ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

【離婚を考えているあなたへ】離婚のメリット・デメリットを紹介

子どもがいる女性にとって、離婚することはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

実際に離婚を経験した女性の体験談を交え、離婚によるメリットとデメリットをご紹介します。

また、離婚を考えた時に、今一度考えるべきことも合わせて記載しています。

 

離婚をするメリット

離婚をすることにより、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ネガティブな気持ちがなくなる

離婚を考えている方は、夫と過ごす生活に不満を抱えている方がほとんどでしょう。

一緒に生活することに対するストレスやどのように離婚の話を進めていくかという不安が多く、ネガティブな気持ちで過ごす時間が多くなります。

離婚をすることでネガティブな感情がなくなり、スッキリとした気持ちで日々を過ごすことができるようになります。

 

新しい人生をスタートすることができる

夫がDVをする場合や浪費癖がある場合、妻が受ける精神的ダメージや疲労感は非常に大きいものです。

離婚をすることで夫から受ける被害から逃れることができ、新しい人生をスタートすることができます。

 

子どもに良い影響を与えるケースがある

夫が妻にDVを行っている場合や、夫婦仲が悪い場合、子どもはどのように感じているでしょうか。

子どもに与える影響を考えると、両親の離婚が穏やかな生活へと繋がるケースがあります。

 

夫関係の悩みがなくなる

夫自身の問題だけでなく、夫の家族や会社の同僚との関係に悩まされることがなくなります。

夫の両親が威圧的なタイプの場合、ストレスを抱える妻が多く離婚することにより平穏な生活を送ることができます。

 

新しい恋愛、再婚ができる

離婚すれば、新しい恋人をつくることも、再婚することもできます。

考え方や生活スタイルが違う夫と過ごしストレスを感じ続けるのはやめて、第二の人生をスタートするのも良いのではないでしょうか。

 

離婚をするデメリット

では、離婚をすることで生まれるデメリットもみていきましょう。

 

経済的な問題

子どもがいる夫婦の場合、育児のために妻が時短勤務やパートという働き方を選んでいるケースが多くあります。

また、共働きの場合でも夫の収入の方が多い場合、離婚することで生活水準が下がる可能性がでてきます。
現在のような生活はできなくなる可能性を念頭に置き、しっかりと働き節約して生活していく覚悟が必要になるかもしれません。

離婚を考える際には生活設計をしっかりと見直し、生計を立てられる自信をもってから手続きをはじめた方が良いでしょう。

 

子どもへの影響

親が離婚すると、親権を持っていない親と会えず子どもが寂しくなる可能性も考えられます。

また、引っ越しが必要な場合は転校が必要になります。名字が変わることで学校の友達に説明する必要もでてくるかもしれません。

子どものことを考え離婚がどのような影響を与えるか、しっかりと考えてみましょう。

 

周囲の反応が変わる可能性がある

離婚やシングルマザーに対して悲観的に考えている人もいます。何らかのトラブルが発生したときに「シングルマザーだから…」という言われ方をする覚悟も必要でしょう。

こういった事態にも負けない強い精神力が必要になることも頭に入れておきましょう。

 

離婚をして、幸せになったケース

実際に離婚をした結果、幸せな人生を歩んでいる方のケースをご紹介いたします。

 

きちんと働かない夫と別れてさまざまな負担から解放された

Mさんは20代前半で結婚、2人の子どもに恵まれました。

結婚して数年後に夫が飲食店をオープン。妻であるMさんも子育てをしながら店の手伝いをして忙しい日々を送るようになります。

しかし、徐々に店の経営のほとんどをMさんに任せるようになり、さらに暴力を振るうように。精神的にも肉体的にも限界を迎えたMさんは離婚を決意します。

Mさんは、「シングルマザーは大変だけど、結婚していた頃に比べたら今の方がはるかに良い生活をしている。子どもたちも元夫の暴力に気づいていたらしく、ママの味方だよって言ってくれるから頑張れる」と笑顔で言っています。

 

夫の家族による束縛から解放された

30代のAさんは、結婚後義理の両親と同居することになりました。

同居をはじめて間もない頃から、夫が仕事で家にいない間義両親からの嫌がらせを受けるように。夫に話しても全く聞く耳をもってもらえなかったそうです。

「このままでは、子どもにも自分にも負担が増え続けてしまう」と考えたAさんは契約社員の仕事につき、やがて正社員に。

自分1人で子育てできるという自信をつけてから、離婚に向けて動き始めました。
長年かけて用意していた嫌がらせ行為の証拠も功を奏し、慰謝料や養育費をもらい離婚が成立。

子どもや自分の生き方を考え、着実に離婚の準備をしていたからこそ無事に離婚が成立したケースです。

 

夫の借金から解放された

結婚当初は幸せに過ごしていたというNさん。

しかし子どもが生まれた後、夫に借金癖があることが発覚。
どんなに節約を心掛けていても、子どもの学費を貯めることもできませんでした。

Nさんはシングルマザーになった今、自分の意思で節約や貯金ができるため気持ちが楽になったそうです。

 

離婚を決めたあなたに、今一度考えてほしいこと

離婚の準備に取り掛かる前に、今一度考えてほしいことがあります。

 

離婚後の経済的な計画は、具体的にたっている?

離婚後の経済的な計画を再度見直してみましょう。

結婚後、2人で築いた財産は50%の割合で双方で分け合うというのが財産分与の原則です。
つまり、家族で使う車を買ったときのローンや、住宅ローンも財産分与の対象とみなされるのです。

離婚を考える時には、その意思を夫に伝える前に所有している住宅の価値や車・住宅ローンの残高をあらかじめ調査しておきましょう。

また、子どもがいる場合養育費をもらえるから問題ないと考えている方も多いようですが、これも注意が必要です。
養育費を子どもが学校を卒業するまで払われないケースも実際にあります。

夫の不貞行為や暴力が原因で離婚する場合、慰謝料をもらえるケースもありますが、そのためには証拠が必要です。

離婚すれば、財産分与や養育費、慰謝料をもらえるから金銭的には問題ないと安心していると実際生活が苦しくなることも考えられます。

離婚を考える場合、安定した収入を得ることや両親の協力を得ることもしっかりと考えて計画を立てることが必要です。

 

周りの目を気にせず、気持ちを強くもてる?

シングルマザーや離婚経験がある女性に対して偏見をもっている人が少なからず存在します。

近所の人や、子どもの学校関係の人から非難されたとしても気持ちを強くもち、子どもをしっかり守る覚悟を持たなければなりません。

様々なリスクも見据えた上で、離婚の準備に取り掛かる必要があります。

 

まとめ

離婚によるメリット、デメリット、離婚の準備をする前に改めて考えるべきことを紹介しました。

子どもがいる場合、離婚は自分たちだけの問題ではありません。
経済的にも、精神的にもしっかりと準備を整えてから離婚に進むことが大切です。

再度、あなたが離婚した場合の状況をしっかりとイメージしてみましょう。

離婚を決めた場合、離婚を夫に切り出す際には準備が必要です。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

離婚を決めた場合も、離婚を切り出す際には準備が必要です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

夫に離婚話を切り出すには?準備から具体的な方法、注意点までまとめて解説!