ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

離婚が理由の転職は不利?離婚と転職の関係性を解説!

「離婚しても転職ができるか不安」
「転職するタイミングがわからない」

あなたは、離婚してからの転職に戸惑っていませんか?

一昔前は、離婚者の採用を避ける企業がいました。
しかし、現在は離婚者の採用を避ける企業が、ほとんどいないのです。

この記事では、なぜ離婚者の採用が避けられなくなっているのかを解説します。
転職するタイミングもあわせて解説しているので、転職時の参考になれば幸いです。

離婚することによる転職への影響は?

離婚をすることによって、転職に影響しない傾向にあります。
その理由は、現在の風潮によるものといえるでしょう。

一昔前は、離婚をする人は、非常に珍しかったです。
珍しいがために、離婚者を怪しむ人や企業が多くいました。

しかし、現在では、離婚経験がある人は、決して珍しくありません。
平成30年の厚生労働省による統計では、20万7千組が離婚をすると推計されています。
出典
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei18/dl/2018suikei.pdf#search=’%E5%B9%B3%E6%88%9030%E5%B9%B4+%E9%9B%A2%E5%A9%9A%E8%BB%92%E6%95%B0′

多少の上下はありますが、このぐらいの離婚件数が、ここ数年続いています。
今や離婚経験がある人は、珍しくなくなっているのです。

離婚に理解ある人が増えたため、離婚暦によって採用に影響を受けにくい時代となっています。

また、採用面接時には、仕事に影響しそうなことを話すとよいでしょう。

あなたが離婚することを、採用担当者に話す必要はありません。
しかし、離婚後に大きく生活が変わるのなら、その点をしっかり話し合うことを推奨します。

たとえば、子どもの送り迎えの時間や、休日出勤に関してなど。

仕事に影響を及ぼしそうなことを話しておかないと、企業側にとってもあなたにとってもマイナスとなってしまいます。
最悪の場合は、シフトを減らされて、自主退職に追い込まれるかもしれません。

これを避けるためにも、仕事に影響しそうなことは、できる限り話すことをおすすめします。
離婚自体は欠点となりませんので、嘘をつかないようにしてください。

転職するタイミングは離婚後がよい理由

離婚後は、生活環境が一変します。
家計の柱となり、居住先や生活サイクルが変わるからです。

離婚後なら、それらが確定するため、就職先を選びやすくなります。
同時に、企業側からしても、離婚後のほうが不安材料が少なく済むのです。

このように、離婚後に転職をするメリットはいくつもあります。

以下で解説する内容は、離婚後に転職するメリットです。
就職活動をするタイミングの判断材料となれば、幸いです。

仕事に対する熱意が伝わりやすい

離婚後に転職をすることで、仕事に対する熱意が伝わりやすいくなります。
離婚後は、経済的に厳しくなることが予想されるからです。

結婚しているときは、あくまで家計の補助として働く人が多くいます。
多少の収入があればよいだけなので、仕事より、家庭優先と考える人が多いのです。

しかし、離婚してからは、家計の主軸にならなくてはいけません。

生活費を稼ぎ、子どもを育てる。
これをおこなうためにも、より熱心に仕事をすることになるでしょう。

企業側も、このことを熟知しています。

「離婚したから、経済的に厳しいだろう」
「お金を稼がなければいけないから、熱心に働いてくれるだろう」

企業側は、このようなことを期待するのです。

このように、離婚をした人は、熱心に働く傾向にあります。
そして、企業側もそのことを理解しているので、離婚している人に期待するのです。

勤務時間や勤務地を気にしなくてよい

離婚後なら、勤務時間や勤務地を気にしなくてもよくなります。
これは、離婚して別居している状態であれば、居住や親権の有無などが確定しているためです。

離婚が未確定のときは、離婚後にどこに住み、どのような生活サイクルになるのかわかりません。
せっかく採用されたのに、「引越し」「子どもの送り迎えに間に合わない」などの理由で辞めなければいけないことがあるのです。

しかし、離婚している状態ならば、居住先、親権の有無や生活サイクルが確定されます。
それを軸に就職活動をおこなえば、急に仕事を辞めて企業に迷惑をかけることを避けられるでしょう。

このように、離婚前だと離婚後の状況が未定で、把握しづらい傾向にあります。
離婚後なら、それらが確定するため、シフトや出勤地を決める軸ができ、あなたに適した就職先を探し出せるのです。

企業側としても採用しやすい

離婚後のほうが、企業側としても採用しやすい面があります。
離婚が未確定の人は、離婚後にどのような行動をとるのかが不透明だからです。

企業側としては、できるかぎり長く、熱心に働く人材を探しています。
また、入れるシフトや時間帯がはっきりしている人が好まれる傾向です。

しかし、離婚前の人は、離婚後に急に仕事を辞める可能性があります。
理由はさまざまですが、これは企業側からしたら、大きな損失となるのです。

そのため、企業側は、急に辞めない人を採用しようとします。

離婚後の人なら、急に辞めるという可能性を抑えられます。
離婚後の生活サイクルや条件が、確定しているからです。

このように、企業側からしても、離婚後の方が採用しやすい傾向にあります。
もし、離婚前から就職活動をする人は、企業が心配する不安要素をできる限り説明できるようにするとよいでしょう。

転職先での名字はどうする?

転職先での名字は、企業によって対応が異なります。
そのため、企業の人事部に相談することがおすすめです。

具体的には、たとえば採用面接時に離婚していなくても、離婚が確定している場合。
入社間もなく、名字が変わることを避けたいと考える人もいるでしょう。

そのとき、人事部に相談すれば、離婚していることを伏せてくれたり、離婚していなくても旧姓の名字を使わせてくれたりします。
しかし、これは企業によって対応が異なるので、人事部と相談しなければいけません。

ちなみに、離婚が成立していない場合は、採用面接時に離婚前の名字を記入することを推奨します。
社会保険のような公的文書には、戸籍と同じ氏名を使う必要があるからです。

たとえ口頭で現状を説明したとしても、公的文書を作成する時に名字を間違えてしまう可能性があります。
これは、企業側に余計な仕事を増やさせてしまうということです。

そのようなことを避けるためにも、離婚が成立していない場合は、履歴書のような書類に離婚前の名字を記入するとよいでしょう。

まとめ

離婚経歴は、転職を不利になりません。

一昔前までは、不利になる可能性がありました。
しかし、現在では離婚経験がある人が多くいるため、離婚が一般的になったのです。

そのため、現在では離婚経歴は、転職において不利にはならない傾向にあります。

しかし、就職活動をするときのタイミングは重要です。
離婚前後では、生活が一変し、あなたが指定する就職先の条件が変わる可能性があります。

せっかく就職したのに、離婚による生活環境の変化が原因で、仕事を辞めなければいけなくなるかもしれません。
これは、企業側に大きな損失を与える可能性があります。
また、あなたも再び就職活動をしなければいけないので、精神的・肉体的負担が大きくなるでしょう。

このように、就職活動をするときのタイミングは、とても重要です。
離婚経歴によって、転職が不利になることはありませんが、就職活動をするときのタイミングをよく考える必要があります。

もし、離婚前に就職活動をするのなら、離婚後にどのように生活が変化するのかを考えましょう。
そして、採用担当者に、仕事に影響しそうなことに関して、細かく説明することをおすすめします。