盗聴・盗撮の調査

盗聴器されてる…?盗聴器が仕掛けられやすい場所と発見方法

なぜかプライベートな情報を第三者に知られていた。そんなご経験はありませんか?もしかしたらそれは、盗聴の被害に遭っているかもしれません。

盗聴というとミステリードラマや小説の中だけの話だと思われるかもしれませんが、実は想像以上に盗聴被害というのは多く、決して他人事ではない、身近なものなのです。

今回は盗聴器が仕掛けられやすい場所等をご紹介した上で、素人でも見分けをつける方法、そして確実に発見するためプロへ依頼した際のメリットなどをご紹介します。

盗聴されているとなるとただのいたずらではない可能性も非常に大きく、個人情報の流出、精神的なダメージなど悪いことばかりですので、いくらか費用はかかってきますが、身を守るためにも早急に探偵にご依頼ください。

 

驚く程多い盗聴被害

テレビや新聞といったメディアで度々盗聴という言葉を聞くものの、実際にどれくらいの人が被害に遭っているのでしょうか。

実は、日本国内では年間に盗聴器が40万台以上も販売されているのですが、業者が発見し取り外している盗聴器の数は毎年1万件ほどと言われています。

もちろん全てが盗聴に使用されるとは限らないものの、このデータを見ると、盗聴被害として明らかになっている被害は、その全容の一部でしか無いということです。

 

盗聴器を仕掛けられているかも?こんな兆候に注意!

 

盗聴されているかどうかを判断する際のチェックポイントとして、次の様な兆候がある場合には注意してください。

 

・恋人との会話で知らないはずの内容が出てきた
・家の近所に不審な車が停まってい
・最近ストーカー被害にあった事がある
・無言電話のようないたずらが度々ある
・恋愛沙汰でのいざこざや、異性関係でトラブルがあった
・テレビやコードレス電話を使うと、度々雑音が聞こえてくる

 

これらは盗聴されている場合に身の回りに起こりやすい現象です。

もし見に覚えのあるものがあるようでしたら、「盗聴されているかも」と疑いを掛けてみる必要があるでしょう。

盗聴器が仕掛けられやすい場所

 

盗聴器はその性質から、仕掛けられやすい場所がある程度絞られてきます。

ここからは、盗聴器が仕掛けられやすいポイントを、シチュエーション別に紹介していきます。

 

屋内で盗聴器が仕掛けられやすい場所

 

まずは最も盗聴器が仕掛けられやすい、住居や事務所などの屋内から見ていきましょう。

屋内は外部からの侵入者が仕掛けるケースもありますが、恋人や知人など、身内による犯行も多いため、思いも寄らない場所に盗聴器が仕掛けられる場合もあります。

主に屋内で盗聴器が仕掛けられやすいスポットをピックアップしました。

 

 

コンセント周辺

コンセントの周りは盗聴器を仕掛けるのに絶好のポイントです。

コンセントのカバーを外して裏側に仕掛けられると、ぱっと見ではまず見つけることができません。

また、ベッド下や机の陰などみ、家具の死角になるコンセントに、挿し込み式の盗聴器が仕掛けられるケースもあります。

 

タンスの裏

 

タンスの裏側、もしくは引き出しの中なども死角ができやすく、盗聴器を設置するには絶好のポイントです。

仕掛けるのに手間がかからないため、ちょっとトイレに立っている隙に仕掛けられてしまうケースなども。

 

置き時計やPC、ぬいぐるみの中

 

置き時計やデスクトップPCなど、内側に空間があり、かつ電源も取ることができる電化製品も、盗聴器を仕掛けるのにうってつけのスポットです。

また、ぬいぐるみの様にプレゼントとして気軽に贈りやすいものも、内側に盗聴器が埋め込まれている場合があります。

 

照明カバーの中

 

電球がむき出しになっていない、カバー付きの照明の場合、カバーを取り外して内側に盗聴器が仕掛けられる場合も。

照明はそれほど頻繁に取り替えるものではないので、長期に渡って気づけないケースも珍しくありません。

 

ゴミ箱の中

 

盲点になりやすい場所ですが、実はゴミ箱の中に盗聴器が仕掛けられる場合もあります。

ゴミ箱の中を改めて探すということは無いですよね。

そのため、滅多に気づくことはできません。

もちろん、ゴミ箱は比較的すぐに中身を捨ててしまうので、長期的な盗聴にはなりづらいのですが、短期間の盗聴目的であれば、証拠も残らず非常に成功率が高くなります。

 

