ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

自分でできるお手軽浮気調査方法3選

もし自分の奥さんや旦那さんが浮気をしていたとしたらどうしますか?話し合って前向きな解決を目指すという方もいれば、離婚を決心する方もいるでしょう。

しかし、ここで重要なのが、まずは浮気をしているという証拠を押さえることです。

疑惑の段階で問い詰めても、多くの場合、はぐらかされてしまうでしょう。

ましてや物証もなく話を切り出して万が一相手が潔白だった場合、相手との関係がその時点で破たんする可能性もあります。

そこで本記事では、自分でできる浮気調査方法と証拠の集め方を解説します。

 

まずは集めるべき浮気の証拠をチェック!

 

 

浮気調査の第一歩として、どのような証拠を集めればよいのか見ていきましょう。

まずは慰謝料請求や離婚をしたい場合に、法的な証拠となるものを紹介します。

 

訴訟や慰謝料請求が目的の場合に役立つ証拠

 

離婚協議する際や相手に慰謝料を請求する際、強力な物証として役立つ証拠一覧です。

 

肉体関係があったことを推測できるメールやSNS

 

パートナーと浮気相手が肉体関係にあることをにおわせるようなメール、もしくはSNSの文章です。

ただ、そういった情報はほとんどがスマホかパソコン内にあるため、相手のスマホやパソコンを見る必要があります。

 

ホテルに出入りしている写真・動画

 

言い逃れできない決定的な証拠の一つです。

また、メールと違い、これによって浮気相手も特定できます。

 

性行為やそれに近い写真・動画

 

ホテル内などで性行為を行っている写真や動画などがあれば動かぬ証拠になるでしょう。

カメラ付きのスマホが普及したおかげで、人によってはこういった写真や動画を記念として残す方もいます。

もし撮っていればスマホやパソコンに入っているはずです。

 

浮気や不倫の事実を認める録音

 

疑惑の段階で相手と話し合うときは録音するようにしましょう。

その際相手が浮気を認めるような発言をした場合、後々証拠として有力になります。

録音していないと、後日「言った」「言わない」の水掛け論になってしまいます。

 

肉体関係があったことを推測できる通話記録

 

パートナーが浮気相手と通話した記録が残っていればそれも証拠になります。

しかし、第三者の通話記録を集めるのは、難しいでしょう。

 

ラブホテルなど、肉体関係があったと推測できる領収書

 

パートナー以外と確実にホテルに行ったという証拠です。

言い逃れをしにくい証拠の一つでしょう。

ほかの証拠と違って現存していれば財布の中などに無造作に入れてあったりして比較的入手しやすい証拠と言えるでしょう。

これらの証拠は一つでも効力を持ちますが、複数手に入れておくとより確実です。

さらに離婚や慰謝料請求をする場合は不貞行為が複数回あったということを証明する必要があります。

「1回の過ち」では不貞行為による離婚事由として認められないことが多いのです。

また、相手に慰謝料を請求する場合も、認められないか少額になるケースがほとんどです。

「絶対に離婚したい」「絶対に慰謝料を取る」という明確な意思がある場合は、複数回、不貞行為があったことを証明することを目的に物証集めをしましょう。

 

裁判では使えないが、相手との交渉などには役立つ証拠

 

裁判の物証としては有効性が低いものの、相手を問い詰めるには十分な証拠一覧です。

相手に自白させたり、浮気を止めて改心させる話し合いなどに役立つでしょう。

 

2ショットの写真

 

性行為ではなく、食事風景など異性と2人で写っている写真でも疑惑を深めるには十分です。

「仕事仲間」「友人」という言い訳をするかもしれませんが、普通パートナー以外の異性と2ショット写真は撮らないですよね。

 

手紙やメールのやり取り

 

他愛もないものでも、異性とのやり取りが複数あれば疑わしいです。

現在では手紙はないかもしれませんが、ラインやメールをチェックしてこういった記録があればスクショしておきましょう。

 

頻繁な通話履歴

 

特定の相手と一日数回通話している、毎日通話しているといった記録があれば、その日付や回数をメモしておきましょう。

できれば削除されてもいいようにスクショして保存しておきたいところです。

 

駐車場など、デートをほのめかす領収書

 

普段行くはずがない場所の駐車場の領収書もあればとっておきましょう。

デートスポットなどの場合、黒である確率は高くなります。

 

