ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

旦那の浮気や不倫がわかった場合、何をどうしたらいい?誰に相談したらよい?

女性は勘がするどいもの。ふとしたきっかけで、旦那さんの浮気を知ってしまったら?

ショックで頭が真っ白になり、以下のような想いが頭をよぎるでしょう。

・できたら誰にも知られたくない
・でもどうしたらいいのかわからない
・苦しくて1人で抱えていられない

そんな想いから、親しい友人や身内に相談することも多いと思います。しかし、その相談相手は本当に適切でしょうか?

特に、善意の第三者が入ることによって、あなたの希望の結果とはかけ離れた結果になる可能性もでてきます。この記事では、相談に最善な相手や内容についてご紹介します。

旦那の不倫についての相談は、相手を選ばないといけない理由

浮気や不倫の相談はなかなか誰にでも話せる内容ではありません。

「できるだけ他人に知られたくなくても、親身になってくれる身内や友人には話してしまいたい、力になって欲しい。」

そんな気持ちから周りに相談するのですが、実は他人に知られてしまったり、第三者の意見に影響を受けて、その後の展開や夫婦関係が変わってしまったりと思いがけない危険があるのです。

具体的な例を挙げて、考えていきましょう。

他言されてしまう危険性がある

あなたとしては信頼できる相手に相談していると思いますが、良い解決策がすぐにでてくるでしょうか?

もしかしたら、相談した相手も受け止めきれず、別の誰かに相談してしまう可能性もあります。「ここだけの話なんだけど‥」と口止めをしたつもりでも、そう言われるとかえって他言したくなるのが人の噂。

特に女性は共感力が高いですので、「そんなことが。ひどいわね!奥さん可哀想」などと、あっという間に広がってしまったなんてことも。

昔から「人の口に戸は立てられない」と言われますが、人間誰しも悪気はなくてもついしゃべってしまう可能性があるものと考えておきましょう。

安易なアドバイスによってお互いに傷つく可能性がある

相談された相手は、「何か役に立つことはないか」と、パートナーの状況を知らせてくれたり、こんな方法はどうかなどアドバイスをくれたりすることがあるでしょう。

それによって、知らなくてもいい事実を知ったり、プロの目とは違った的外れな意見に振り回されてしまったりするもあるのです。

ただでさえ傷ついており、今後の展開も含めての将来を考えるときです。冷静な判断と的確なアドバイスをもらえる相手を見極めなくてはいけません。

よかれと思い、間に入られてしまう

特に浮気や離婚、不倫経験者に相談すると、自分のケースに当てはめてアドバイスをされることがあります。

アドバイスだけですめばまだよいのですが、相談されたからには何とかしてあげたいと間に入り、さらに問題をややこしくされてしまう可能性もあります。

旦那の不倫を相談すべきでない人

相談相手をよく見極めないといけないことはわかっていただけたでしょうか。

では、普通なら相談しやすいはずの、より身近な人のパターンを考えてみましょう。

両親や兄弟、親戚

あなたのことを親身になって考えてくれるあなたの両親や兄弟、親戚は基本的にあなたの味方です。あなたの気持ちを中心として判断しがちですので、やはり冷静とはいえません。

さらに、一度あなたのパートナーの不貞を知ってしまうと、今後夫婦関係が改善された場合も、周りはなかったことにできるでしょうか?

表面上は過ぎ去ったことにしていても、心の中では忘れることができず、どうしても斜めな見方をしてしまうことも。

身内に相談したら、もう自分たち夫婦だけの問題ではなくなってしまうのです。

夫婦共通の友人

ご夫婦の共通の友人なら、的確なアドバイスをしてもらえるでしょうか?

残念ながら答えはNOです。お互いを知っているからこそ、「ここは何とか役に立ちたい」という思いも強く、あなたには内緒で周りの状況を調べたり、何気なくパートナーを諌めたりと、善意からの行動をされてしまうかもしれません。

共通の友人とはいえ、結婚生活はプライベートな世界ですから全てを知っている訳ではないでしょう。話のニュアンスで、受け取り方も違います。

善意の第三者が間に入ることで、想定外の方向に向かったり、より複雑な状況になりやすかったりするので注意が必要です。

旦那さんの身内

あなたの身内と同様、親はどうしても自分の子どもは可愛いものです。つい息子をかばってしまったり、逆に叱責してしまったりすることも考えられます。

親から言われると子どもとしては何も言えずふてくされてしまうなど、あなたへの心象が悪くなることも。

身内は身内で、息子の不貞や将来に心を痛める可能性もあります。証拠がまだはっきりしていないうちは特に、相談を控えた方がよいでしょう。

旦那の友人、仕事先の上司など

旦那の友人、仕事先の上司などは特に、相談相手として不適当でしょう。

男性には自分の世界があり、社会的なプライドがありますから、勝手に自分の周りに相談されてしまうと、プライドは深く傷つけられます。そんなことをしたあなたへの気持ちも、たちまち憎しみに変わってしまいます。

逆にあなたが自分の友人や上司に相談されたと想像すると、許せないという気持ちがわくと思います。本当に気をつけましょう。

パートナーの浮気相手

感情が抑えきれず、思わず旦那さんの浮気相手に接触したくなるかもしれません。相手がどんな女性か知りたい気持ちもあるかもしれませんね。

しかし、お互い感情的になりやすいので揉め事が大きくなったり、証拠を隠されたりすることもあります。

話し合いで上手く解決できればよいですが、相手と話すことで感情も乱されるでしょうし、あまりおすすめできる方法ではありません。

旦那の浮気の相談はここにしよう

ここからは、適切な相談先を考えていきます。

カウンセラー

心のケア面を考えると、利害のないプロのカウンセラーに相談して、少しでも心が楽になる方法があります。

しかし、法律のプロではありません。あくまで精神面の手助けにとどめておいた方がよいでしょう。

法律の無料相談

市町村で法律の無料相談をひらいていることがあります。

いきなり弁護士事務所に行くには敷居が高いと感じるなら、まずは相談する第一歩として、公の無料相談を利用するとよいでしょう。

弁護士

弁護士はプロですから、冷静で合理的な判断とアドバイスをしてもらえます。

その際に、弁護士費用がかかったり、今後どうしたいかを決めておいたりする必要もでてきます。

自分の意向がまとまっていない場合は、最終的に相談する場所と考えてもよいでしょう。

探偵事務所

本当に浮気や不倫をしているのか確実な証拠がない場合、あなたの気のせいかもしれません。

万が一誤解であれば、パートナーに切り出してからは遅いのです。相手があることですから、はっきりした証拠を集めてから、これから自分がどうしたいかを考えることが必要です。

証拠によって今後の状況も変わっていきますので、心の整理のためにもはっきりとした証拠を調べてもらうことはおすすめです。

証拠探しのプロである探偵事務所でしたら、いろいろなケースに対応することができます。許すか許さないか決めていなくても、相談は可能です。

ランニング探偵事務所は相談を無料で行っております。お気軽のご相談ください。

まとめ

旦那の不倫を相談する相手について、解説いたしました。

ついショックから、すぐに周りの人に話したくなってしまうかもしれません。しかし、旦那の不倫話を話すことは、あらゆる危険をはらんでいます。一度冷静になって、適切な相談相手を見極めるようにしてください。

不倫はとてもデリケートな問題で、家族がいればご夫婦だけの問題ではない場合もあります。職場での扱いや、子どもの学校での生活に影響を与える可能性もあります。

今後ご自身を守るためにも、相談相手をよく考えてから話すことが大切です。