ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

盗聴の被害が増加中!盗聴の目的や被害はどんなもの?

近年、テレビや新聞などで盗聴による被害や事件が取り上げられるようになりました。盗聴の目的や被害はさまざまですが、相手の行動を監視・観察するために利用されることがよくあります。
今回は盗聴について、どのような被害があるのかなどを詳しく説明していきます。盗聴について知りたい方の役に立てると光栄です。

盗聴による被害

ストーカー

ストーカー被害では盗聴器が使用されているケースは少なくありません。最初に盗聴器を仕掛けられ、その後にストーカーから被害を受けるという事件もあるので、警察でも注意喚起がなされています。

事件の例としては、ストーカーやアイドルのファンが相手の持ち物や家に盗聴器を仕掛けて、相手の行動を把握するために利用するなどがあります。

また、最近ではスマホのアプリを利用した盗聴も増えてきています。対象者の通話内容やメール・SNSを勝手に閲覧できるウィルスや盗聴アプリも使用され、一層注意が必要になってしまいました。

ストーカーはその人の全てを知りたいという欲求が強く、自分がストーカーである自覚が無い、悪いことをしている自覚が無いという心理が見られます。その結果、盗聴・盗撮・傷害・殺人などの犯罪まで発展してしまうこともあるのです。ストーカーの場合は対象者に危害を加えることが目的と考えられますので、盗聴器の予防に加えて防犯対策の見直しも必要となるでしょう。

クレジット・暗証番号

盗聴の目的はさまざまです。中にはクレジットカードやデビットカードの情報を盗むために盗聴する例もあります。
最近増加している盗聴被害では、電子盗聴というパソコンなどの電子機器を利用した盗聴があります。この盗聴ではインターネットショッピングで使用されたクレジットカードの番号や暗証番号が盗まれるといった被害が考えられます。

また、最近では携帯電話が盗聴器として利用されるケースも増えてきています。使い方は簡単で、まずPKSやプリペイド式携帯電話といった使い捨ての携帯電話を対象者の自宅や車に隠します。この際に電源は入れた状態で、隠した携帯電話に電話をかけると通話先の音を盗聴することができるのです。携帯電話を用いているので、遠距離でも盗聴可能というのが特徴として挙げられ、対策としては携帯電話による盗聴は発見するのが困難とされているため、探偵をはじめとした調査会社に依頼するほかありません。

盗聴器発見場所第一位は「一般家庭」

現在流通している盗聴器はコンパクトなものが多くなっています。それゆえ、さまざまな場所に容易に設置できるようになりました。それでは、盗聴器が発見されやすい場所はどこなのでしょうか。以下は上位5か所です。
1位:一般家庭(32.7%)
2位:ホテル(19.1%)
3位:オフィス(8.6%)
4位:風俗店(4.0%)
5位:飲食店(3.3%)
この5か所が全体の約7割を占めています。また、一般家庭は全体の約3割に相当します。
一般家庭の割合が多いのは、盗聴器を設置する人間が配偶者や親など身近な人間だからと考えられます。2位以下について、オフィス以外の3つは公共施設ですね。これは特定の個人を狙ったものではなく、自身の好奇心であったり、盗聴内容を売ることを目的としたものが多いです。ちなみに、更衣室やトイレは盗聴されやすいイメージがありますが、実際は全体の1%ほどで、珍しいケースと言えます。ただし、発見される前に設置者が回収している可能性もあります。
上位5か所が主な盗聴器の発見場所で、全体の約7割です。これらの場所で盗聴を警戒しておけば、リスクを大きく軽減できるでしょう。
また、都道府県ごとに盗聴器の発見数も異なっています。以下が発見数上位10位です。

1位:東京都
2位:埼玉県
3位:神奈川県
4位:大阪府
5位:千葉県
6位:静岡県
7位:愛知県
8位:北海道
9位:新潟県
10位:群馬県

このように、人口の多い東京がやはり1位になっています。その他、大阪や神奈川などの大都市でも多く確認されています。

ただし、大都市での発見数が多いからといって、地方が安全というわけではありません。大都市では人口も多く、盗聴器発見業者もたくさんあるため、発見数も多くなっているのです。実際、人口比率順での順位は以下のようになっています。

1位:鳥取県
2位:和歌山県
3位:埼玉県
4位:群馬県
5位:東京都
6位:静岡県
7位:新潟県
8位:富山県
9位:神奈川県
10位:大阪府

地方では盗聴器の発見数は少ないものの、1人あたりの確認数は大都市よりも多いことがあります。ちなみに、人口1万人あたりの盗聴器発見数は上位から下位まで、ほとんど差がないことも明らかになっているので、大都市の方がリスクが高いというわけではありません。地方の方が防犯意識が低いこともあり、「自分は大丈夫」と思っている人もたくさんいます。戸締りなどの最低限の防犯対策は心掛けておきましょう。

ちなみに住宅やオフィスではどこに盗聴器が隠されることが多いのでしょうか。住宅やオフィスは屋内なので、盗聴器を隠せる場所はいくらでもあります。

住宅の場合は家具の内部や電灯、天井裏、置時計などさまざまです。中でも、電源ソケットに偽装されたタイプの盗聴器は家庭用電源からの電力で発見されるまで半永久的に動くため、警戒する必要があります。オフィスではエアコンや机の裏側、ごみ箱、飾ってある絵の額縁などに仕掛けることが可能です。

屋外の場合は屋内に比べると仕掛けられる場所は少なくなります。もっとも多いとされているのが、電話線の周辺です。また、マンションなどの集合住宅地の場合は電気メーターやガスメーターを設置しているパネル内に盗聴器を入れておくと、室内の様子が良く聞こえます。屋内に設置されているのであれば、身内が仕掛けた可能性が高いのですが、屋外の場合はストーカーや空き巣の他、探偵などの調査業者が仕掛けている可能性があります。

被害の増加による盗聴器発見の需要

近年、テレビや新聞でも盗聴の被害や事件を見聞きするようになってきましたね。実際、盗聴被害は年々増加しており、盗聴器発見の需要も比例して増えてきています。

それでは、なぜ需要が増えたのでしょうか。その理由は盗聴器の進化です。以前は盗聴というのはスパイや探偵が使うような専門的な道具というイメージがあり、実際使用方法も複雑でした。しかし、現在では盗聴器は素人でも簡単に扱えるほどに性能が上がりました。入手するにしても、専門店に行く必要もなく、ネットで簡単に購入できるようになったため、利用者が増えたと考えられます。価格もそれほど高くなく、2~3万円で購入できるようになりました。

盗聴器被害は被害に遭った経験が無いと、危険性がピンと来ない方もたくさんいます。「それは都市圏の話でしょ?」「自分は大丈夫だ」と油断している方も多いですが、先ほど説明したように、盗聴器被害は全国どこでも起こる問題です。身近な人間が盗聴元である可能性も十分に考えられます。

まとめ

いかがでしたか。今回は盗聴器被害について説明してきました。実際に被害に遭ったことが無いと実感が湧きにくいかもしれませんが、盗聴器被害は誰でも可能性があります。被害件数は年々増えているのが現状です。誰でも簡単に盗聴器を購入できるので、自分の身近な人間が持っていてもおかしくはありません。
また、一般家庭は盗聴器がもっとも発見されやすい場所です。自分の家だから大丈夫と油断していると、被害を受けてしまうかもしれません。