ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

これは浮気?よくある言い訳7選と、浮気に気づいた際の対処法

この記事にたどり着いたあなたは、旦那の浮気を疑っているのでしょうか。あなたの旦那には、仕事を言い訳に帰りが遅い日が続いているなど、不審なところはないですか?

 

その言い訳が本当かどうか、浮気をしているのか不安になることでしょう。

 

そのような不安を抱えたら、どうしたらよいのでしょうか。

男の浮気をしているときの言い訳や、浮気だと確信したときのあなたがとるべき行動について、お伝えいたします。

 

男がよく使う浮気の言い訳7選

男性がよく使う浮気の言い訳7選を、以下にお伝えいたします。

 

1、仕事の残業

仕事が忙しいのは仕方ないことですが、毎年忙しい時期じゃないのに、頻繁に残業が増えてきたりするのは、疑り深いかもしれませんね。

ですが、残業手当がわかる会社なら給料も上がるはずなので、給料明細を見れば本当かどうか明確になるでしょう。

 

2、出張

今まであまりなかったのに、出張などが多くなった場合も怪しいです。お泊りデートをされている可能性もあります。

しかし、探りをいれることも難しく、判明は難しいのでしょう。

 

3、仕事の飲み会

旦那の帰りが遅い日が続いていませんか?

仕事での飲み会があるというのは理由をつけやすいことで、飲み会と言う人も多いようです。

 

4、友達と遊んでいる

休みの日もしくは、夜、交友関係が多い男性も居ますが、「友達と遊んでくる」、「少し友達の所に行ってくるね」などと言って、女性と会うこともあります。

 

5、ゴルフ

会社勤めてなどしていると、良くあるゴルフの付き合い。これも、男性の言い訳にあります。

ゴルフのときは、連絡をまめに取らなくても大丈夫など、浮気の理由にしやすいです。

 

6、携帯の電波が届かなかった

電話の連絡がとれない場合、「携帯の電波が届かなかった」という言い訳をされることもあるようです。

 

本当に、仕事の都合上電波の届きづらい場所にいたという可能性も否定できませんが、現代においてそのような場所は多くないので、話を聞けば嘘を見抜けそうです。

 

7、仕事先の上司に誘われて

言い訳は仕事関係が多いですが、こちらも言い訳として使われやすいでしょう。上司となると、疑いづらいという面もあります。

同僚など知っていれば聞いて見るのも良いかも知れません。

 

浮気の言い訳だとわかったとき、あなたがしてはいけないこと

浮気の言い訳だと明確になった際、あなたがしてはいけないことがあります。以下にお伝えいたします。

 

感情的に問いただす

もし分かってしまって、冷静に対処できずに感情的になってしまうと、旦那も感情的になってしまいます。

 

そうなると、旦那に逆ギレをされたり、開きなおったりと、あまり良い結果にはなりません。

 

旦那のプライバシーを侵して証拠を探す

旦那さんの浮気がわかってしまった場合、旦那さんの携帯やパソコンのメールを確認、机の中などの確認など、プライバシーを侵して証拠を探すこともあるでしょう。

 

証拠探しの際に法律に触れてしまうと、逆に慰謝料を請求される事態にもなりえますので、絶対に避けるようにしてください。

 

自力で尾行をして証拠を集める

自力で旦那さんを尾行して証拠を集めることは、行わないようにしましょう。理由は以下のとおりです。

 

  • あなたが自ら行うと、見つかってしまったときに言い訳がきかない
  • 素人による尾行は、すぐバレてしまう
  • バレたときに、夫婦の関係が悪化する
  • 自力で尾行を行ったあとに探偵に頼んでも、警戒が強くなっていて、証拠をみつけるまでに時間も費用もかかってしまう
  • 尾行中に、法律に触れてしまう可能性がある

 

上記の通り、自力での尾行はデメリットが多いですので、行わないようにしてください。

 

明確な証拠を集める必要がある場合、尾行のプロである探偵に相談されるのがおすすめです。

 

