ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

浮気の再発を防ぐ誓約書の書き方とポイント

パートナーの浮気を許した際に、再発が不安になっていませんか。
「浮気は文化」という言葉があるように、浮気は尽きるものではありません。
そこで、浮気の再発防止に効果的となるものが誓約書です。

・旦那の浮気を許したが、再発が不安だ
・浮気を再発させない方法を知りたい
・誓約書の作成方法が知りたい

このような不安やお悩みは、誓約書を作成することで解決することができるのです。
今回は、浮気の際春を防ぐ誓約書の書き方とポイントについて解説いたします。

浮気防止のための誓約書を作成するメリットは?

浮気防止のために誓約書を作成することのメリットは以下の通り。

・浮気の再発を防ぐ
・法的効力を持たせる

それぞれのメリットについて、詳しく解説いたします。

浮気の再発を防ぐ

誓約書を作成すると、浮気の再発を防ぐことができます。
浮気が発覚した旦那は、当然反省をしています
しかし、浮気発覚直後は反省していても、時間の経過とともに反省の色は薄れていくものです。
しばらくして旦那が浮ついているとき、誓約書が作成されていると、その存在が旦那に精神的な不安や圧を与えます。
誓約書には、一度発覚した浮気や慰謝料の支払いについて記載されているため、二度目の浮気は慰謝料の支払いや離婚を進める際に、非常に不利な状況を作り出します。

誓約書の作成に伴う精神的な不安が、浮気再発の防止に繋がるのです。

法的な効力を持たせる

誓約書は正しい書き方で作成することで、法的効力を持たせることができる。
法的効力を持たせると、次のような働きがあります。

・慰謝料の支払いに関して有利になる
・離婚手続きに関して有利になる

誓約書を作成するうえで、最も重要視されることは慰謝料でしょう。
誓約書を作成し、慰謝料の有無・金額について記載され、夫婦が互いに同意した場合、浮気をした際に、慰謝料を払う意思があると判断されます。
旦那の浮気が再度発覚した際には、慰謝料の支払いを逃れることは難しいでしょう。

また、誓約書の法的効力は離婚の手続きに関しても、有利に働く可能性があります。
浮気が発覚し、旦那に離婚を申し立てた際に、お互いにが合意すればスムーズに離婚することが可能です。
しかし、旦那に離婚を申し立てた際に、旦那が離婚を拒否し互いの合意がない場合、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることになります。
離婚調停の際に、誓約書を提示することで離婚が有利に進むことにもつながります。

ただし、このような法的効力は正しい書き方で作成された誓約書のみが対象です
それではどのような書き方で、誓約書を作成すればよいのかを解説いたします。

誓約書に記載すべき項目

正しい書き方で誓約書を作成するには、記載すべき項目を把握することが重要です。
誓約書の記載内容によっては、誓約書の効力が薄れてしまうことや、法的効力が皆無になる可能性もあるので、ご注意ください。

1.浮気の事実(具体的であればなおよし)
2.浮気の期間
3.浮気に関する反省
4.浮気防止のための禁止行為
5.浮気が再発した際の慰謝料の金額(現実的な金額でなければいけない)
6.慰謝料の支払い方法や支払期限(一括・分割、即時)
7.離婚の有無・条件
8.夫婦互いの署名・捺印・日付(手書きのほうが良い)

誓約書に記載するべき項目は、上記10点です
もちろん浮気のケースや夫婦の考え方によって、項目の増減はありますが、一般的に記載しておいたほうがよいとされている項目は以上です。

それぞれの項目について、詳しく解説いたします。

浮気の事実(具体的であればなおよし)

浮気があった事実は、必ず記載するようにしましょう
記載されている内容の信ぴょう性を上げるために、どのような浮気行為があったのかをなるべく具体的にことが大切です。

例えば、旦那が浮気した場合。
私、○○ ○○(旦那の名前)は、●● ●●(妻の名前)さんと婚姻関係にあるにも関わらず、2019年2月4日の日中に△△ △△(浮気相手の名前)さんと、□□市のラブホテル◇◇に行き、性行為をいたしました。

