領収書などを保管しておきましょう。

 

・警察に相談した実績

危ない、まずいと思ったら早めに警察に連絡し、その記録も保管しておきましょう。

相談実績は非常に有効な証拠になります。

 

・目撃者による証言

客観的な証言があれば、ストーカー行為があったことが明確化しやすくなります。

 

3.ストーカー被害の証拠の効率的な集め方

この項目では、ストーカー被害を立証するための証拠の集め方を具体的に解説します。

併せて集める際のタイミングや注意点なども補足しますので、実際の行動にうつす前に一度目を通しておくことをおすすめします。

 

3-1.証拠を集めるために必要な道具

 

・ノート

ノートは被害の内容や日時を記録するために非常に重要です。

写真や手紙などを貼っていくこともあるので、薄目のリングノートなどが良いでしょう。

記録する時は起こった事実を日時などを含めて明確に書くことに注意しましょう。

怒りや恐怖感などを感じることが多いと思いますが、感情的な記述と事実は分けることを意識しましょう。

 

・カメラ

ストーカー加害者が自宅に来るようなケースであれば、玄関などに録画ができる防犯カメラを取り付けて置くことも有効です。

また近年はスマホを監視カメラとして使用できるアプリもあります。

クラウド上に保存できる機能があるだけでなく、不審な音や映像などをプッシュ通知で知らせてくれるものもあり、外出時にストーカーが現れた時の記録や、屋内にいる時の危険回避に役立ちます。

 

・録音機器

スマホに録音機能があると思うかもしれませんが、とっさに起動できるか、他の通話などに邪魔されないか、という点を考えれば、録音機器はスマホと分けて持つことをお勧めします。

通販などで数千円程度あれば購入できます。極端に安いものは信頼性が低いので避けましょう。

選ぶ条件としては小型であること、とっさの時でも操作しやすいものであること、録音時間がある程度長いものであることなどで考えましょう。

電池切れなども考慮して2台持っておくと便利です。

証拠としては早い段階で自分の声と相手の声が入る状態で、拒否を明確に告げる内容があることが望ましいです。

拒否しているのに無理な接触をしてくるという証拠になるからです。

しかし、危険が伴うようなら音源を得るために無理に会話をする必要はありません。

身の安全を第一に考えましょう。

 

3-2.証拠を集めるタイミングと注意点

 

証拠集めをする場合に最も重要なのは安全の確保です。

ストーカー加害者が帰ったことを確認してから行うようにしましょう。

夜間であればストーカー加害者が物陰に潜んでいる場合もありますから、日中明るいときに行いましょう。

また、郵便物や遺留品は危険かもしれませんし、指紋や体液が証拠や犯人特定の手掛かりになりますから素手で触らないようにしてください。

加害者が物品を置いて行った場合、加害者にものを壊された場合は手に触れる前に写真を撮るようにしましょう。

また、送ってきたものであれば開封する前に写真を撮りましょう。

 

4.探偵がストーカー被害で対応できる範囲

 

この項目では、探偵がストーカー被害にどのように対応できるかを解説しましょう。

 

4-1.探偵が集められる証拠の種類

 

ストーカー被害に対して探偵ができることはたくさんありますが、ストーカー行為の動画や音声をとることは探偵が得意とする仕事です。

探偵ならプロとして相手に気づかれずに撮影や録音をすることができます。

タイミングもありますが、加害者が暴言を吐いたり脅したりするような言動をすれば、かなり強力な証拠になるでしょう。

被害者本人が録音や録画をすることもできるかもしれませんが、もし加害者に気づかれた場合、逆上して暴力をふるうようなケースもあり得ますから注意が必要です。

さらに、ストーカーが家の中に盗聴器を仕掛けているようであれば、それを発見するのも探偵に向いた仕事です。

盗聴器を発見するための機器は市販されていますが、機能的に十分なものは非常に高額になります。

日々盗聴器の発見を業務としている探偵なら、ハイスペックの機器を持っていますから安心して任せることができます。

 

4-2.証拠集め以外で探偵が可能な調査

 

加害者が誰なのかわからない場合に、その人物を特定することも探偵ならではの仕事です。

それまでに行われたストーカー行為の情報から、知人の中から心当たりのある人物と照合する、加害者が物理的に表れるようなら張り込み、尾行などで身元を特定する、などができる場合もあります。

これらの行動は被害者本人が行えば危険が伴いますが、第三者でストーカーにとって知らない人であること、尾行などのノウハウがあることなどから探偵に特に向いている分野です。

 

5.まとめ

 

今回、ストーカー被害の証拠を集める方法を説明してきましたが、一個人が情報を集めるのには限界があります。

実際に対応をしてくれるのは警察ですが、証拠がなければ法的な機関は動くことが出来ません。

そんな証拠集めのコツを持っている探偵へ依頼することで、安全かつ迅速に証拠集めをしてくれるのです。

ストーカー行為がエスカレートしてしまい、事件が起きてしまう事も少なくありません。

そのため、短い期間で確実な対応が出来るようプロに任せることをおすすめします。