見て見ぬふりをする

旦那さん浮気をしているのを知っているのに、見てみぬ振りだけはしないようにしましょう。

 

気づいていないふりをすると、そのまま浮気相手と深い関係になるかも知れません。それに、慰謝料を請求しようと思っても、時間が経ってしまうと証拠も集めづらくなってしまいます。

 

まずは浮気の証拠を集め、それをもとに冷静に話し合いをすることを考えましょう。

 

今後も言い訳を続けさせないために

旦那の浮気がわかった場合、そのままにしてはいけません。今後、言い訳を続けさせないためにはどのようにしたらよいのでしょうか。以下に、解説いたします。

 

冷静な話し合いが必要

もし浮気がわかってしまった場合は、まずは冷静に話すことが優先です。

あなたが感情的になってしまうと、向こうも感情的になり、話の収集が付かなくなってしまいます。

 

なので、いきなり証拠もなく感情的に問い詰めるのはNGです。まずは浮気の証拠を集め、冷静に話し合いをするようにしましょう。

 

探偵事務所に捜査を依頼する

浮気の証拠を集めるために、探偵事務所に捜査を依頼するのも一つの手です。

探偵に依頼する際も、冷静に相談するようにしましょう。

 

まずは電話やメールで問い合わせをし、その後探偵事務所に行き調査を依頼すると良いでしょう。

その時に、以下のような気になることは確認するとよいでしょう。

 

  • いつ頃からしていることに気づいていたか
  • 浮気調査の方法
  • 調査費用の見積もり

 

また探偵に依頼するメリットとして、旦那と浮気相手との関係性が確認できたり、確実に浮気をしている証拠を集めることができたりすることが挙げられます。

 

やはり個人では探りきれないことを知ることができます。
旦那との話し合いをする際に、逆ギレされたり、言い訳されたりしないような証拠を集めることができますし、話し合いの際にどのようなことを話せばいいのかなども、探偵は相談にのります。

 

許せないので、離婚を考えている場合

どうしても今回の浮気が許せない場合は、探偵に依頼をし、証拠を集め、離婚、場合によっては離婚調停になる可能性もあります。

 

その為には、確実に相手との浮気の実態をみつける必要がありますが、実際に性行為があったのかどうかが判明するような証拠を集めることが重要です。

 

それも一度限りではなく複数回性行為があったのかどうかも、慰謝料を請求する際に金額にかかわってきます。

 

その証拠があれば、裁判になったとしても優位に事を運ぶことができます。

 

関係を修繕したいので、反省してもらいたい場合

浮気をされても離婚をせずに旦那のことを許したかったり、子どものことを考えたりして、夫婦関係を修復したい場合もあるでしょう。

 

その場合も、ただ許すのではなくしっかりと反省してもらい、浮気を繰り返さないようにすることも重要です。

 

そのために、許す場合も証拠を集め、冷静に話し合いをし、今後二度としないと反省してもらいます。

 

念書を書くとよりよいでしょう。また、浮気相手に慰謝料を請求するのも一つの手です。旦那に「浮気は大変なことなんだ」と、とても悪いことをしたと思ってもらえるようになります。

 

また、話がまとまれば、次に浮気を繰り返してしまった場合は、会社などに浮気の事を報告する、両親に話をするなど、前もって伝えておくことも再発防止につながります。

 

まとめ

男の浮気の言い訳は、いざ当人になってしまうと気づかないこともあります。浮気が判明した際は、見て見ぬ振りをせずに、行動を起こすようにしてください。

 

浮気の証拠を集める場合、自分の力で出来る事もありますが、限界も有ります。探偵事務所に相談していただくと、事実が明確になりますし、慰謝料の請求を行う際有利になる証拠をしっかりと集めることが可能です。

 

旦那が浮気の言い訳をしていると思ったら、まずは探偵にご相談されませんか?ランニング探偵事務所では、ご相談を無料で承っております。是非、お気軽にご連絡ください。