使っていないバッグや衣類の中

 

普段遣いしていないバッグや、次のシーズンまで使わない衣類(春に冬物のコートなど)に盗聴器がしかけられるケースもあります。

日常的に使わないものなので、なかなか気づけ無いポイントになります。

 

屋外で盗聴器が仕掛けられやすい場所

屋内と違って、屋外で盗聴器を仕掛けられる場所はそう多くはありません。

最も多いのは電話線周辺に仕掛けるケースで、どこの家庭にもある保安器が狙われやすいです。

更にマンションのような集合住宅では電気メーターやガスメーターが壁一枚を挟んで設置されている事がよくありますが、このパネルを開け盗聴器を放り込むことで室内の音声を鮮明に聞き取る事が出来ます。

しかし保安器に設置されている盗聴器は技術的な専門知識が必要で、個人で取り外そうとするのはトラブルの元です。

チェックも含め専門家へご依頼ください。

 

自動車に盗聴器を設置されやすい場所

車にはいたる所に設置する箇所があり、ダッシュボードの中やルームランプやシートの間、ぬいぐるみのような置物のような様々な場所に仕掛けることが出来ます。

時間さえあればルームランプカバーを外す事も出来るので、簡単な作業で複雑な場所へ設置することが出来ます。

他にも磁石などを使って自動車の底部に盗聴器を仕掛けたりするケースもありますが、殆どの場合が車内になります。

車内へ仕掛けるケースの多くは浮気を疑った家族や交際相手だったり、営業用の車内へ秘密裏に取り付ける会社の上司といった可能性があります。

また、場合によっては素行調査目的で探偵が仕掛けるケースや、ライバル企業による不法盗聴の可能性なども考えられます。

 

盗聴器を発見する方法

実際に目で見ただけでは盗聴器が仕掛けられているか判断するのはとても難しいのですが、目以外でも判断することの出来る方法をご紹介します。

割と身近にあるものでも盗聴器の発見は不可能ではありませんが、調べ漏れなども大いに考えられますので、専用の機械でプロに依頼するのがもっとも確率の高い方法と言えます。

 

FMラジオで盗聴器を発見する

盗聴器は聞いた内容をそのまま電波として周囲へ発する事で音声を外部へ漏らしています。

その電波の多くはFMラジオの周波数帯を利用しているので、この電波にラジオを合わせることで、盗聴されているか確認することが出来ます。

まずは部屋の中でラジカセ等を使って大きな音を流しましょう。
その後低い周波数から徐々に上げていくと冷蔵庫や外の音、部屋の中でなっている音がラジオから聞こえます。

聞こえた場合は盗聴器が仕掛けられています、その聞こえる音を経由にそれらしき場所を調べてみましょう。

 

FM帯の盗聴波は下記の通りです。

 

FM帯盗聴波の周波数一覧

26.0950MHz 34.4500MHz 76.6000MHz 79.8000MHz
26.9980MHz 36.6650MHz 77.0000MHz 80.9000MHz
27.0000MHz 75.6000MHz 77.6000MHz 84.4500MHz
27.1450MHz 76.0000MHz 77.9000MHz 88.0000MHz
32.0000MHz 76.2000MHz 79.3000MHz 88.6000MHz

 

盗聴器発見器を使用する

FMラジオ以外の周波数を利用している盗聴器も存在しますが、その場合専用の盗聴器発見器が必要になります。

具体的な商品名としては「バグズポッター」「バグチェイサー」「VR-150」などが盗聴器発見器としてはメジャーですね。

利用方法はFMラジオと一緒で、周波数を徐々に変えていきながらそれらしき場所で音を鳴らしながらチェックしていきましょう。

その際に盗聴器発見器から同じ音が聞こえてきた場合、間違いなく盗聴器が設置されています。

 

