ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

職場や会社での浮気は多い!同僚と浮気に発展しやすい4つの理由

 

職場はほとんど毎日出向く場所であり、日々の生活を維持するために働きに行く場所でもあります。

 

しかしこのような場所で、浮気は多く発生します。

 

なぜ職場で浮気が多いのでしょうか。これにはいくつかの心理的効果が関係しています。

 

  • ・職場で浮気をしてしまう、心理的理由
  • ・浮気をされてしまった場合のとるべき行動

 

この記事では上記に関して、解説していきます。

 

浮気相手との出会い、最も多いのは「職場」

社会人となり、毎日のように職場に通っていると、必然的に「出会いの場のほとんどが職場」になります。

 

すると、浮気を含む多くの人間関係がこの中で発生することになります。単純に確率で考えてみても、職場で浮気が発生するのは高くなると考えられるでしょう。

 

しかし仕事という大きな目的がある環境において、浮気をするということは非常にリスクが大きい行為でもあります。

 

職場では信頼関係などが重要視され、責任ある行動が求められます。浮気や不倫をしているのが知られるとこういった立場が悪くなってしまいます。

 

だらしない印象になってしまうことや、信頼関係の悪化、またトラブルを招きやすい人物と思われ左遷や解雇をされてもおかしくありません。

 

本人と浮気相手の両方を知っている職場の人間からすれば浮気に気づきやすいのも職場における浮気の特徴です。

 

こうして考えていくと職場での浮気や不倫はデメリットしかないように見えます。

 

しかし現実問題、職場で多くの浮気が発生しています。これはなぜでしょうか。

 

これには職場という特殊な環境によって働く心理的な効果が関係しています。

 

職場で浮気に発展しやすい4つの理由

まず、人には、長く一緒にいる人のことを好きになりやすいという性質があります。

 

職場は毎日通う場所であり、残業なども多い会社では家族よりも長い時間、職場の人間と一緒に過ごしているかもしれません。

 

単純に、接している時間が長くなることでそれだけ好意を抱きやすくなり浮気に発展しやすいのです。

 

このことに加えて、以下のようなケースが職場では起こり得るため、浮気に発展すると考えられています。

 

共同作業をすることが多い

人は一緒にいるだけでなく、共同の作業をすることで親近感を抱きやすく、職場はこうした心理が働きやすい環境にあります。

 

仕事内容にもよりますが、チームプレーで仕事を進めることもあり、二人三脚で作業をすることによって信頼関係を築きやすいです。

 

互いにサポートをする立場にあれば、感謝の気持ちなども生まれてきます。

 

人に尽くすことで、その人のことを好きになりやすい性質があると言われており、同じ目標に向かって一緒に頑張るといった体験もより好意を抱かせやすくさせています。

 

日常的にこうした業務を繰り返すことで徐々に気持ちに変化をもたらしているのです。

 

お酒の席が多い

同じ職場であればわざわざ食事に誘わなくても、お酒の席が設けられます。

 

新年会や忘年会のように定期的に飲み会が開かれている会社や、職場によっては毎週のように飲んでいるところもあります。

 

この場では仕事上だけの話だけでなく、プライベートな会話もされることでしょう。

 

仕事の疲れやお酒の力なども影響することで本音も出やすいことが特徴です。

 

すると仕事をするだけの関係よりも打ち解ける確率が上がります。酔いが入っていることによって、自分自身にも言い訳がしやすくそのまま浮気をしてしまうのです。

 

そのため、飲みの場が設けられやすい職場では浮気が発生しやすい傾向にあります。

 

上下関係が発展しやすい

上下関係にある者同士だと距離が出来て浮気につながりにくそうにも思えますが、この場合にも恋愛関係に発展することがあります。

 

上司は自分よりも立場が強く、権限を持っています。人は本能的に、守ってくれそうな人に近づくことで自分を守ろうと行動を起こします。

 

そのため、通常であれば気にもとめない人物であっても、上司として接することで魅力的に見える効果があるのです。

 

仕事上における尊敬の念は、好意という形に変化しやすいことも関係してきます。

 

出張に行く機会がある

場合によっては出張に行くこともあるでしょう。これが浮気をする機会にもなってしまっています。

 

恋人のいる人や既婚者であれば、旅行などをするのは難易度の高い行為です。パートナーにばれてしまう可能性もかなり出てきます。

 

しかし、会社から指示を出された出張であれば泊りがけで出かけても何も不審に思われることはありません。

 

生活圏内から出ることで知人等に見られることも少なくなります。

 

実際、出張だからと言って浮気をしてもばれないということはありません。しかし、普段とは違う場所、違う環境に身を置くことで浮足立ち、浮気をしてしまうのです。

 

