ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

同性との浮気で慰謝料の請求は可能?

配偶者が浮気をしていると発覚して、なんと相手は同性だった!というケースが増えているのをご存じですか?

最近は、浮気や不倫は異性だけではなく、同性のケースが急増しています。

同性なのでなかなかバレにくく、長年の関係が続いてから発覚する場合も…。

今回は、夫または妻が同性と浮気・不倫をしていると分かったときは慰謝料請求できるのか解説していきます。

同性との浮気は離婚原因になるの?

配偶者が異性と不貞行為があった場合は、不倫と断定できますが、同性と不倫をしていた場合は離婚の原因となるのでしょうか?

配偶者から「実は同性愛者です」と告白された場合、ショックよりも驚きの方が大きいかもしれません。

今まで夫として見ていたのが男性の愛人がいたと知ったり、妻が女性と性的関係を持っていると知ったら対応のし方も困るでしょう。

よくよく考えて離婚を決定する夫婦もいれば、子供のために性的な思考を理由に離婚を留まるケースもあります。

実際に、「配偶者が同性愛者だから」という理由だけで離婚が認められることはありません。

同性愛者を離婚の理由として認めることは差別的な行為となるので、それだけで離婚は認められないのです。

夫婦として普通に生活できていて、夫婦関係に問題がない場合、「同性愛者だから」といった性的指向だけでは離婚する理由としては十分ではありません。

配偶者が同性愛者だと後からわかり、離婚したいのであれば、「婚姻を継続し難い重大な事由」を証明する必要があります。

配偶者が同性愛者の愛人がいる、浮気をしていて別居中など、これ以上の結婚生活の継続が難しい、セックスレスなどの場合は、重大な事由があるとして認められるでしょう。

パートナーが同性愛者であり、浮気相手との同居により別居状態が続き、セックスレスで夫婦関係か持続できないと判断された場合は、離婚の原因となります。

配偶者が同性と浮気をしているかチェックする方法

もしかしてパートナーが同性と不倫関係にあるかも…というケースはいくつかチェックポイントがあります。

例えば、配偶者がいつも同じ同性と仲良くしている場合は恋愛関係がある可能性があります。

単なる仲の良い友人関係だというケースもありますが同性だからバレないと逆に堂々とオープンにしている場合もあるのです。

女性と女性が手を繋いで歩いていても、ツーショットの写真が何枚もスマートフォンに入っていても「親友だから」の一言で隠そうとしているかもしれません。

特定の同性と頻繁に旅行へ行ったり、頻繁に会っていると分かったら、一人で悩まずに本人に直接思い切って聞いてみることも大切です。

そこで、同性愛者だというカミングアウトを受けることもあれば、「友人なのに何を言ってるんだ!」と逆に怒られるかもしれません。

夫婦なのですから、何か聞きたいことがあったら手遅れになる前に話し合うことが大切です。

最近は、結婚したあとにパートナーから実は同性愛者だったと告白されるケースは少なくありません。

パートナーから同性愛者をカミングアウトされて、離婚を選ぶ夫婦もいれば、「同性ならばあまり気にしない」と言う人もいて、感じ方は人それぞれです。

例えば、妻が長年女性の浮気相手と愛人関係にあったと分かっても、男性と浮気されるよりマシと思う人も多いようです。

妻の浮気相手が女性ならば、離婚は考えず許容範囲だと答える夫も多く見られます。

妻が他の男と性的関係を結ぶのは到底許せないけど、同性ならば友人の延長として考えられるそうです。

パートナーが同性愛者だとわかって、どう感じるかは人それぞれ異なり、今後はどうするかもケースバイケースです。

同性との浮気で慰謝料請求はできない?

配偶者が同性と浮気をしている場合は慰謝料請求できるのでしょうか?

