ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

夫の浮気相手は年下女性が多い!その理由と対処法を徹底解説!

夫の服装や趣味に変化はありませんか?

もし、あなたの夫の服装や趣味が若返っているのでしたら、年下女性と浮気しているのかもしれません。

この記事では、夫と年下女性が浮気する理由と証拠をつかむ方法を解説していきます。

もし、あなたの夫に浮気している気配を感じるのでしたら、以下を内容を参考にしてください。

 

夫が年下女子と浮気する理由とは?

男が浮気する相手は、ほとんどが年下の女性です。
いったいそれは何故なのか。
以下では、その疑問を解消していきます。

 

外見的に年下の女性が好み

年下の外見が好きで年下の女性と浮気をする男性は、多くが体目当てです。
妻が失ってしまった以前までの若々しさを求めたり、セックスレスだったりという理由で、年下の女性に関係を求めます。

そのため、遊びであることが多く、離婚を考えておこなう浮気ではありません。
浮気がバレても、あなたとの離婚はとても嫌がり反省するでしょう。
しかし、性欲がなくなるまで浮気を繰り返す傾向にあるので、注意しておきたいタイプです。

 

年下の女性に頼られたい

年下の女性に頼られたいと考える男性は、夫婦の関係が破綻していたり、家に居場所がなかったりしています。
そのため、年下の女性に頼られることにより、優越感を得て心を満たそうとするのです。

このタイプの男性は、職場における上司・部下の関係が浮気に発展する傾向にあります。
それは、仕事や精神が未熟な年下の女性に頼られることによって、自分の必要性を見出すからです。

しかし、このタイプの男性は、まじめな人が多い傾向にあります。
ですので、年下の女性とは心を癒すための浮気であって、離婚を考えておこなうケースは稀です。

 

以前までのような恋愛をもう一度

昔のような恋愛をしたい、そう考えて浮気するのがこのタイプです。
このようなタイプの男性は、恋愛をすることが目的ですので、若い子に言い寄られるとすぐに浮気をしてしまいます。

そのため、遊びの関係で終わることがほとんどです。
しかし、何度も繰り返してしまう傾向にあるので、注意してください。

若いころはモテていた人ほどこのタイプの浮気をしやすいです。
昔の夫が昔から女性に好まれるようなタイプでしたら、警戒する必要があるでしょう。

 

年下女子が夫と浮気をする理由とは?

多くの男性は、年下の女性にちょっかいをかけられるとすぐにその気になってしまいます。
では、年下の女性が年上男性と浮気をする理由はなんなのでしょうか。
以下では、年下女子が夫と浮気をする理由を解説していきます。

 

経験のための恋だと考えているタイプ

20代前半で多いのが、このタイプです。
自分より年上の男性は、収入的にも経験的にも同い年の男性に勝っています。
そのため、年上の男性と交際すれば、同い年の男性と交際しても得ることのできない経験や体験を得ることができるのです。

このような目的で年上男性と浮気する女性は、とにかくお金を使わせます。
普段行けないような高級な飲食店や宿泊施設などを要求するのです。
そのような経験や体験するために浮気をしているのですから。

しかし、このタイプの女性の多くは、本気で年上の男性と結婚しようとは考えていません。
ですので、バレそうになったり、飽きたりしたら、自然にフェードアウトしようとします。

 

まっすぐな恋をするタイプ

仕事に夢中で恋愛をしてこなかった人は、30代前後であせり始めます。
このような女性は、恋愛を多くしてこなかったので、甘やかしてくれる既婚男性が魅力的と感じてしまうのです。

一途な愛情を注ぐ傾向のあるこのタイプは、一度不倫をすると周りが見えなくなってしまいます。
そうなると、すぐにぼろが出て、浮気が発覚することに。

しかし、このタイプの女性はまじめで、本気の恋愛をしているケースが多いです。
そのため、慰謝料の請求を求めた裁判など、大事に発展してしまいやすい傾向にあります。

 

正妻の座を奪いに行くタイプ

正妻の座を奪いに行くタイプの女性は、本気で結婚しようと考えています。
この点は、「まっすぐな恋をするタイプ」と同じなのですが、女性の傾向が違うのです。

「まっすぐな恋をするタイプ」は、恋愛経験が少ないために、自分の恋だけを求めていました。
まわりを警戒していないので、すぐにぼろが出るなどのミスを犯してしまいがちなのです。

しかし、「正妻の座を奪いに行くタイプ」は、恋愛経験に富んでいます。
そのため、あなたのことを常に敵視し、離婚させる方法を画策しているのです。

このタイプの女性は、既婚者のケースが多くあります。
お互いに家庭を築いているため、問題の清算はもっとも困難になる可能性が高く、もっとも悪い結末となる傾向にあるのです。

