ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

結婚信用調査って何?調査内容や依頼理由など詳しく解説!

結婚信用調査とは実際に結婚へ至る前に、あらかじめ結婚相手となる人物が信用に値するのかどうかについて調べる調査です。相手の人となりがよくわかっていないままで結婚しては、後々困ることになりかねません。そのために行われる結婚信用調査ですから直ちに結果が出るというものでもなく、費用もかかります。この記事では結婚信用調査が行われる理由や料金、調査にかかる期間などについてくわしくご紹介します。

結婚信用調査って何?

結婚信用調査は文字通り、結婚する相手について信用することのできる人間であるのかどうかを調べることです。
ただそもそも「信用」がどのようなことであるのか、依頼先がどのような機関であるのかなども理解しておく必要はあります。

結婚信用調査とは

近年はSNSが爆発的に普及したこともあり、男女が出会う場は広がることになりました。
以前にはあり得なかったことですが、いわゆる出会い系サイトで知り合った男女が結婚へ至るといったこともあります。

最終的に結婚を実現させる相手と出会う場として各種の婚活イベント、婚活パーティといったものも連日のように開催されているのです。
そのような中で、特にSNSや出会い系サイトなどといったインターネット上が出会いのきっかけとなった場合ですとオンラインのやりとりだけで関係が進展していくケースも少なくありません。

そしてそのまま、結婚が決まるような事例もあるのです。
結婚前に、ほとんど実際に対面したことがないという例もあります。

そうなると、実質的には相手の人物像がわからないままで結婚ともなりかねません。
結婚してみて相手の人となりがそれまでのイメージと違っていて、結局は離婚という結末を迎えることもあるのです。

そのようなことを防ぐべく、結婚信用調査によって相手のことを調べるということが行われています。
傾向として、結婚信用調査は親が子供の結婚相手について不安を感じ行うという例が少なくありません。

調査は探偵事務所、興信所などへ依頼することが一般的です。
依頼するにあたっては調査対象者の名前や住所、勤務先のほか顔写真なども情報として提供します。

情報がくわしいものであると、依頼先によっては調査にかかる費用が割安になるかもしれません。
結婚信用調査の内容はデータや聞き込みによる調査が中心となり、知り得た情報次第で最終的な料金が決められるようになっています。

具体的に何が分かる?

結婚信用調査を依頼するにあたっては、かける金額が大きいほど多くの情報が提供されることになるでしょう。
ただ、依頼する側の要望もさまざまです。

対象者本人に関する評判さえ確認することができれば良い、家族や親族のことまでをくわしく知りたいなど希望する情報の幅も広くなっています。
そこで、得られる情報について具体的にご紹介しましょう。

パーソナリティ

結婚相手に関して知らなかったことがあり、後になってトラブルの原因となるケースは往々にしてあります。
そこで結婚を控えて一抹の不安を払拭することができないという場合、前もって結婚信用調査で相手のさまざまなことについて調べてもらうことができるのです。

特に結婚が決まるまでの期間が短かったような場合ですと、自分が接していて目にしている部分の人間性について本来の姿であるのかどうかわからないということもあるかもしれません。
そのようなときには相手が周囲からどのように見られているのか、また身体面や精神面の不安要素がないのかといったことなどが調査対象となります。

反社会的勢力とのかかわりや過去にあったトラブル、思想や信仰の詳細なども明らかにしてもらうことができるでしょう。
その対象は本人にとどまらず希望すれば家族、親戚それぞれにも及ぶのです。

金銭問題

二人で結婚生活を送っていく上で、経済面は非常に重要なファクターのひとつです。
そこで結婚信用調査の中では対象者が持っている資産、負っている債務の状況などについても明らかにしてもらうことができます。

もしも隠れてギャンブルにお金を使っているようですと大変ですし、浪費の傾向が見られると結婚生活にも厳しいものがあるでしょう。
金銭面の問題で離婚が成立することになる事例も少なからずありますから、そのあたりはクリアにしておきたいところです。

交友関係

何と言っても、婚姻関係は生涯の伴侶となるパートナー同士が信頼し合ってこそ成立するものです。
その根幹に愛情があってしかるべきであることは、言う間でもありません。

しかしながら、何かしらの事情から結婚しようとする相手の愛情に疑いを持ってしまうこともあります。
当然ながら出会う前のことを含め、相手の異性関係についてすべてを知っているということはないでしょう。

もしかすると自分以外に交際している異性がいるかもしれない、浮気をする可能性があるのではないかと心配は尽きません。
そこで、結婚信用調査で交友関係について調べてもらうことができます。

相応の年齢であれば離婚歴やその理由、子供の有無なども知ることが可能です。

 

結婚信用調査が行われる理由は?

