ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

探偵と弁護士の関係とは?最初にどちらに依頼すべき?

探偵と弁護士の間には、お互いに仕事の紹介などもあり、また、提携を結んでいたりする場合もあるなど、非常に近い関係にあります。

このように、非常に近い関係にあるからこそ、いざ依頼をしようとした際にどちらに依頼すればよいのか迷ってしまいがちです。そこで、今回は、探偵に依頼すべきときや弁護士に依頼すべきときの比較、お互いに仕事を紹介・依頼するのはどのようなときかなど、探偵と弁護士の関係について 解説していきます。

 

探偵と弁護士の違い

探偵と弁護士は仕事上近い関係にはあるものの、その内容はまったく違うことは言うまでもないのですが、仕事の内容が違うのには理由があります。

その理由を、探偵と弁護士の違いとともに解説していきます。

 

探偵と弁護士の資格

探偵と弁護士では、もっている資格に違いがあります。

弁護士は、司法試験や司法研修などを経て国家資格を得ることではじめて弁護士になることができます。一方で探偵の場合は、公安委員会への届け出の義務以外には資格は必要ありません。また、この届け出に関しても、探偵業を営業する許可を得るためのものであるため、特別な資格というわけではありません。

もちろん、何も資格はなくても開業はできますが、コンセントの裏側にある盗聴器の撤去などに関しては「電気工事士」の資格が必要であったりなど、持っておくべき資格は多く存在します。弁護士も、電気工事士のような資格は持っていないため、「探偵」という職業だからこそできる仕事も多く存在するのです。

このように、探偵と弁護士では、持っている資格が異なるため、仕事の内容も異なります。

 

弁護士の代理権

弁護士は、依頼人の代わりに訴訟の手続きや示談の交渉などを行うのも仕事の一つです。このような法的な手続きを依頼人に代わって行う代理権を持っているのが弁護士です。法的な事件に関して探偵が関与できるのは、証拠探しのみとなります。浮気を突き止めて証拠を得たとしても、裁判や慰謝料の請求など、その後の法的な手続きは弁護士の仕事です。浮気で言えば、証拠を見つけて依頼人の気持ちや次の行動を決めるのが探偵、依頼人が決めたことに対して法的にサポートするのが弁護士ということになります。

 

調査能力

探偵と言えば尾行や張り込みなどの調査がイメージとして浮かびますが、弁護士でもある程度の調査は可能です。相手の戸籍や住民票であれば、職務上請求という権限を使って取得が可能です。また、弁護士照会という権限も持っているため、入手が難しいような証拠や情報など、さまざまなものを手に入れることができます。

しかし、浮気の証拠となると相手の個人情報だけでは足りず、実際の浮気の現場、不貞行為があった証拠などを立てる必要があります。

この点に関していえば、尾行や張り込みなどのスキルが必要になってくる部分であり、弁護士ではなく、探偵の得意とする業務と言えます。また、住民票などで調べても見つからないような疎遠の人を探すような場合も、探偵に依頼するのがよいでしょう。

 

探偵と弁護士、お互いの仕事の紹介

探偵と弁護士がお互いに仕事を紹介をし合うことがあることは前述しましたが、実際にはどのような状況で仕事を紹介しあっているのでしょうか。

浮気調査などは、後に離婚の裁判などに発展することも多く、そのような場合、探偵の力だけでは解決することはできません。弁護士へ依頼をし、状況や、依頼者の目的を伝えることによって、集めることのできるさまざまな証拠の中から、どういった証拠がより有効となるのか、などの情報を共有し、裁判を有利に進めて行けるようにします。

また、状況によっても必要な書類など、準備するものにも違いがあるため、法律の知識に精通している弁護士へ依頼をすることによって、より確実に裁判まで進んでいけるようになります。

