ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

【浮気調査】盗聴は証拠になる?自分でもできる?盗聴による浮気調査まとめ

旦那の様子が最近おかしい。

スマホをよく見るようになった、電話をほかの部屋に行って電話を取るようになった。

 

浮気調査にはいくつかあります。そして、「盗聴」は、その一つの方法になります。この記事では、「盗聴」の浮気調査についてご案内します。

 

盗聴と言えば、「違反」、「悪いイメージ」を持つ方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。法律を守っていれば良いのです。

 

しかし、調査相手や配偶者から「違法」だと訴えられるリスクがあります。盗聴が浮気の証拠になるのかをいろんな角度からご紹介いたします。

 

盗聴より、盗撮の方が確実に証拠を得られる?

「盗聴」は、盗聴器を使用して調査をします。そして法律により設置するには、設置範囲が限定されてしまいます。

 

それは、「自分が所有している家や車」に限られます。しかも浮気の証拠であっても音声だけだと人物を特定できないことから、証拠として認められないケースがほとんどになります。

 

盗撮は、合法的な浮気調査であれば証拠になりえるケースがあるようです。しかし、浮気相手からプライバシーの侵害、ストーカー行為を申し立てられるリスクがあります。

 

盗聴よりは、盗撮のほうが証拠として採用されやすいことになります。

 

浮気の証拠集めのために、自力で盗撮を行うデメリット

自力で盗撮を行うには費用が掛からず。すぐに行動に移れるのがメリットです。

 

盗撮は、一歩間違えると法律に触れる恐れがあります。そして、機材についてもピンからキリまであり、その機材が使用可能かどうか法律に精通した方でないと、逆に犯罪とみなされることもあります。

 

素人がカメラの設置をするとバレやすいのでこちらも専門業者に頼んだほうが確実です。

 

自力で尾行をするとしても普段の生活をしながら相手にバレないように行わなければいけないので、自分の時間とそれにかかる精神力が削られる恐れがあります。

 

特に顔がばれていますので複数人で調査をしたほうが良いでしょう。

 

また、自力で行い証拠を見つけた時点で、感情移入してしまうことがありますので、その場の怒りで自分の立場がマイナス方向へ働く可能性もあります。

 

その感情を押し殺せる自信がない限り、自力で行うのは、止めておいたほうが良いでしょう。

 

浮気相手にプライバシーの侵害、ストーカー行為で訴えられる可能性もあることを覚えておいてください。このように、浮気の証拠を集めるために自力で行うデメリットがたくさんあります。

 

自力で行うなら、盗撮よりも盗聴

自分で行うなら盗聴の方が行動に移しやすいのは確かです。

 

しかし、法律によっては設置不可ところがあります。盗聴器を設置しやすい反面、盗撮のように証拠として扱われる要素が低いことになります。

 

そして機械の性能によって取れ高に不安を抱えるので、盗撮よりも確実性に欠けます。自力で行うには、法律上の観点を踏まえたうえで行うとよいでしょう。

 

確実性があってもごまかされる可能性が大きいことから、証拠として取り扱ってもらえないことのほうが多いのがデメリットです。

 

盗聴は、どこまでなら法律に触れないのか次の項目で確認しましょう。

 

自分で盗聴できるのは、家か車の中くらい

盗聴をするのには法律を知っておかなければいけません。

 

設置範囲が限られています。設置可能エリアは、所有の自宅、車に限られています。ここで注意したいのが、「所有しているものにのみ設置可能」ということです。

 

車に限っては、盗聴器よりもボイスレコーダーの電池タイプが適しています。

 

その他の場所に設置すると、法律にふれる可能性がある

その他の場所に盗聴器を設置するのはどうなのかというと、居住侵入罪(勝手に人の家に入る)に問われることになってしまいます。

 

これは刑法百三十条の「住居侵入罪」罰せられますので、設置してはいけません。

 

刑法百三十条 住居侵入罪

理由なく、他人の住居または人が看守する邸宅、建造物に侵入しまたは要求を受けてもその場から退去しない者は、3年以下の懲役または10万円以下の罰金を処する。

 

