ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

彼が既婚者だと知らなかった!慰謝料は請求される?できることはどんなこと?

「彼が既婚者だなんて知らなかった!」
「奥さんに慰謝料を請求されるかも…」

彼が既婚者だと知らずに付き合っていて、実は不倫をしていたなんて、ショックですよね。
ショックなだけでなく、法的に不利な立場に立たされないのか心配ではありませんか?

この記事では、

・彼が既婚者だと知らず交際していても、法的に訴えられてしまうの?
・どんなときに、慰謝料を支払う義務が発生するの?
・彼が既婚者かもしれないと思ったら、どうしたらいい?

という疑問について、お答えしていきます。

彼が既婚者だと知らなかった場合、慰謝料は請求されるの?

既婚者だと知らずに付き合っていた場合、彼の奥さんに慰謝料を払わなければならないのでしょうか。結論から言うと、本当に知らなかったのであれば慰謝料の支払い義務はありません。

ただし、「本当に知らなかった」ということを証明しなければなりません。「既婚者だと知らなかった」と言えば、慰謝料を支払わなくてすむということではないのです。

では、どういうケースでは慰謝料の支払い義務がないといえるのでしょうか。ここからはその条件について、お伝えします。

不倫慰謝料の支払い義務が発生するのはどんなとき?

まず、不倫慰謝料を支払わないといけない条件についてお伝えします。

不倫に関わる法律である、民法第709条には以下のように書かれています。

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
(財産以外の損害の賠償)

ここには、「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者」とあります。不倫慰謝料の場合、「故意」と「過失」には、それぞれ以下のような意味があります。

故意……相手が既婚者だと知りながら交際した
過失……相手が既婚者だと注意すればわかったはずなのに、その注意を怠った

上記に当てはまると判断される場合、不倫慰謝料の支払い義務が発生します。それぞれについて、以下に詳しくお伝えします。

不倫における、「故意」による権利侵害

不倫における、「故意」による権利侵害とは、「相手が既婚者だと知りながら交際した」ことを指します。

あなたが本当に相手のことを既婚者だと知らなかったなら、慰謝料の支払い義務はないのです。

しかし、裁判になった場合、「本当に知らなかったという証拠」が必要になります。

実は、「証拠が不十分で慰謝料を支払うことになるケース」が裁判事例ではほとんどです。

「相手が既婚者だと知らなかった」と主張するためには、以下のような証拠が必要です。

・相手が独身だとしか思えないような内容のメールやLINEの履歴
・婚活パーティーで知り合ったという証拠

本当に知らなかったのであれば、証拠を集めるようにしましょう。法律上では、「相手が既婚者だと知りながら交際していた」場合、慰謝料を支払う義務が生じます。

不倫における、「過失」による権利侵害

不倫における、「過失」による権利侵害とは、「相手が既婚者だと注意すればわかったはずなのに、その注意を怠った」ことを指します。

前述の通り、「不倫慰謝料の支払い義務がない」と判断された裁判事例は多くありません。交際中に相手が既婚者なのかもしれないと気づける可能性は高く、「注意を怠った」と判断されることが多いからです。

以下のような状況であれば、「注意すれば、相手が既婚者だとわかる状況だった」と判断されてしまうでしょう。

・職場で関係があった(社内では既婚者であると知られているはず)
・左手薬指に指輪をしていた
・既婚者であるような言動があった

上記のような状況が認められてしまうと、相手からは独身であると言われていたとしても、慰謝料の支払い義務は発生してしまいます。

「不倫慰謝料の支払い義務がない」と言える条件とは

ここまでで、不倫慰謝料の支払い義務がある条件についてお伝えしてきました。

まとめると、不倫の慰謝料を支払う義務がないと言える条件は、以下の通りです。

・本当に既婚者だと知らなかったという証拠がある
・「注意すれば既婚者だとわかる」という状況ではなかった

実際に、不倫慰謝料の支払い義務がないと判断された判例をご紹介します。

2人は婚活パーティーで知り合い、名前・年齢・学歴・職業を偽られていました。その後も既婚者であるような言動はうかがえず、相手が既婚者だと気づくことは困難だったと認められたのです。