バレやすい社内の浮気、大切なのは証拠

上で説明したように、職場には浮気をしやすい心理状態にさせる効果があります。

 

また、飲み会や出張などはパートナーと離れた場所に行くにも言い訳がしやすいです。

 

会社によってこうした機会が与えられていることも、職場で浮気を起こりやすくしている要因になっています。

 

社内での浮気はバレやすい

しかし、社内の浮気というのはばれやすいです。それは本人と浮気相手の両方を知っている人が多くいるためです。

 

両者のことをよく知っている人物であれば浮気の関係になり、様子が変われば気が付きやすいでしょう。

 

また、どちらかが仲の良い人物に話してしまっていることもあります。

 

色んな人に知らせるつもりはなくても、うわさ話というものは徐々に広がってしまうものです。これがあまりに広がっていくと本当に知られてはいけない人物にまで届いてしまうことになります。

 

それでは、あなたがもしパートナーの浮気を疑った場合何をすれば良いのでしょうか。浮気を見抜く方法はいろいろとあります。

 

浮気を疑った場合、とるべき行動と注意点

基本的にはパートナーの見た目や行動に変化がないか注意深く見ることです。服装や荷物にも異変が起こっているかもしれません。

 

では浮気が確信になった場合、その後どうしていきたいのか考えてみましょう。既婚者であれば離婚や慰謝料の請求などできることはいろいろとあります。

 

しかし注意したいのが、すぐに浮気の事実を突きつけないということです。大事なのはここからの証拠集めです。

 

感情的になって浮気の事実を突きつけてしまうと、以下のようなデメリットがあります。

 

  • ・逆ギレされる
  • ・言い逃れされる
  • ・浮気の事実はなく、夫婦の関係が悪化する原因になる

 

証拠を集めたうえで、冷静に話し合いをすることをおすすめします。離婚を考えていない場合も、再発防止につなげることができます。

 

浮気を疑ったら、証拠を握ることが重要

浮気を疑った場合、証拠を握ることが重要です。証拠集めの調査をすることで、浮気の事実がないということがわかるかもしれません。

 

離婚したくない場合も、証拠を集めたうえで浮気相手に慰謝料を請求することで「浮気は大変なことなんだ」と旦那に思ってもらい、再発防止につなげることもできます。

 

離婚または慰謝料請求となれば、裁判で使えるような証拠を用意しなければなりません。

 

裁判でいう浮気は不貞行為であり、肉体関係を持ったということが証明できる必要があります。

 

一般的に有力な証拠となるのはホテルや浮気相手の自宅から出入りする瞬間の写真です。

 

できれば滞在時間も分かるような証拠がよいでしょう。玄関先まで送っただけだと言い訳される可能性もあります。

 

問題はこうした証拠をどうやって集めるかです。自力で行い、途中でばれてしまうとそれまでの苦労が無駄になってしまうことも考えられます。

 

そこで、できるだけ確実に証拠を集めるには、浮気調査のプロである探偵への依頼をすると良いでしょう。

 

現状を探偵に伝え相談すれば、これから自分が取るべき行動についてアドバイスを得られます。

 

浮気調査は体力的にも精神的にもつらい作業であるため、探偵に依頼されるのがおすすめです。

 

ランニング探偵事務所

大阪・兵庫で浮気調査無料相談

ランニング探偵事務所では、「離婚や慰謝料請求のために確固たる証拠を掴みたい」「パートナーが浮気をしているかどうかだけ確かめたい」など、お客様ひとりひとりの目的に合わせた最適な浮気調査を提案いたします。

調査にあたるのは探偵としての経験豊富なスタッフのみ。調査機材も最高峰のものを取り揃えており、質の高い調査をお約束いたします。

電話相談・WEB相談ともに相談料は一切いただいておりませんので、ひとりで悩みを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

電話相談
WEB相談

まとめ

職場は浮気をするには非常にリスクが高く、本来浮気をするにも好ましい場所とは言えません。

 

しかし、長い時間一緒に過ごし、共同作業をしていく中で恋愛感情を抱いてしまう可能性の高い場所でもあります。

 

上下関係にある者同士でもこのことは言えます。さらに飲み会や出張などがあることで、浮気をする機会も持ちやすいという特徴があります。

 

パートナーが浮気をしているのではないかと気になるようであれば探偵にまずはご相談ください。

 

浮気の事実の確認、そして離婚や慰謝料の請求などをするのであれば証拠集めなどもする必要がありますが、これら一連を探偵が行います。

 

浮気調査はプロに任せて、スムーズな解決を図ると良いでしょう。