ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

NLJD-盗聴器発見器

NLJDとは、「ノンリニア・ジャンクション・ディテクター」と呼ばれる非線形接合検出器を指します。

当事務所が盗聴器の発見のために使用しているのはNLJD-403PHという型で、自動検索モード、手動検索モード、オーディオ検索モードの3つの検索モードが搭載されており、快適な操作性を実現するために人間工学に基づいたユニバーサルデザインが採用された優れものです。

当事務所では盗聴器の発見に使用しており重宝しておりますが、機密研究や開発を行う施設の入退場の際のセキュリティチェックや、刑務所内に密かに持ち込まれた電子機器の調査にも利用されており、その利用幅の広さから非常に優秀な機材であることが伺えます。

 

また、今回紹介する型以外にもさまざまなタイプのNLJDがありますが、NLJDはもともと盗聴器や小型の録音機器などの個人情報や機密情報を入手するための小型の機器を検出するために作られたものです。そのため、盗聴器の発見には最適な機械であり、マイナーチェンジを繰り返していく中で、検出力だけではなく使いやすさも最大限追求して作られたのがこのタイプになります。

機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムにより検出の際の誤警報が著しく少ないことも特徴の一つであり、非常に精密な盗聴器調査を実現することが可能で、対象機器の電源のオン・オフや通信・発信の有無にかかわらず機器の特定が行える盗聴器の発見をはじめ、探偵の調査には必須のアイテムと言えます。

盗聴器の検出には充電池を利用しており、充電池2個で3〜4時間、4個で6〜8時間もの連続運転が可能で、比較的スペースの狭い一般家庭の検査だけではなく、大規模なオフィススペースの調査にも向いていると言えます。

高性能な調査力・検出力に加え、替えのきく充電池を使用するという点でも、場所や環境にかかわらず盗聴器の発見に必ず役立ちます。