ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

探偵選びで失敗しないために!よい探偵の選び方を解説!

皆さんは探偵に依頼した経験はありますか。遺産相続や離婚、嫌がらせに遭った場合など、身近な問題を解決するために調査を依頼したという人も少なくないでしょう。そして、これから依頼しようと考えている人もいますよね。そんな方々の悩みとして「どの事務所に依頼すれば良いのか分からない」という声を耳にすることがあります。ぜひ、自分に合った所を見つけたいものです。

今回の記事は良い探偵の見極め方について触れていきます。参考にしてみて下さい。

 

探偵事務所を選ぶ際のチェックポイント

探偵事務所に依頼する際には安心・安全が重要でしょう。それに加え、依頼者の予算に合い、依頼したい内容の調査をどの範囲で遂行してくれるのかなど、気になるポイントは多いですよね。そこで、チェックしておきたい事項をまとめました。確認しておきましょう。

 

料金体系

安く済ませられればそれに越したことはありませんが、安すぎるのも注意が必要です。なぜなら、人件費や機材費などを削っている可能性があるからです。また、そうでなくとも、提示された料金はあくまで基本料金であり、機材や調査にかかった人数によって別途料金がかかるため、元々の料金が安い場合もあります。安い探偵事務所を見つけたら、この2つを必ず確認しましょう。

まず経費の削減をしている場合、かなり性能が低く古い機材を使っていることがあります。また、駆け出しの探偵に一人で調査をさせているという場合もあります。そうなれば当然調査の質は落ちることが予想されるでしょう。これでは本末転倒であり、結局、調査に失敗したなんてことにもなりかねません。

では、安いと思っていた料金が実は基本料金だった場合はどうでしょうか。人件費も機材費も削られていないため、きちんと任務を遂行してくれる可能性は高いです。ですが、最終的に思っていた金額より上乗せされた金額を請求されても困ってしまいますよね。広告に小さく基本料金と記載されていないかを確認しましょう。また、事前に詳しい見積もりを必ず出して貰ってください。
金額も重要ですが、内容も要チェックです。

 

オフィスの有無

「オフィスを持っているか」は信頼の判断基準の一つになります。探偵の行動拠点となり、依頼者と直接話し合えるオフィスの有無は必ず確認しておいて下さい。オフィスが存在しない業者でも、広告にはまるで事業所があるかのような記載をしている業者が存在します。このような業者は事務所以外での話し合いを提案してくるでしょう。その場合は注意して下さい。
全てではありませんが、もしそのような場合トラブルになった際に連絡を絶ち、責任を放棄される可能性もあります。

 

探偵業の届け出

探偵業は探偵業法によって、営業や調査の方法が定められています。届け出を出したうえで、法律に沿った調査ができることを認められている者が営めると決められているのです。そのため、依頼しようとしている業者がきちんと法律に従っているかを見極めましょう。

ポイントは「届け出番号」です。それが広告に記載され、かつオフィスには届け出が掲示されていることを確認してください。届け出がない場合は違法ですので避けましょう。ただこれは、違法かそうでないかをチェックするだけで、探偵業者の質を保証するものではありません。依頼する際の基本的な確認事項として、依頼者が本当に望んでいる調査をしてくれるかどうか検討しましょう。

 

行政処分を受けていないか

探偵業法に違反をした業者は行政処分を受けることになります。この様な探偵事務所は違法な調査方法を実施していることや依頼者との間にトラブルがあった可能性があります。トラブルに巻き込まれないためにも避けましょう。これは警視庁のホームページなどで確認することができます。

 

調査報告書のサンプル

探偵の発行する調査報告書は裁判などでも有利な証拠となることが多いと言われています。そのため、業者がどのような調査報告書を発行しているか確認しておきましょう。依頼者の望んでいる報告書の内容か、裁判で有効となるような記載の仕方か、写真ははっきりしたものかなど確認します。

しっかりした探偵事務所であれば必ずサンプルがあるはずです。もしない場合はどのような報告書が来るか分からないので注意が必要です。

 

機材や車の数・社員数

私たちは、自分では困難かつ時間のかかる調査を探偵に依頼します。そのため、探偵にはある程度の機材や人材が必要です。実際にはどのような条件が求められるのでしょうか。

機材については、暗闇でもきれいに映る特殊カメラや、はっきりと録音できる機器が望まれます。確実な証拠を手に入れるために必要な機能を持った機材を使用していることが重要です。また車の台数や人員の人数も確認しましょう。緊急事態に対応できるかがカギとなってきます。車も人員も豊富であれば迅速な対応が期待されるため、成功する可能性が高くなるのです。

以上が探偵を選ぶ簡単な判断材料となります。その他に依頼者自身も自分の譲れない条件などを明確にし、業者選びを進めると良いでしょう。

 

契約する前に

「探偵事務所を選び、やっと契約だ!」と安心してはいけません。ここでは契約前のチェックポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

 

契約を急かしてくる業者は要注意

何かの契約を結ぶ際に契約を急かされたことはありませんか。

探偵業者も同じく、契約を急かしてくる場合があります。そのような時は必ず何か裏があると考えてよいでしょう。探偵事務所自体が業績が落ちて焦っていたり、他の探偵事務所とは劣る部分がある可能性が考えられます。探偵に依頼する人は何かトラブルを抱えていたり、悩んでいるからこそ依頼をしていますが、そのような業者は不安な気持ちを利用して契約を迫ってくるのです。

依頼者自身も契約前に焦らず落ち着いて対応することが重要です。

 

契約書の確認を必ず行う

契約書は必ず隅々まで読み、確認しましょう。思わぬところに落とし穴が存在するかもしれません。

料金や調査方法は契約前に受けた説明と異なっているところはないか、調査に失敗した場合にはどのような対応をしてくれるのかなどを確認します。

依頼者としても、事細かな契約書を作成している探偵業者は信頼がおけますよね。最終確認は怠らないようにしましょう。

 

分からないことは質問しておく

上記のように細かな契約書が作成されたとしても、やはり記載しきれない曖昧な部分はあります。ですので、何か質問しておきたいことがあれば、契約前に聞いておくことを忘れないでください。例えば、その探偵事務所としての成功の基準や調査にかかる時間などです。特にお金のことについては、はっきりさせておきましょう。遠慮は無用なので納得のいくまで質問してください。

 

不安ならマッチングサービスに相談

以上、探偵の選び方について基準を紹介してきました。

初めて依頼する方は、「チェック事項も多くて、沢山の探偵事務所から選ぶのは大変。」と思われる方も多いのではないでしょうか。そんな方々にオススメするのが依頼者と探偵業者を結び付けてくれるマッチングサービスです。様々なマッチングサービスが登場していますが、探偵業者に対してある程度の条件を設けているサイトを選ぶと良いでしょう。条件とは所属している人員数や探偵歴の長さなどです。サイトによってそれぞれ違うので要チェックです。

 

まとめ

分かっているようで、ついつい見逃してしまっていたポイントも多かったのではないでしょうか。探偵を選ぶ際、依頼者が冷静になることが一番重要です。無事にトラブルを解決できるよう、自分に合った探偵業者を見つけてください。