 

本当に夫が浮気しているのかチェックしよう

浮気しているときは、夫に変化が見られます。
以下では、その変化を解説しますので、あなたの夫に同様の変化が見られないかチェックしてみてください。

 

服装が若々しくなった

今まで服装にそれほど気をつかっていなかった夫が、オシャレに目覚めたら注意してください。
浮気をしている場合は、服装に気をつかう場合が多いからです。

特に、年下の女性と浮気している場合は、服装が若々しくなります。
それは、浮気相手と並んで歩いても、違和感がないようにするためです。

ですので、普段より服の購入が増えたり、購入する服の傾向が変わったら、浮気しているのかもしれません。

 

趣味が変わった

筋トレやランニングなど、今まで興味のなかった趣味をしだしたら警戒してください。

特に、医者に注意されたわけでもなく、体を鍛えだすときは浮気などの理由が多いです。
また、若者に受けるような趣味に興じ始めた場合も、浮気をしている可能性があります。

まったく興味を示さなかったことを趣味とし始めたら、その原因を模索してみましょう。

 

若い子の間で流行っているであろう情報を知っている

年下の女性と浮気していたら、その世代で流行っているものに敏感になります。
そのため、スマートフォンのアプリや洋服・芸能関係に関する情報を熟知している場合は、警戒する必要があります。

しかし、仕事の関係上で知識を身につける可能性もあるので、あくまで疑うまでに抑えてください。

もし、他にも浮気の気配を感じているのでしたら、次に紹介する方法で浮気の証拠を入手しましょう。

 

浮気の証拠をつかむ方法とは?

夫が浮気している気配を感じたら、早い段階で浮気の証拠を入手しましょう。
そうしないと、証拠を隠滅される恐れがあるからです。
以下では、浮気の証拠を入手する方法を解説していきます。
証拠の有無によっては夫を咎めることができないので、かならず証拠は入手するようにしてください。

 

集めるべきは、状況証拠より不貞行為の証拠

証拠には大きく分けて、状況証拠と直接証拠に分類されます。
証拠を集めるときは、状況証拠ではなく直接証拠を入手するようにしてください。
なぜなら、状況証拠は証拠能力が低く、離婚訴訟や損害賠償に関わる裁判での証拠として採用されない可能性があるからです。

以下で状況証拠と直接証拠を解説します。

 

状況証拠

状況証拠とは、メールでやりとりした内容や女性の物が車や家にあったなど、直接浮気を証明できない証拠です。
このような証拠は、ふざけてやっただけなどの解釈をすることもできるため、証拠として採用されにくい傾向にあります。
以下のようなものが、状況証拠です。

 

  • ・メール内容
  • ・ふたりで写った写真
  • ・浮気相手が身に着けている物

 

直接証拠

直接証拠とは、確実に浮気していると証明できる証拠です。
浮気の直接証拠となる条件は、肉体関係を証明できること。
それ以外は状況証拠となってしまう可能性があるので、注意してください。
直接証拠は、以下のように肉体関係を証明できるものです。

 

  • ・ラブホテルに出入りしている写真
  • ・行為をおこなっている画像・動画
  • ・ラブホテルのレシート

 

確実な証拠を入手するためにも探偵に依頼しよう

浮気の調査がバレてしまうと、証拠を隠蔽されたり、水掛け論になったりする可能性があります。
そのため、素人が直接証拠を入手することは、非常に困難です。

特に、状況証拠ではなく直接証拠は、尾行などによって入手するほかありません。
これは、顔見知りや素人ではまず不可能といえるので、かならず探偵に依頼するようにしてください。

探偵に依頼すれば、短い時間で直接証拠を入手することができます。
また、浮気していなかった場合は、その不安を払拭させることができますので、早めに依頼するようにしましょう。

 

まとめ

夫と年下女性が浮気する理由と対処の方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

夫が年下女性と浮気場合は、遊びで行う場合が多いです。
しかし、あなたにとってはとても笑える話ではありません。

真剣に話し合いをするためにも、浮気の気配を感じたら、すみやかに証拠の入手をしてください。
そうしないと、証拠の隠滅によって、浮気を立証することが難しくなります。

浮気の証拠を集める重要性については、こちらの記事に詳しく書いています。よかったら合わせてご覧ください。

離婚を切り出す前が重要!証拠集めの重要性と、その方法をまとめて解説

 

証拠の有無は、離婚や慰謝料の請求だけではなく、夫を反省させるための材料でもあります。
ですので、離婚する気がなくても、直接証拠をつかむようにしましょう。