ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

家族内・身内を盗聴するのは犯罪?家族が盗聴器を仕掛けたらどうなる?

 

盗聴は一般的に考えても悪いことです。しかし、「犯罪」にあたるかどうかを考えたとき、話は違ってきます。

 

犯罪に該当し、罰を与えられる行為は限定されています。具体的に定められた行為で、それに対する罰則が犯行時に定まっていなければ罰を与えられることはないのです。

 

もし家族や身内で盗聴が行われていた場合、犯罪となるのでしょうか。またそのときどうすれば良いのでしょうか。以下に解説いたします。

 

盗聴自体を取り締まる法律はない

実は、盗聴という行為自体は犯罪ではありません。

 

これを取り締まる法律が現在の日本では個別具体的に定まっていないということです。

 

しかし覚えておきたいのは、盗聴を行った人物が罪に問われることがないとは限らないということです。盗聴をしようとしたとき、盗聴をするために様々な行動を起こします。

 

例えば住居に入ることや盗聴器の電源をその住居にて利用すること、また盗聴器を仕掛けるために細工をし、壁を傷つけることもあるかもしれません。

 

こうした行為を取り締まる法律は存在するため、盗聴に伴う別の行為によって罰を与えられる可能性があります。

 

盗聴の際に、問われる可能性のある罪

盗聴によって具体的な罪に問われる場合、よくあるものとして以下のようなものが考えられます。

 

  • ・住居侵入罪
  • ・電気に対する窃盗
  • ・器物損壊罪

 

それぞれ解説いたします。

 

住居侵入罪

住居侵入罪がもっとも該当しやすいものだと思います。

 

盗聴をするにも道路にしかけたところで部屋の中の音まで拾うのはほぼ不可能です。

 

盗聴したい場所、やはり部屋の中に仕掛けるのが通常です。部屋の中に入るような行為は当然この住居侵入罪となりますが、敷地内に入るだけでもこれに含まれます。

 

そのため、盗聴の目的を持って敷地内に入り、家の壁に盗聴器を貼り付けたとしても住居侵入罪となります。また、実際に盗聴器を仕掛けることができなくても住居侵入罪は成立します。

 

不法に侵入すること自体が罪となります。

 

電気窃盗

電気窃盗は、盗聴器を仕掛けた他人の部屋にて電源を供給している場合に該当します。

 

電気にも料金を支払っており、これを無料で盗んでいるのと同義となります。

 

器物損壊

器物損壊罪は、他人の物を壊した場合に該当します。

 

大きな損壊がなかったとしても、盗聴器を仕掛けるために他人所有の物に穴を開けるようなことをすれば器物損壊罪となります。

 

これら以外にも盗聴した内容の扱い方によっては特定の罪に該当することがあります。

 

例えば盗聴した秘密を利用し相手を脅せば脅迫罪、盗聴した情報をもとにつきまとえばストーカー規制法違反となります。

 

通信を傍受するだけでなく、これをどう利用するかで別の罪になるかどうか決まってきます。

 

家族内での盗撮・身内を対象としたものは犯罪にあたる?

もし盗聴を家族内でした場合、他人に仕掛ける場合と違って罪にならない行為もでてきます。

 

自分の家に盗聴器を仕掛ける場合や息子夫婦の家に仕掛ける場合、そして一人暮らしをする子どもの家に仕掛ける場合など、各ケースでどうなるのか見ていきましょう。

 

自分の家に盗聴器を仕掛ける場合

自分の家に仕掛ける場合、つまり同居する家族に対して盗聴を行う場合にはもちろん住居侵入罪になることはありません。

 

自分自身の家であり、敷地内に入る正当な権利を持っているからです。同様に電気に対する窃盗罪にも該当しません。

 

このケースにおいて犯罪となる可能性がある行為は、家族の持ち物を破損させたときなどです。

 

誰の所有物なのか判別が難しいものあると思いますが、リビングのような共有物が多い場所ではなく、それぞれのプライベートな空間である部屋だと自分に所有権がない物が多くあります。

 

これらに細工をして盗聴器を仕掛けていると器物損壊罪にあたるかもしれません。またプライバシーの侵害に当たる可能性もあるでしょう。

 

息子(娘)夫婦の家に盗聴器を仕掛ける場合

息子、または娘夫婦の家に仕掛けるケースでは犯罪になる可能性が高くなります。

 