そもそも、家以外設置は難しい

家以外の設置場所としては、「所有する車」であれば設置は可能です。

 

前述したように所有する車での、盗聴は一定距離を保っていないと機器の性能を生かせないことからボイスレコーダーを使って証拠を取る方法が良いでしょう。

 

旦那のスマホにアプリを勝手にダウンロードするのはNG

いくら旦那のスマホであっても勝手に取り扱うことはプライバシーの侵害になる可能性があります。

 

それに加えてアプリをダウンロードする行為は違法性のある行為となります。

 

裁判の際に有利になる証拠とは

「不貞行為をしたと認められる証拠」それは次にあげられるものです。

 

1、ラブホテルの出入り写真

顔が鮮明に映っているもの。3回以上現場をさえるとより有効な証拠として使えます。

2、浮気相手の自宅への出入り写真

顔が鮮明に映っているもの。5回以上抑えるとより有効な証拠です。

肉体関係があるかどうかが裁判の際に有利になる証拠の基準です。

 

裁判にせず、話し合いで解決したい場合も証拠は必要

裁判をせず話し合いで解決するには当然証拠は必須です。

 

証拠を持たずに浮気をしていると旦那、浮気相手に問い詰めてもしらを切られてしまいます。より確実な証拠が必要です。

 

そして、お互いが冷静に今後の話し合うとするためには、立会人を立てたほうが良いでしょう。できれば中立な立場の方にお願いするのが良いと思います。

 

自分で盗聴を行うリスク

自分で盗聴を行うは簡単にできます。盗聴器は以前に比べてネットで購入しやすいことから種類はピンキリまであります。

 

しかし、盗聴はしやすい分軽い気持ちで浮気調査をしてしまうケースもあります。それにっよって、本当に夫が浮気をしていたという可能性もあります。そして、設置は簡単でも設置したことによるトラブルが多発してしまいます。

 

具体的には、以下のようなトラブルが発生することがあります。

  • 機械の性能を引き出せなかった
  • 設置したはずの盗聴器が見当たらない。
  • 盗聴器を設置したが、配偶者または浮気相手にばれてしまった。
  • 車に盗聴器を仕掛けたが不貞行為(肉体関係)の事実を知り、鬱になった。

 

バレやすく、関係を壊す可能性がある

盗聴器を購入し調査の素人が機器を設置して、配偶者または浮気相手にバレてしまう恐れがあります。

 

自力で調査を行うことで関係が悪化して最悪になるケースがあります。

 

時間・精神力を消耗する

自力で踏査をするのには金銭がかかりませんがその反面自分の時間を消耗してしまいます。そして、決定的な証拠が撮れてしまった場合、かなり精神的ダメージを受けることになります。

 

結果ダブルでダメージを受けることになり、冷静になることができなくなります。

 

そういう観点からも専門家に頼って、自分が精神的にも余裕をもって事実に向き合える状態を保てるようにしておきたいですね。

 

相談できる人がいない

自分の身近な友人でも浮気の相談に乗ってくれるかどうかは別ものになります。

 

身近な友人がそのことを第3者に話す可能性もあります。それによって友人との関係も壊すことにもなりかねません。

 

証拠を元に話し合いをする際も、相談者が居たほうが成功しやすいです。素人が行えばうまく証拠を使えない可能性がありますので相談者には、専門家にお願いするほうが良いでしょう。

 

有効な証拠を集められない危険性がある

盗聴で証拠を掴んだとしてもそれが有効な証拠ではないケースが多くあります。

 

一歩間違えれば法に触れることもありますので、素人が盗聴器を使い浮気調査をするメリットはありませんのでその道のプロに相談したほうが良いでしょう。

 

まとめ

以上のように盗聴での浮気調査ができるのかをまとめてみました。

 

自力で盗聴を行うには、機材の購入や使い方、法律などを熟知していないとせっかくつかんだ証拠が使えるものでなかったりします。

 

そして、盗聴による浮気調査の証拠として採用されにくいケースが多いことがわかっています。

 

そのような面からも浮気調査は自力で行わず、まずは当探偵事務所へご相談ください。