ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

浮気の調査をお考えなら探偵に依頼するのがベスト!

最近「怪しいな」と感じている方が、ここにたどり着いたと思います。今後、離婚に発展した場合、裁判での慰謝料請求や、子どもがいる場合は養育費や親権問題などが争点になります。
その際、「怪しいな」という不確実なままでは、有利に進めていくことは非常に困難です。決め手となる証拠をつかむためには、探偵に依頼するのがベストです。

 浮気の調査を探偵に依頼するメリットとは?

浮気調査を探偵に依頼することの大きなメリットは時間的負担と身体・精神的な負担の軽減です。そして裁判や交渉材料の核となる「証拠集め」のエキスパートであるという点です。

お仕事をされている方や子育て中の方にとって、相手を尾行したり、張り込んだり、潜入したりすることができるでしょうか。バレてしまっては元も子もないので、顔や車が見つからないように気を付けなければなりません。依頼することで時間的負担の軽減につながる他、顔がバレにくい点においては探偵という外部の存在に依頼すること自体に意味があると言えます。

問題は長期化するほどに、身体・精神的な負担も大きくなります。専門で動かれている探偵であれば最短で確実な方法を提示してくれることでしょう。

 

浮気の調査をしていることがバレない

あなたが直接証拠を集めようと張り込むのは非常に危険です。顔や車で本人が気付くかもしれません。「あなたの夫(妻)が○○にいたよ」と本人の知り合いが、たまたま見ている可能性もあります。ですので、顔や車を知られていない、探偵という外部の存在に頼むことをおすすめします。

調査していることに相手が気付けば、証拠隠滅の時間を与えるようなものです。
そして証拠は複数必要です。裁判ともなれば、言い逃れをするため、慰謝料を軽減するために相手も準備してきます。探偵に依頼することで証拠写真・行動履歴・浮気相手についてまとめた「調査書(報告書)」も作成いたします。

探偵はプロですから、依頼内容や調査結果に対し守秘義務があります。人伝いに漏れることはありませんが、探偵の名刺や書類などの保管には細心の注意を払ってください。

 

探偵は浮気調査のエキスパート

探偵は「証拠を集めること」が仕事です。はじめから弁護士に相談したところで、弁護士はあくまでも「証拠を使って戦ってくれる」存在であり、証拠を集めてくれるわけではありません。

浮気調査について、数々の相談を受けているのが探偵です。まずは電話して、現時点でのアドバイスや料金についての説明をしてもらいましょう。実際に事務所へ行き、事務所の雰囲気や対応して頂く方と直接話すことも必要です。

カウンセラーなどに相談している方もいるかと思います。話すことで気持ちが落ち着く、または共感してもらうことで安心するのではないでしょうか。否定はしませんが「根本的な問題の解決」にはなっていません。解決への時間的な遠回りになるばかりか、現実から目を背けているに過ぎません。
必要であれば、カウンセラーが在籍している探偵事務所もありますので探してみるのもいいかもしれません。

 

浮気を暴いた後の対応

証拠が揃い浮気をしていることが明確になったら、お気持ちはお察ししますが、まずは感情の高ぶりがおさまるまで待ちましょう。落ち着いたところで、「別れる(離婚する)」のか「浮気をやめてもらい関係を続ける(夫婦関係を続ける)」のかを判断しなければなりません。

異なる環境いた者同士が一緒にいるのですから、原因や経緯は人それぞれです。夫婦であれば、離婚する前に決めなければならないこともあります。少しでも迷いがあるならば、次への保険の意味を込めて誓約書を作成してみてはいかがでしょうか。証拠を突き付けるタイミングも含めて、今後の身の振り方を相談しましょう。

 

精算してやり直す

離婚はせず、「もう一度やり直そう」とする場合、浮気をした側は当然に心を入れ替え、謝罪の気持ちが必要です。

最も難しいのが浮気をされた側の心構えです。覚悟して許したのなら、完全に忘れる努力をしなければなりません。今後、喧嘩したとしても過去のことを掘り返してはいけません。時間はかかるかと思います。やり直すと決めたのなら夫婦で乗り越え、再度関係を築いていくしかありません。

 

離婚する

離婚と言っても法的には協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚の4種類があります。
協議離婚とは当事者間の話し合い(協議)によるもの、調停離婚とは調停委員や裁判官を交えて話し合いをして離婚するもの、審判離婚とは調停で話し合いがまとまらなかった場合に裁判官からの案(審判)で離婚するもの、裁判離婚とは調停で解決しなかった内容を争って(裁判)離婚するものです。

浮気が原因ならば慰謝料請求、家や車があれば財産分与、子どもがいるならば親権獲得について争うなど、目的次第で方法は変化します。

あなたにとって何が重要なのかしっかり考え、事実に基づいて主張していってください。感情論を裁判官に訴えたところで、裁判官の心証を悪くする可能性があるばかりか、長期化する恐れもあります。

 

別居する

離婚を前提として別居する場合と、離婚後に別居する場合があります。

夫婦であるうちは、お互いの生活レベルが同等になるように助け合わなければならないという「生活保持義務」と、夫婦の衣食住・医療費・子どもの養育費・交際費などの全てを分担する「費用分担義務」があることをご存知でしょうか。これは権利ではなく義務です。

民法752条には「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」とあり、また民法760条には「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」とあります。離婚前の別居であれば、婚姻生活が破綻していようが夫婦であることに変わりはありません。

相手が話し合いに応じない、支払わない場合は家庭裁判所に「婚姻費用分担請求の調停申立」を行うことで、家庭裁判所が履行勧告や履行命令を出してくれます。正当な理由もなく従わなければ10万円以下の過料に処せられることになります。ここで注意ですが、生活に困ろうが、別居の原因を自ら作った側は請求する権利がありません。

上記は夫婦であることを前提とした申立です。離婚が前提であれば慰謝料・財産分与・養育費などの話になります。

 

 探偵事務所は浮気問題のアフターケアも完璧!

探偵は「証拠を集めること」が主な仕事ですが、大変なのは証拠を集めた後のはずです。問題を解決へと導くためのアフターケアも行っている探偵事務所もあります。必要とあればカウンセラーの配備、弁護士の紹介もいたします。
様々な選択肢の中から、最も良い方法を見つけてもらいましょう。

 

浮気や離婚は子どもに悪影響

子どもは敏感に察知します。現時点で影響がなくとも、大人になるにつれて心のキズが開いていくケースもあります。うつ病やPTSDなどの引き金となり、浮気や離婚の1番の被害者は子どもです。
可能な限り子どもに悟られない様にするためにも、探偵に依頼することをおすすめします。問題が長期化するほどに悪影響を及ぼしていきます。

なお、例えば子どもが中学生以上で「うちの子はもう大きいから」「子どもにも手伝ってもらおうかな」「被害者は私だから味方になってもらおう」なんて考えている方はいませんか?
体は大きくなっていても、子どもは子どもです。子どもには理解を求めるのではなく、謝罪の気持ちをもって接してください。

 

まとめ

探偵に依頼する目的やメリットがお分かり頂けたかと思います。
決め手となる証拠を迅速につかみ、状況に応じたアドバイスをしてもらうことで、今後どのようにすべきか見えてくるはずです。探偵とは、そういう意味でも「浮気に関するトータルサービス」と言えるでしょう。

探偵事務所に最も多い依頼は「浮気調査」です。前述したように、浮気問題を解決するには証拠が必ず必要になります。まずは探偵事務所へご相談ください。