ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

離婚を切り出す前が重要!証拠集めの重要性と、その方法をまとめて解説

あなたは、旦那の不祥事・不貞行為が発覚し、離婚を考えているのでしょうか。その場合も、いきなり感情的に離婚に切り出すべきではありません。

 

感情的に問い詰めてしまうと、逆ギレされたり、白を切られたりしてしまう可能性があります。

 

話し合いをする前に、証拠集めをすることが非常に重要なのです。

 

今回は、あなたに知っていただきたい証拠探しの大切さと、慰謝料請求に必要な証拠などについて、解説いたします。

 

離婚の前に、証拠集めが必要なパターンとその理由

一番は何も滞りがなく、離婚という形が理想的でスムーズです。

しかし、現実的にはイレギュラーな事態に巻き込まれるなど、離婚するまでに大変な苦労がともないます。

証拠集めが必要な離婚パターンをご紹介いたします。

 

DV・モラハラがあった場合

普段は優しい旦那も、何かのきっかけでスイッチが入り、お酒を飲んだ勢いで「殴る、蹴る」などの身体的暴力が多いです。

そして、「バカ、アホ」など言葉の暴力も同様、立派な精神的暴力に繋がります。もちろん、暴力は悪い事という認識は誰しもが持っていますが、第三者から認識の低い家庭内暴力は「ただの夫婦喧嘩」として捉えられてしまいます。

それが、DV離婚の難しい部分です。DV離婚を認めさせる、必要な証拠集めは以下になります。

 

病院による診断書

DV問題で、一番多く提出されるのが診断書です。日常的暴力を負っている場合、最寄りの病院に受診して診断書を取得してください。

注意するべきなのは、診断書だけですと本人の申告なので事実確認が難しいと判断される事です。

もう一つ有力な証拠として、外傷によるアザの写真と日付の記録を付ける事です。継続的に暴力が振るわれているという事を認めさせる証拠になります。

証拠写真

前述にも述べたように、写真は記録を残す有力な証拠になります。

過去の事例で、子供がDV現場をスマホ撮影したものが大切な証拠写真となった事もあります。時系列で証拠をしっかり残す事が重要となるでしょう。

 

音声や動画

写真だけですと、相手にわかってしまった場合、破損されるという危険性もあります。

そんな危機に備えて、旦那の暴力の一部始終を音声に残しておく、気づかれない場所にカメラを設置しておくなど、
念を入れて証拠を掴めるようにしましょう。静止画より、動画と音声の方がよりリアルで信憑性もあります。

 

メールや日記

DVは、記録が信憑性高いものの方が有力です。旦那が我に返った時に送った謝罪メールを送る事があれば、それも保存しておきましょう。

暴力があった日の事を、日記に具体的に書くのも手です。どんな暴力を振るわれたか、何故起こったのか、辛いですが出来るだけ書き記し残しておきましょう。体験した声ほど第三者に訴えかける大切な証拠になります。

 

DVは肉体的暴力ではなく、精神的暴力にも関わります。日常的な暴力で感情が麻痺して萎縮してしまうかもしれませんが、全てあなただけの責任ではありません。

そして、独自で行う証拠集めにはとてもリスクが伴います。もし、証拠集めが旦那にわかってしまったら、更に暴力が悪化する事も考えられます。生命の危険が晒される前に、一人で悩まずご相談ください。

 

浮気されていた場合

今や離婚の原因で上位にランクインするのが浮気・不倫です。

そうは言っても子供、収入、住居など生活の基盤を、いきなりに手放せるほど浮気離婚は簡単ではありません。しかし、浮気行為をされたあなたは立派な被害者で慰謝料を請求出来る立場です。

そこで大事なのが浮気を裏付ける証拠です。ただ単に、携帯がロックされるようになった、仕事の帰りが遅くなっただけでは説得力に欠けます。

浮気が事実だとしても証拠がなければ、場合により離婚出来ない事もあり得ます。過去に、肉体関係あったにも関わらず証明出来る写真や物がないので慰謝料500万以上損したという事例もあります。

 

今後の子供の事や生活の事を考えて、慰謝料はしっかり取れるようにしましょう。

以下が、証拠の資料となります。集めるものは、DVの資料とほぼ同じですが、内容はそれぞれ違います。

 

写真や動画

浮気相手と密会している写真などになります。注意して頂きたいのは、ただのツーショットの写真や近くの街を歩いているだけの写真だけですと友人として仲の良い関係だけという事で片付けられてしまい、証拠としては弱いです。

二人がホテルの中だと思われるツーショットや、二人でホテルに出入りする写真や動画など、決定的瞬間を捉える事が重要です。

メール

メールやLINEの内容にも判断基準があり、一緒に食事をした事などでは、こちらもただの仲の良い友達としてとらえられ、
それだけでは信憑性が薄いです。

そのメールに、肉体関係などの内容などが含まれると確実性は高いです。例えば、二人で宿泊された事を匂わせる内容などは証拠として抑えておきましょう。

 

領収書

二人で行ったと思われるレストランの領収書などは肉体関係があったと確定出来ないので証拠としては弱いです。

ラブホテルの領収書などの決定的な証拠があった方が有力です。できれば、誰と行ったかが不明なので併せて証拠写真と日付などがあればより確実です。

 

浮気による離婚は、ちゃんと証拠を掴まないと信憑性が薄く、折角集めても離婚まで結びつかなかったり、慰謝料があまり貰えなかったりなどリスクが伴います。

そして、決定的な証拠が掴めたとしても、その恨みを晴らす為に、浮気相手の会社に写真をばら撒いたりする行為も、名誉毀損として訴えられかねません。

浮気に関する証拠集めは慎重に進めていくことをおすすめいたします。

 

証拠は自分で集める?探偵に任せる?

それでは実際、証拠は自身で集めた方が良いのか、きちんと探偵に依頼した方が良いのか、両者のメリットデメリットもおさえて解説していきます。

 

自分で集める場合

探偵事務所や弁護士など、費用が高そうな場所に依頼するのは正直抵抗があるし大事にはしたくない、まずは自分で証拠をおさえてみようという考えは自然な事だと思います。

自分で証拠を集めるというのはお金がかからないのが何よりのメリットです。それと引き換えに、自分で証拠を集めるというのは、時間と手間がかかります。

そして何より細心の注意を払わないと相手にばれてしまうという危険性があります。事態が悪化することにもなり兼ねません。

仮に証拠を集められたとしても、その証拠が有力な情報かというのは一般の知識では判断し難いのです。苦労して証拠を集めても、離婚はおろか慰謝料請求にも役に立たないなんてケースもあります。

 

探偵事務所に相談するメリット

探偵に証拠集めを依頼するという行為は、最低限のお金はかかります。

しかし、あなたが仕事をしている間に証拠を集めてくれるという時間的メリットと、第三者だからバレにくいというメリットはあります。

証拠は徹底的に集め、あなたや関係者の個人情報を厳重に取り扱う事をお約束し、事態を大事にはしない事をお約束いたします。

依頼するとしても法律を守っている会社としてどうか、料金形態が明確がどうかも判断基準になります。

 

まとめ

以上、離婚に対する証拠集めについてご紹介いたしました。

兵庫県の尼崎市に本社を構えるランニング探偵事務所では、顧問弁護士もお墨付きの、信頼性のある事務所でやらせて頂いております。

料金形態が明確にHPに記載されており、初回の相談料は無料です。

また、ランニング探偵事務所では人との繋がりを大切にしているので、問題が解決したらその場限りではなく、アフターケアにも力を入れております。

少しでも気になりましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。一人で悩まずに、まずは相談してみてはいかがでしょうか?