クレジットカードの明細

 

パートナーのクレジットカードの明細もよく見ておきましょう。

謎の会社名義で毎月複数引き落としがあった場合、ホテルの利用料金かもしれません。

もしホテルだったとしたらネットで会社名を検索するとどこのホテルかすぐ出てきます。

 

カーナビの履歴

 

意外と消し忘れることが多いのがこのカーナビの履歴です。

普段の行動範囲では考えられないような場所に行った履歴が残っているかもしれません。

駐車場同様、デートスポットや観光などであれば浮気をしている可能性が高いといえるでしょう。

ほかの証拠と違って簡単にチェックできるので、おすすめです。

 

観光地やデートスポットなどのネット検索履歴

 

Googleやヤフーなど、検索エンジンの履歴にも多くの情報が眠っています。

相手のスマホに見慣れない地名やイベントの検索履歴があったら怪しいですね。

これらの証拠は「疑惑」程度なので裁判では強力な物証としてはやや有効性が低いものの、相手を問い詰めて自白させるには十分です。

もしくはなんとなく会話の中にこの証拠を匂わせて、相手の浮気を牽制する、という使い方もできます。

 

自分でできる浮気調査方法5選

 

次に自分でできる浮気調査方法を5つご紹介します。

 

パートナーのスマホやパソコンのチェック

 

浮気チェックの一番強力な方法はスマホや携帯、パソコンのチェックです。浮気相手とのメール、LINE、通話記録、写真や動画など、多くの証拠を取得することができるでしょう。

こまめに消している人もいるかもしれませんが、毎日確実に消している人はまずいません。

スマホをチェックした際に、通話を記録するアプリをこっそりインストールしておくという方法もあります。

ここで注意しておきたいのは、浮気相手の名前を異性名で登録していることがあるという点です。

交際相手と同性の名前だからといってトーク画面を調べると友達や同僚との会話とは考えにくいものであるかもしれません。

また、ウェブサイトのブックマークや閲覧履歴に残っているサイトを確認することで、ホテル予約の履歴などといった証拠を得られるかもしれません。

ウェブサイトの履歴は何度も見ていると相手に怪しまれてしまうので、サイトのURLなどは自分のスマホ等に控えておくとよいでしょう。

ロックがかかっていても毎日一緒に居ればなんとなくパターンや暗証番号は推測できるもの。スマホやパソコンを見る場合は、就寝時・入浴時などをタイミングを見計らいましょう。

また、パートナーが寝ているときに指紋認証で外すという荒業や、ロック解除に一定数失敗してしまうことは、ばれて相手に不信感を持たれてしまい、以降のガードが固くなるというデメリットもあります。

皆さんが肌身離さず持っているスマホやパソコン。スキを見てチェックするというのは結構難易度の高い行為で、浮気している相手ならなおさらですので慎重に行いましょう。

また、これらを勝手に見ていることはプライバシーの侵害や不正アクセス禁止法に違反しているとして訴えられてしまう危険性もありますので十分に注意しましょう。

 

浮気の物証集め

 

スマホやパソコンのチェックが難しい場合、物証を探しましょう。

 

財布、ポケット

 

スマホは肌身離さず身につけているという人でも、財布はバッグに入れっぱなし、脱いだ洋服のポケットに入れっぱなし、と言うことは少なくありません。

怪しい領収書やレシート、ホテルの会員カードといった物証を取得できる可能性があります。

 

クレジットカードの明細

 

いままで利用したことのないような施設での利用履歴が複数回残されていないか、見覚えのない買い物の使用履歴はないかチェックしておきましょう。

買い物履歴では、今まで相手の趣味でなかったような商品の購入や、自分宛ではない異性用の商品の購入が証拠として確認できます。

 

車内のごみ箱やグローブボックス

 

車内は家に比べて見落としがちの箇所であるために、サービスエリアやラブホテルのレシート、避妊具などの物証が見つかりやすいです。

 

カーナビ

 

浮気相手とドライブに行ったときの検索履歴を消さずにそのまま、という人も多いです。

カーナビは比較的簡単にチェックできるのでおすすめです。

 

パートナーの行動を日記につける

 

交際相手の態度や帰宅時間、土日出勤の日にちなどを記録しておきましょう。

また、日常会話の中で得た行動記録を残しておくことで相手の怪しい行動や言動の矛盾を見抜くことができます。

また、ある程度時間を置いた後で過去の予定を掘り返して聞くことで、当時聞いた話との違いや嘘を見つけることもできるでしょう。

 