VHF帯盗聴波の周波数一覧

105.8500MHz 139.4500MHz 139.9750MHz 143.7800MHz
105.8600MHz 139.6000MHz 139.9800MHz 149.0000MHz
110.1500MHz 139.7000MHz 140.0000MHz 149.4500MHz
124.0900MHz 139.9000MHz (B)MHz 149.5050MHz
134.0000MHz 139.9400MHz 140.0500MHz 149.8950MHz
134.1600MHz (C)MHz 140.4500MHz 153.3500MHz
134.9000MHz 139.9600MHz 141.0000MHz 153.5850MHz
135.3650MHz 139.9700MHz 142.9000MHz 154.0000MHz
139.4000MHz (A)MHz 143.2050MHz 154.5850MHz

 

UHF帯盗聴波の周波数一覧

298.9800MHz 368.8000MHz 399.0000MHz 399.7500MHz
299.3200MHz 389.6050MHz 399.0250MHz 400.0000MHz
339.0300MHz 390.6400MHz 399.0300MHz 418.5630MHz
339.2500MHz 396.4400MHz 399.2375MHz 433.0000MHz
339.4500MHz 396.6050MHz 399.2500MHz 433.1200MHz
350.1250MHz 397.2500MHz 399.4500MHz 442.9000MHz
361.8250MHz 398.3050MHz 399.4750MHz
365.0500MHz 398.6000MHz 399.4550MHz
367.4000MHz 398.6050MHz 399.6050MHz
368.0750MHz 398.6400MHz 399.6400MHz

 

盗聴器発見のスマホアプリは役に立たない

最近では不正電波を検知するスマホアプリも登場していますが、はっきり言ってこれは役に立ちません。

スマホ自体に盗聴アプリなどが仕込まれている場合には検知できるケースもありますが、スマホで不正電波をキャッチすること自体ができないため、ラジオや盗聴器発見器のかわりにはならないのです。

 

素人では難しいケースもある

スペクトラムアナライザ(スペアナ)という周波数ごとに電圧や電力値を表示することで、盗聴電波を探査する測定器があります。

高い検出率を誇りますが一般家電にも反応してしまう上、非常に高度な技術が必要となるので一般人が上手く扱う事は出来ません。

また、盗聴器が仕掛けられている場所によっては、取り外すために「電気通信設備工事担任者」や「電気工事士」といった国家資格が必要になる場合もあります。

盗聴器の存在を確認するだけが目的であれば自分での調査もでも問題はないかと思いますが、盗聴器の除去までを目的とした場合は、結果的に自分では除去することができない可能性もありますので、最初から探偵をはじめとした専門業者に依頼をするのが賢明かもしれません。

 

確実に発見するには探偵などの専門業者に依頼

「相手が話したことのないことを知っている」ように、相手がボロを出して初めて盗聴被害を認識する人も多くいらっしゃいます。

ですが盗聴被害を防ぐため、些細なことでも見逃さないよう日々注意するのはとても大変なことです。そのような時には一度専門業者に依頼することで心を休めることが出来ます。

また、家の中や車の中、その周辺は盗聴されている可能性があるわけですから、盗聴被害のご相談は極力自身のお住まいや固定電話、車の中を避け、公衆電話や携帯電話からご連絡することをおすすめします。

 

専門業者に依頼するメリット

依頼者の状況に応じて様々な機材を準備してくれるので、市販の発券機だけでは見つからないものまで見つけてくれることがあります。

素人目で準備したものが役に立たなかったらその費用はドブに捨てたも同然です。役立たない物だと後々わかった時に掛かった費用や労働は取り返すことが出来ません。

そういったリスクを負わずに済むよう、専門家へ任せ盗聴器があるかどうか調べる事が出来るのは大きなメリットと言えます。

 

盗聴器発見・除去の料金相場

盗聴器の発見や除去の料金の相場は、探査するエリアによって変わり、一間での大きさにもある程度左右されます。
大体2万円から5万円ほどで、戸建て全体のような場合は高くても10万円前後で依頼出来ます。

戸建てでも特定の部屋のみのように、調査面積を小さくすることで費用は3万円ほどに収めることが出来ます。

業者や調査方法、そしてプランによって大きく変わりますのであくまで目安となりますが、驚くほど高額な費用がかかることはまずなく、安心と安全が手に入るのであれば十分見返りのある価格であると言えるでしょう。

 

まとめ

40万台も年間で取り扱われている盗聴器が発見されるのは年に1万件程です、もしかしたら貴方の家にも盗聴器が設置されているかもしれません。

一度この機会に是非とも盗聴器の調査を依頼してみてはいかがでしょうか?