配偶者が同性か異性か関係なく、浮気をしている(不貞行為があった)と分かったら、「婚姻を継続し難い」と判断される可能性が高いです。

同性との浮気が不貞行為があったと判断されなくても、浮気が原因で夫婦生活が破綻した場合は離婚や慰謝料請求は可能です。

浮気相手が同性なのか異性なのかが焦点なのではなく、浮気の事実により夫婦関係が破綻したことを証明することができれば、離婚請求は可能です。

現状では同性との浮気は不貞行為とは認められるのは難しい

婚姻関係にある夫婦の間には貞操義務があり、配偶者以外との異性と性的関係を持たないことが義務付けられています。

一般的に配偶者の浮気は不貞行為(性行為)があったと証明された時に認められます。

ここで言う不貞行為とは、あくまで異性との性行為を指しており、従来の判例は、同性の浮気は不貞行為に当てはまらないと判断されることがほとんどでした。

しかし、現代ではLGBTの認知度が高まってきており、法律の解釈が変わり始めています。

最近の判例は、同性との浮気が不貞行為と認められている傾向にあります。

配偶者が同性と浮気をしていたから慰謝料も請求できず、離婚請求もできないと諦める必要はありません。

アメリカでは同性の浮気による離婚調停も珍しくなく、今後は日本でも判例が増えてくると予想されます。

離婚請求や慰謝料請求は、浮気相手が異性か同性かはあまり関係がなく、それよりも夫婦関係が破綻してしまったことが証明できれば、離婚がスムーズになるでしょう。

離婚や慰謝料請求などに強みのある専門家に相談して自分の望む形になるように計画することをおすすめします。

同性との浮気は立証が難しいケースが多い

同性との浮気の立証は異性の浮気よりも立証が難しいのは事実です。

同性の場合は、普通に仲良く食事をしていただけと反論されることが多く、まわりから見ても自然に見えるからです。

最近は、ラブホテルに女性同士で入れるようになっていますし、男性同士が一緒にホテルに泊まるケースもあります。

しかし、同性間の浮気は男女間の浮気よりも「不貞行為があった」と証拠を集めて浮気を立証するのが難しいと言えます。

同性の浮気相手の証拠集めは探偵に依頼するのがおすすめ

配偶者が同性と浮気していると分かっても、不貞行為があったかどうか証拠を集めるのは難しいです。

勝手にスマホやパソコンを覗いて、証拠を集めるとプライバシーの侵害で逆に訴えられる可能性もあります。

配偶者の浮気を証明する徹底的な証拠を掴みたいときは、探偵などの捜査のプロに依頼するとスムーズです。

独自のアプローチ方によって、合法内で裁判に有利となる証拠写真を集めることができます。

法律や浮気、離婚問題に定評のある弁護士であれば、浮気の証拠を基に、自分が望む結果がでるようにサポートしてくれるでしょう。

配偶者が同性と浮気していると分かったら、一人で泣き寝入りをしないで、探偵事務所に証拠集めを依頼することをおすすめします。

ランニング探偵事務所

大阪・兵庫で浮気調査無料相談

ランニング探偵事務所では、「離婚や慰謝料請求のために確固たる証拠を掴みたい」「パートナーが浮気をしているかどうかだけ確かめたい」など、お客様ひとりひとりの目的に合わせた最適な浮気調査を提案いたします。

調査にあたるのは探偵としての経験豊富なスタッフのみ。調査機材も最高峰のものを取り揃えており、質の高い調査をお約束いたします。

電話相談・WEB相談ともに相談料は一切いただいておりませんので、ひとりで悩みを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

電話相談
WEB相談

まとめ

今回は、配偶者が同性との浮気が発覚したら、離婚の原因となるのか、離慰謝料請求できるのかについて解説していきました。

浮気相手が同性であっても、深く傷つき立ち直れないほど落ち込んだ場合は、探偵に相談して徹底的な証拠を集めることをおすすめします。

不倫や浮気に強い弁護士を付ければ、浮気相手に慰謝料を請求できるチャンスは十分にありますよ。