逆に、弁護士が探偵へ依頼をする場合は、ほとんどが「証拠の収集」となります。弁護士が依頼を受ける際は基本的に裁判に発展するものであるため、裁判を有利に進めていくためには証拠が必要不可欠です。どれだけ有力な弁護士を味方につけていたとしても、相手が明らかな嘘の発言をしているとしても、証拠がない状態では、その嘘を証明したり、有利に進めていくことは非常に困難と言えます。

そこで、弁護士は探偵へ依頼をし、有力な証拠の収集を依頼します。依頼者が可能な限りの証拠を集めている場合もありますが、法的に戦うという観点で見たときに、それほど強く作用しないものも中にはあり、確実な証拠を集めるのは探偵の右に出るものはいません。

このように、探偵は弁護士へ「法の知識」を、弁護士は探偵へ「有効な証拠」を依頼するのです。前述したように、弁護士でもある程度の証拠を集めることは可能であり、また、探偵にも法律の知識はあるのですが、その道のプロに任せるのがもっともスムーズに依頼を解決する方法なのです。

 

探偵と弁護士、それぞれに依頼すべき状況は?

説明したように、探偵でも弁護士でも、お互いが協力しあっているため、どちらに依頼をしたとしても、最終的解決することは可能です。しかし、最初にどちらに依頼をすべきなのか迷ってしまう方は多いかと思います。どちらに依頼をすべきか、というのは、依頼する際の目的や、その時点での状況が大きく関わってきます。

どちらに依頼すべきかは、依頼の目的と証拠の有無によって、依頼をすべきは探偵か弁護士かに分けることができます。

浮気・離婚問題で探偵事務所や弁護士へ依頼をする際、依頼主の状況は主に以下の3つに分かれます。

 

①離婚する気はなく、浮気の事実だけをはっきりさせたい

②浮気調査の結果次第で、許すか離婚(慰謝料の請求)するかを決めたい

③LINEの履歴などを見て浮気を確信し、許せない

 

①は、裁判などを起こす気はないため、探偵に依頼すべきと言えます。

法を絡めて制裁をするつもりがなく、証拠を揃えて浮気をしているパートナーに認めさせ、関係を修復したいと考えているのであれば、弁護士の出る幕はありません。証拠がない状態で問い詰めるのは決してしては行けないことのため、探偵へ依頼をし、確実な証拠が集まってからパートナーと話し合いをすることをおすすめします。

②の場合も、まずは探偵へ依頼をすべきでしょう。

この場合も、裁判に発展しない可能性があるため、充分な証拠を集めてから判断をします。証拠を見た結果、裁判にを起こす場合は、探偵が責任を持って弁護士をご紹介します。また、離婚とまではいかずとも、再び浮気をすることのないように慰謝料のみを求めるケースありますが、そのような場合も証拠は不可欠ですので、まずは探偵へご相談ください。

最後に、③の場合は、弁護士へ依頼をするのがよいでしょう。

LINEの履歴を撮影したものをはじめ、証拠が複数揃っているようであれば、そのまま弁護士に依頼をするほうがスムーズにことが進みます。また、どちらに依頼をしようか、という段階で離婚や慰謝料の請求を決めているのであれば、浮気の慰謝料請求に時効があることや裁判にかかる期間なども考えると、はじめに法律の専門家に相談をし、綿密にスケジュールを組む必要があります。

仮に、持っている証拠が少なかった場合は、弁護士が探偵へ依頼をすることになりますが、証拠集めにかかる期間もスケジュールに組むことにより、焦ることなく対応が可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。探偵も弁護士も、仕事の内容は違えど、ともに協力しあい、依頼を解決いたします。依頼の目的や情報・証拠の量なども考慮した上で、浮気が確定していて法的な手続きを決めているのであれば弁護士へ、法的な手続きに進もうとは思っていても浮気の確証がない場合、とにかく浮気を認めさせ、パートナーとスッキリした気持ちでやり直していきたい、などの場合は探偵へご相談ください。