このように、いつどこで誰とどのように浮気が行われたのかを、明確に記載するようにしましょう。

浮気の期間

浮気の期間が長い場合は、実際に浮気をしていた期間を記載しましょう。
どれくらいの間、浮気をしていたかが慰謝料や離婚調停などに影響する可能性もあります。
浮気の期間も把握できる日時を明確に記載しましょう。

浮気に関する反省

旦那の浮気に対する反省を記載ことも大切です。
一度行った浮気に対して、反省していることを記載することにより、二度目の浮気が発覚し、離婚調停などに至った場合、離婚を有利に進められる可能性があります。

・もう二度と浮気はしません
・深く反省しております。

などの文言を記載してもらいましょう。

浮気防止のための禁止行為や誓約行為

浮気の反省の後には、浮気の再発を防止するために禁止行為を記載しましょう。
禁止行為を記載することによって旦那の行動を制限するほか、二度目の浮気が発覚し離婚調停などに至った場合に、離婚を有利に進められる可能性があります。

例えば、
プライベートで女性と会う際には、妻に「相手の女性との関係性・交友期間・会う時間」などをその都度、事前に報告いたします。
このような浮気の再発を防止する誓約行為や禁止行為を記載しておきましょう。

浮気が再発した際の慰謝料の金額(現実的な金額でなければいけない)

忘れてはいけないことが慰謝料の金額です。
ごくまれに慰謝料の金額を、1億円などの莫大な金額にしようとする方がいますが、現実的ではありません。
旦那が一流の芸能人やスポーツ選手であれば、請求可能な額かもしれませんが、一般的ではないので、旦那の年収や貯金を目安に現実的に支払いが可能な額を記載するようにしましょう。

慰謝料の支払い方法や支払期限(一括・分割、即時)

慰謝料の金額が決まったら、その支払い方法と支払期限を明記しましょう。

・一括
・分割(支払回数)
・手渡し
・振込

などの支払い方法は確実に記載しましょう。

また、浮気発覚後、いつまでに慰謝料を支払わなければいけないのかという、支払期限など。
支払方法や支払期限などを決めておかなければ、実質返さなくてもよいと判断され、慰謝料を手に入れることが難しくなる可能性があります。

離婚の有無・条件

浮気が発覚した際に、浮気の有無や離婚の条件などを記載することも重要です。
浮気が発覚した際に離婚をするのか、しないのかは記載しておくことで、浮気発覚後の離婚手続きがスムーズになります。

また、親権や遺産などをどうするのかという点も、具体的に記載しておくことで浮気発覚後の協議や裁判がスムーズになる可能性があります。

夫婦互いの署名・捺印・日付(手書きのほうが良い)

誰と誰の間で、いつ締結された誓約書なのかを明確にするためにも、署名・捺印・日付を夫婦がそれぞれ記載するようにしましょう。

署名に関しては、本人が手書きで書くことが良いとされており、捺印に関しては、シャチハタは控えて、実印で判を押してもらうようにしましょう。

誓約書は手書きで作成するべき?

誓約書は手書きでなければ、法的効力を成さないの?という疑問をお持ちの方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。
基本的には手書きでも、活字でも問題ありませんが、前述したように署名は必ず、手書きで行うようにしましょう。

まとめ

浮気の再発防止には誓約書の作成が有効です。
誓約書を作成することで、次のようなメリットがあります。

・浮気の再発を防ぐ
・法的効力を持たせる

法的効力を持たせることで、二度目の浮気が発覚した際の、離婚調停や裁判で有利になる可能性があります。
必ずしも、作成しなければいけないものではありませんが、浮気を一度経験したからには、リスクヘッジとして、誓約書を作成することをおすすめします。