婚活パーティーは、独身者であることが前提で参加するものです。それに、あらゆる情報が嘘で塗り固められており、言動からも既婚者だと気づけなくても仕方がなかったと判断されたものだと思われます。

上記のような状況であれば、「不倫慰謝料の支払い義務がない」と言えますが、個人が判断するのは難しいと思います。慰謝料の請求をされた場合は、早急に弁護士事務所に相談されることをおすすめします。

「既婚者だと知らなかった」と言えば、慰謝料は支払わなくてすむ?

「既婚者だと知らなかった」と言っても、慰謝料の支払いを免れることはあまりありません。

前述の通り、以下のものが必要になるからです。

・本当に知らなかったという証拠
・注意しても既婚者だとわかりようがなかった状況

そして、2人は親しい関係にあったわけですから、「注意しても既婚者だとわかりようがなかった状況」でないことがほとんどです。

本当は既婚者だと知っていて交際を続けており、慰謝料の支払いから逃れるために「知らなかった」と言った場合、相手の怒りをかってしまうことになり、話し合いも難しくなる可能性があります。

「知らなかったと言えばすむ」ということでは、決してありません。

彼が既婚者かもしれない…あやしいと思ったら

「彼が既婚者かもしれない…」あなたがそう思うなら、「既婚者だと気づいていたのに交際を続けていた」として後々慰謝料を請求される可能性があります。

相手を問い詰めたり、自ら証拠を探したりするのは苦しいことでしょう。しかし、「既婚者かもしれない」と思いつつ交際を続けるのは、後々慰謝料を請求される可能性があるなど、あなたの立場を悪くしてしまいます。

嘘をついて近づいてくる男性と決別することは、あなたの身を守ることにつながります。そのまま交際を続け、本当に彼が既婚者だった場合、あなたは慰謝料を請求されるだけでなく、彼から切り捨てられる可能性もあるのです。

あやしいと思ったら、一度しっかりと証拠をみつけ、場合によっては慰謝料を請求すべきでしょう。独身であると偽ってあなたに近づいているわけですから、あなたは彼に慰謝料を請求することができます。

請求できる金額は、交際期間や、相手がどれだけ悪質だったかによりますが、残念ながらあまり高額になりません。100万円未満になることが多いのが現実です。

しかし、彼が本当に既婚者なのか知り、嘘をつかれていたと気づいたなら、慰謝料を請求する意味は十分にあると思います。

ご自身で証拠を集めるには、やり方によってはプライバシーの侵害に抵触し、逆に訴えられることもあるので注意が必要です。また、あなたが疑っているとバレてしまうと、彼は隠そうとしてきますので、それ以降証拠を集めることが困難になってしまいます。

明確に彼が既婚者か確認したい場合は、一度探偵事務所に相談されることをおすすめします。裁判に有利になる証拠を集めますし、彼が既婚者かどうか知る、最も確実な方法です。

ランニング探偵事務所では、初回のご相談を無料で承っております。浮気などに強い弁護士とも提携しておりますので、裁判になった場合も引き継ぐことが可能です。

当事務所の代表は女性であり、お客様もそのほとんどが女性の方です。慰謝料を請求するかどうかなどのご相談にも丁寧に対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

彼が既婚者だと知らなかったとしても、状況によっては慰謝料を請求されてしまう場合があります。

「彼が既婚者かもしれない……」

そう思ったなら、後々奥さんから慰謝料を請求されたり、彼から切り捨てられたりと、あなたの立場は悪くなってしまう可能性があります。

彼に怪しいそぶりがあるのなら、一度しっかりと調査を行い、既婚者なのかまたは浮気をしているのか、明確にされてはいかがでしょうか。場合によっては、彼に慰謝料を請求することも可能です。

ランニング探偵事務所では、浮気調査に力を入れております。プロの目線でご相談にのることができますので、まずはお気軽にご相談ください。

あなたにとっていい結果になるように、全力で対応いたします。