ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

探偵依頼で追加費用が発生するケースは?騙されない方法

初めて探偵に浮気調査や身上調査を依頼する場合、追加料金が発生して高額になってしまわないか心配ですよね。

多くの探偵事務所のホームページには、「追加料金の発生なし」と記載されていますが、実際はどうなのでしょうか?

この記事では、これから探偵事務所に依頼する方に向けて、探偵における追加料金について詳しく解説していきます。

どういった場合に追加料金となるのか、前もって知っておくことは大切です。

悪徳な探偵に無駄な費用を支払い、騙されることを予防することができます。

通常は探偵の調査終了後に追加料金が発生することはない

通常は、探偵に浮気調査や身上調査などを依頼した場合、探偵の調査終了後に追加料金が発生することはないです。

調査費用の見積もり依頼をして、依頼することが決まったら、見積書の内容に沿って契約書を交わします。

前もって必要な費用は提示されているので、調査が開始されたら追加料金が発生することはありません。

見積り書や契約書に追加料金の記載がない場合は、追加料金は発生しませんので心配する必要はなしです。

調査時間が長引いたり、調査員を増やす場合は契約の際に説明があり、契約書にも記載があります。

そして、依頼者に追加の調査に入るかどうか必ず確認してから追加料金が発生するか形になります。

優良な探偵事務所の場合は、見積もり金額に勝手に追加料金をプラスするようなことはありません。

探偵社でいう追加料金とは?

探偵事務所に調査依頼した際に発生する「追加料金」とは、本来の調査の範囲をオーバーした際にかかった費用のことです、

例えば、浮気調査を依頼する場合には、調査を開始する前に調査員の人数と時間を説明して明確な料金を提示します、

依頼主は説明に納得して契約書に目を通してから、契約という形になります。

実際に浮気調査を開始して浮気相手が発覚したけれど、調査が終了する予定時間には証拠となる撮影ができず長引きそうなケースがあります。

1時間あたりの時間制で依頼した場合は、当然ながら調査を延長してもらうには、追加料金を支払う必要があります。

時間制の場合は、追加料金を支払ってもらうことで調査を続行することができ、不貞行為が分かる証拠を入手することができるのです。

裁判で有力となる確定的な証拠を入手するためには料金体系によっては追加料金を支払う必要性があります。

追加料金なしのサービスはある?

調査料金は何十万円もかかるため、2~3時間くらいの延長はサービスで追加してくれないの?と思う方も多いでしょう。

しかし、2時間分を無料で延長した場合は調査員のサービス残業となり、探偵事務所としては損失になります。

その間にかかる交通費、ガソリン代などの経費もマイナスとなるのです。

サービスの延長が長くなると次に入っている仕事にも影響しますので利益が損なわれます。

そのため、追加料金の無料サービスは、ほとんどの探偵事務所ではないと考えておきましょう。

要注意!悪質な探偵事務所の追加料金

探偵事務所の中には、高額な追加料金で割増をする悪質な業者があります。

本当は簡単に調査が終わる依頼にも関わらず、わざと調査期間を長くして、追加料金を発生させることも。

意味のない交通費や出張費用を割り増して、見積り額を大幅に上回ってしまうケースもあります。

最終的に追加料金で高額になってしまうならば、見積もり依頼をする意味がありません。

追加料金を支払わなければ、「証拠は掴めません」「調査は打ち切る」といった強引な悪質探偵社もあるので注意が必要です。

しつこく追加料金を請求されたらどうする?

追加料金の理由が強引だと感じたり、押しが強いと感じた時は、初めから追加料金を狙った悪質な探偵事務所だと考えられます。

契約の際に、追加料金に関して説明がなく、契約書にも記載がない場合は支払う必要はありません。

しつこく追加料金を請求してきたり、悪質な探偵会社と追加料金を巡ってトラブルになってしまった場合は
早めに国民生活センターまたは消費者センターに相談しましょう。

探偵に依頼する料金相場

探偵に調査を依頼する際は、料金相場を知っておくことも大切です。

依頼内容や状況によって、調査にかかる時間や調査員の数が変わるので、費用は一概には言えません。

探偵に調査依頼をすると、大体の相場は10万円~50万円程となります。

自分で尾行や張り込みをするのはリスクがあり、対象者にバレてしまうことも…。

探偵事務所に探偵依頼すれば、確定的な証拠を掴むことができて今後の展開に影響します。

離婚をする・しない、損害賠償を請求する・しない関わらず、不貞行為が分かる決定的な証拠を持ってることは大事です。

言い逃れはできなくなるので、誤魔化されたり、損害賠償の未払いといったリスクを抑えることができます。

探偵に依頼する料金プラン

探偵に調査を依頼する際には、3つの料金体系から選ぶことができます。

▼3つの料金体系
⑴時間制…調査員1人あたり1時間ごとに支払う

⑵パック料金制…経費など全てコミコミのプラン

⑶成果報酬制…着手金を支払い成功した後に残りを支払う(失敗した際は残りの支払いは不要)

調査対象者の情報を多く持っていて、日常の行動パターンがある程度読めている場合は、短期間で調査終了となる可能性があるため、時間制が適しています。

ただし、調査時間が長くなればなるほと費用は高くなるので注意しましょう。

あまり情報がなく、調査時間が長期化すると予想される場合は、パック料金を選ぶことをおすすめです。

パック料金ならば交通費や出張費といった経費が予め込となっているため、追加料金がなく安心です。

1時間あたりの料金は時間制よりも割安ですが、早く調査が終わった時もパック料金を全額支払うため損してしまうことも…。

そのため、パック料金プランは長期化する依頼に適しています。

居場所を調査してもらう場合は、成果報酬制を選ぶと良いでしょう。

調査開始前に着手金は支払いますが、残りは成功した後に支払うため安心です。

万が一、求める結果が得られなかった場合は残りの調査費用を支払う必要はありません。

プランの選び方は、自分はどれに適しているか相談をしてプラン毎に見積もり依頼することをおすすめします。

探偵事務所選びで損しないために

悪質な探偵事務所に依頼して損しないためには、運営実績がある、料金体系が明確なことを確認しておきましょう。

これまでの運営実績が長く、口コミでも評判の探偵事務所は信頼性が高いと言えます。

優良な探偵事務所はホームページで料金プランを明確に提示しており、見積り依頼を受け付けています。

正確な見積もり額が出たら、追加料金が発生することはなく、必要は場合は必ず依頼主の了解を得てから調査を続行します。

料金体系が明確ではない業者や契約の際に、追加料金の説明がない場合は悪徳な業者の可能性が高いです。

後から追加料金の支払いを請求されて、相場よりも高い費用になってしまうので注意しましょう。

まとめ

探偵依頼における追加料金とは、調査の延長をするときに発生する料金です。

通常は見積もり金額以上の追加料金が発生することはなく、無理に追加料金を払う必要はありません。

探偵事務所選びには十分に注意をして、損をしないためにも、料金プランも自分に合ったものを選択することが大切です。