尾行

 

大体浮気するパターンが決まっていて、怪しい場所や時間に目星がついているなら、尾行によって証拠を掴める可能性は低くないでしょう。

決定的な場面を撮るためにカメラをもって張り込みを行いましょう。

ただし、この方法は一般の方が行うと近所の方に通報されたり、警察に職務質問されたりする可能性があります。

時間や手間をかけた割には徒労に終わる事も多いので、最終手段として考えておきましょう。

 

GPS、ボイスレコーダー、盗聴器

 

尾行はハードルが高い、という場合にはGPSやボイスレコーダー、盗聴器での言動特定することも可能です。

これらは、ネットや家電量販店で購入することができ、価格もお手頃なものが多いです。

また、盗聴器を購入する場合はリアルタイムの盗聴が可能な電波式ではなく、録音式の盗聴器がおすすめです。

取り付け場所としてはバッグや車、寝室などが挙げられますが、バッグを探ったときに見つけにくい場所、車が走行中に落ちにくい工夫を考えることが重要です。

盗聴器を自分の所有物でないものに仕掛けることは住居侵入や器物破損の犯罪に値するため、設置の際には注意が必要です。

また相手によってはプライバシーの侵害として訴えられてしまう場合もあります。

 

自分で浮気調査をするリスク

 

浮気の証拠は自分で調べることもできますが、やはりリスクは大きいです。

具体的に見ていきましょう。

 

妻や夫にバレる

何よりこのリスクです。

強力な物証はたいてい相手のスマホを見たり、現場を押さえたりといった行動が必要になってきます。

スマホのロックを解除しようとしてたところを見られた、もしくは見られそうになったと言うだけでも相手が訝しむ可能性があります。

もし潔白だった場合、関係が破たんする原因を自分で作ってしまうことになりますし、潔白でなかった場合、相手のガードが固くなる可能性もあります。

自力で行う浮気調査がバレた場合、こちらが著しく不利になるということは念頭に置いておきましょう。

 

証拠を得られない

 

少数派にはなりますが、中には物証を完璧に隠滅している人もいます。

また、張り込みや証拠写真の撮影は高い技術と経験が必要になるので、素人の場合失敗に終わることもおおいに有りえます。

時間とお金をかけた挙げ句、証拠が一つも押さえられず、徒労に終わるというケースも少なくはありません。

 

浮気調査の成功率を高めたいなら探偵に相談

 

自分ひとりで証拠を集めることが難しい場合は、「プロに依頼する」という選択肢もあることを覚えておいてください。

調査のプロと言えば探偵です。確かに多少費用は掛かりますが、リスクを負ったり、労力をかけたりすることなく、素人よりもはるかに精度の高い物証を手に入れてもらうことが可能です。

また、自力では難しい、浮気相手の特定に関しても、相談に乗ってもらうことができます。

些細な疑惑程度で調査を依頼するのはコストパフォーマンスが悪いかもしれません。

その場合はまず自分で調査してみることをおすすめします。

ですが、パートナーが限りなく黒に近く、証拠を押させてしまいたい場合や、どうしても白黒を確かめたいという場合には、探偵に依頼することをおすすめします。

ランニング探偵事務所

大阪・兵庫で浮気調査無料相談

ランニング探偵事務所では、「離婚や慰謝料請求のために確固たる証拠を掴みたい」「パートナーが浮気をしているかどうかだけ確かめたい」など、お客様ひとりひとりの目的に合わせた最適な浮気調査を提案いたします。

調査にあたるのは探偵としての経験豊富なスタッフのみ。調査機材も最高峰のものを取り揃えており、質の高い調査をお約束いたします。

電話相談・WEB相談ともに相談料は一切いただいておりませんので、ひとりで悩みを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

電話相談
WEB相談

探偵に浮気調査の依頼をする場合の料金相場については、こちらで解説しています。

 

まとめ

 

浮気調査に必要な証拠と、その調査方法、そして浮気調査のリスクについて解説しました。

離婚したいのか、相手を改心させたいのか。目的に応じて必要な証拠をリストアップし、自力で調査ができそうなら、この記事を参考にぜひ証拠を集めてみてください。

もし自力での調査が難しいようなら、探偵に依頼するの一つの手です。