他人の家に侵入して盗聴器を仕掛けるバターンとほとんど同じになります。

 

仮に子どもが未成年であっても、結婚をすることで法律上成人とみなされることになります。

 

そのため親であることを理由に監督の権利があるといった言い訳はできません。

 

同じく電気を窃盗したとして罪に問われる可能性もあるでしょう。器物損壊罪なども該当するかもしれませんが、やはり家族であるために通報をされないこともあります。

 

しかし子ども夫婦との関係性や、盗聴のやり方が悪質であればもちろん逮捕されることもあります。

 

一人暮らしの子どもの家に盗聴器を仕掛ける場合

一人暮らしの子どもの家に盗聴器を仕掛ける場合でも、自分の家のように行動することはできません。

 

一人暮らしする子どもが成人していれば親の監督権もありません。上の例と同様、住居侵入罪および電気の窃盗、場合によって器物損壊罪などが該当するかもしれません。

 

ただし、この場合よくあるのがアパート等の契約を親がしているパターンです。

 

大学生などが学校に通うため一人暮らしを始め、家賃を親に払ってもらっているような状況です。

 

親が契約者であれば不法侵入にはなりません。ただしプライバシーの侵害に当たる可能性はあるでしょう。

 

盗聴器の存在が心配な方は探偵へ依頼を

普通は家族が盗聴器を仕掛けているかもしれないなどと考えることはないと思います。

 

しかし家族に不審な行動がみられる場合や、家族との関係性が悪い場合、または盗聴をされるような理由が思い当たるような場合には盗聴される可能性がないとは言い切れません。

 

家族の盗聴が心配の場合、探偵に相談されることがおすすめです。

 

  • ・家族には直接聞きづらく、当人同士で解決が難しい
  • ・盗聴器を素人が発見するのは難しい
  • ・探偵に頼むと、盗聴器をもれなく発見することができる

 

上記のメリットがあります。それぞれ解説いたします。

 

家族には直接聞きづらく、当人同士で解決が難しい

しかし盗聴をしているのかと、直接聞くことも難しいかと思います。

 

証拠がないうえにさらに関係を悪化させてしまうかもしれません。この状況だと自分の立場を悪くしてしまうだけです。

 

盗聴器を素人が発見するのは難しい

盗聴器を探すことで証拠にすることができますが、盗聴器を見つけるのも難しい作業です。

 

盗聴発見器は市販されているものもありますが、安価なものだと誤反応が多く使い物にならないものが多いです。

 

かといって高価な盗聴発見器となれば数十万円してもおかしくありません。

 

探偵に頼むと、盗聴器をもれなく発見することができる

諦めて不安な生活に耐えていく必要はありません。

 

こうした問題に対しては、探偵に相談することで解決できるかもしれません。

 

探偵と言えば浮気調査のように誰かの情報収集や尾行し写真を撮るといったイメージを持っているのではないでしょうか。

 

探偵に依頼できる内容はもっと幅広くあります。今回のこの盗聴問題に対しても探偵の利用が有効的です。

 

盗聴に対する知識などがなくても相談していただくことでサポートが受けられます。

 

もし探偵への依頼によって盗聴器が実際に見つかり、家族が仕掛けたと分かればその後ギクシャクしてしまうかもしれません。

 

しかし、家族を疑い続けて生活するよりは、早期に問題解決を図る方が気持ち的にも楽になれます。

 

言い逃れされずにしっかりと話し合いをするためにも、まずは探偵への相談・依頼をすることがおすすめです。

 

まとめ

家族や身内を盗聴するのは犯罪なのかどうか、この疑問に対する答えは盗聴の方法によっても変わってきます。

 

やはり他人に対して盗聴をする場合よりも犯罪に該当しないケースが多いです。

 

それは自分の家であることが関係しています。盗聴という行為自体が犯罪とならないのは誰が対象でも同様ですが、自分の家でない場所に侵入すればその行為について犯罪となります。

 

これについては自分の子どもの家であっても基本的には同じです。

仕掛けられる立場であったとしても我慢する必要はなく、場合によっては家族でも罪になる行為があります。

 

しかし盗聴器を見つけるのは容易ではありません。盗聴の不安を感じたら、お気軽に探偵事務所にご相談ください。