ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

戸籍謄本は探偵でも取得できる?個人調査の実態とは!

近年、自分の個人情報は他人にあまり知られたくないという意識が高まりつつあり、法的にも簡単には他人が取得できない方策が取られ始めています。
しかし、「付き合っている相手が本当に独身なのか?」と不安に感じ、戸籍謄本を覗きたい気持ちが湧いてくるのも不自然ではありません。

相手のことをよく知るためにも、そして自身を守るためにも戸籍謄本は必要な存在です。そこで今回は戸籍謄本についてご説明した上で探偵へ依頼すれば戸籍謄本は取得する事が出来るのかなど解説していきます。

 

戸籍謄本とは

戸籍謄本とはなにか、よく理解していない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこでまずは戸籍謄本について、その内容から取得方法までご紹介いたします。

戸籍謄本って何?

戸籍謄本とは夫婦や親子関係を証明する書類のようなもので、通常本籍を置いている市区町村の役所に保存されています。
この戸籍謄本には様々な事が書かれてあります。これを見ることで相手が何度結婚と離婚をしたのか、現在どこに住んでいるのかというように既婚歴や住所を把握することが出来ますし、父母の氏名や続柄、出生日や出生地まで確認する事が出来ます。

戸籍謄本の取得方法

戸籍謄本の取得方法は、以下の3通りになります。

本人が窓口で直接取得

自身を証明できる証明書などを提示することで、戸籍謄本をその場で取得することが出来ます。

印鑑と本人確認書類を持参した上で、戸籍謄本の請求書を提出すれば取得することが出来ます。請求書はお住まいの市区町村によりフォーマットが変わるため、自身の住まわれている市区町村で通用する戸籍謄本請求書を利用しましょう。

代理人が窓口で直接取得(委任状が必須)

知人や親戚を代理に立て、窓口で取得することが可能です。しかし、取得者の委任状と個人を証明する証拠が必要です。

郵送請求で取り寄せ

必要な書類と定額小為替を送付することで、戸籍謄本を送付してもらうことが可能です。

なお、戸籍謄本は2枚以上をホッチキス留めして発行されることも多いのですが、このホッチキスを外してしまうと公的書類として無効になってしまう恐れがあります。場所によって対応は違いますが、無用なトラブルを回避するためにもご注意下さい。

住民票と戸籍謄本の違い

戸籍謄本には
・筆頭者
・氏名
・生年月日
・親の氏名
・過去も含んだ婚姻関係
・子どもがいればその子の氏名

といった情報が含まれていて、パスポートの発行や結婚時などの申請に必要で、これは端的に言ってしまえば日本国民であるという証明書類です。

住民票には
・世帯主
・氏名
・生年月日
・性別
・本籍
・住居に住み始めた年月
・マイナンバー

これ以外にも様々な細かい情報が記載されていますが、端的に言ってしまえば住民票は主に現住所を証明するためのものです。自治体への住民税やその土地で立候補した議員への選挙投票などは、この住民票を通して行われます。

 

探偵は戸籍謄本を取得出来る?

戸籍謄本は本人や親族以外で取得する方法はあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません、実際に探偵は戸籍謄本を取得出来るのか解説いたします。

戸籍謄本を請求できる人とは?

戸籍謄本を違法行為無く請求出来る人間は限られています。
・筆頭者
父や夫など、戸籍の主である人物が当てはまります。

・配偶者
戸籍の主である人物の妻などが当てはまります。

・直系卑属
貴方の子供や孫が当てはまります。

・直系尊属
貴方の父母、祖父母などが当てはまります。

結婚すれば本来は両親の戸籍から除籍され、自らが選んだ配偶者と共に新しい戸籍を作るものです。しかし、除籍してあっても両親のような直系関係であれば、請求することが可能です。

第三者の取得は可能?

平成20年5月より、誰でも戸籍謄本の交付請求が出来るという公開原則が変わり、第三者が戸籍謄本の交付請求が出来る場合を制限されてしまいました。

結論から言ってしまうと、赤の他人である探偵では戸籍謄本の取得が不可能だと言うことです。調査として公募書類の取得は違法調査であり、ほとんどの探偵事務所で引き受けては貰えないでしょう。勿論委任状があれば話は別ですが、委任状があるのならわざわざ探偵に相談する必要もありません。

戸籍法により弁護士は委任された業務に必要な場合、第三者請求として戸籍謄本を取得することが出来ます。「遺産相続」や「離婚した相手の戸籍謄本を取得」といったケースでは行政書士や司法書士といった資格を所持した方のみ職権を利用し取得する事が出来ますが、これらも同様、業務に関して必要な範囲でのみ取得することが可能です。

つまり、あくまで戸籍謄本を請求するに相応しい何らかの理由がなければ、第三者が戸籍謄本を取得するのは難しいでしょう。

探偵の人探しに戸籍謄本は役立つ?

戸籍謄本は身内の情報が記載されているため、幼い頃に生き別れた両親を探すケースなどであれば、戸籍謄本を元に親の名前や本籍地を調べることが出来るのです。他にも相続問題などで浮かび上がる「隠し子の存在」なども、戸籍謄本により管理されていれば容易に見つけ出すことが出来るでしょう。

ただあくまでこれらは身内に限定されているため、親族以外で人探しをおこなうのには向いていません。赤の他人の戸籍謄本を請求してもほとんどのケースで認められず、一般人では取得することが不可能なのです。

しかし、前述した通り戸籍法や相続問題など、特定の理由によっては弁護士や司法書士が戸籍謄本を取得する事が出来ます。人探しのために、という理由で戸籍謄本の取得は難しいかも知れませんが、何らかの事情があって他人の戸籍謄本を請求したい場合には、まず弁護士や司法書士の方に相談してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
戸籍謄本には個人的な情報が記されている故に、赤の他人では容易に請求することが出来ません。戸籍謄本を元に相手を調べようとするのは難しいでしょう。
そのため相手が既婚者かどうか、相手に子供がいないかどうか?といった内容を把握するには、探偵へ相談したほうが簡単に証拠を掴む事ができるかも知れません。