結婚信用調査において調べられる内容は、多岐に渡ります。
相手のことを秘密裏に調べてもらうということに関しては、信用することができていない自分自身に自己嫌悪するという人もいるものです。

それでも離婚を選択する夫婦が増加している昨今、将来的なトラブルへつながり得る材料を早期に発見しておくことは否定されるものではありません。

異性関係をすべて明らかにしたい

結婚信用調査が行われる理由としては、相手の異性関係についてすべてを知りたいという場合が多くあります。
実際にあった事例としても、交際中から相手には別に並行して交際している人物がいたということはあるのです。

この例では交際期間中から相手と連絡のつかなくなる状況がままあるなど、漠然とした不安を抱かせる要因はありました。
それでも婚約から結婚へと至ったものの結果的に結婚前からの不貞行為、不倫が続いていて後になって発覚したのです。

事態が明らかになれば結局、自分がダメージを受けることになります。
相手の交友関係に関する問題で自分が苦しみ、人生を狂わせられることにもなりかねません。

そのようなリスクを回避するためにも、結婚信用調査によって異性関係の透明性を確保することはひとつの手段となるのです。

ライフプランを実現させたい

ライフプランを実現させる上で相手に経済的な問題がないかどうかを確認することも、結婚信用調査が行われる理由です。
愛があればお金はいらないといった「名言」はありますがその反面、かつて「お金は大事だよ」と歌った生命保険会社のCMもありました。

現実にライフプランとしてマイホームを持とう、子供を持とうと考えるにもやはり実現させるにはお金が必要です。
そこで結婚する相手の金銭面に関して調べてもらい、今後に望んでいることの実現可能性について判断する材料とすることができます。

結婚相手に万が一、大きな借金があるとなれば結婚後に自分自身も負担することも考えなければなりません。
本人ではなくても実家に借金があり、あるいは親が借金を遺したまま亡くなり引き継がなければならなくなったといった例もあるのです。

お金のことで困らないためにも、結婚信用調査が役立ちます。

受け入れ難い思想信条の有無を知りたい

人によっては思想信条、また隠れた反社会的な要素といったものも結婚信用調査を行うだけの重大な理由になり得ます。
こういったものは、自分の人生にも深刻な影響を及ぼす懸念があるのです。

一例として結婚の挨拶に相手の実家を訪れたところ、両親から入信している宗教の勧誘を受けたといった話もあります。
信仰に対するこだわりがそれほどのものでなければ問題もないのですが、熱心な信者であれば一族でということもないわけではありません。

また、結婚しようという相手に反社会的勢力とのかかわりがある場合はいろいろと苦労なり制限なりを強いられることもあるでしょう。
交際中からトラブルの際に相手がおとなしい雰囲気であると無為に強い態度をとる、電話の相手に対して不自然なほど丁寧な応対をしているなどの兆候があれば将来を考える上でも結婚信用調査を依頼してみましょう。

 

料金の相場と必要な調査期間

探偵事務所や興信所へ結婚信用調査を依頼する場合、最終的な調査結果が出そろうまでには相応の期間がかかることになります。
また、内容や期間に応じて料金も高額になるのです。

具体的な調査に応じてある程度、料金の相場というものもあります。

料金の相場

結婚信用調査にかかる料金の相場としては、対象者に関する大まかな評判を調べてもらうというだけであれば15万円から30万円程度です。
これは、対象者の生活圏などで一定の聞きとり調査をすればデータもまとまるでしょう。

それに家族や親族の評判、あるいは家族構成に関する調査といったことも加わると30万円から50万円程度となります。
この場合は聞きとり調査を行う場所が多くなりますし、必要に応じて戸籍類なども確認する必要があるのです。

さらに、対象者の健康面なども調べてもらう場合には50万円から80万円程度に及ぶ場合もあります。
そしてパートナーとしてふさわしいかどうかを徹底的に調査してもらうとなると、費用は100万円以上を想定しておいた方が良いかもしれません。

刑事事件さながらに尾行や張り込み、聞き込みといったことも行われます。
なお、調査にかけた時間と得られる情報量が比例するわけではありません。

必要な調査期間

結婚信用調査に要される期間は、総じて1ヶ月から2ヶ月程度となっています。
実は調査の「本番」だけでなく調査方法の検討、具体的な行動計画のプランニングといった部分にも相応の時間が要されるのです。

探偵事務所などでは調査依頼を受け、効率的に調査を進める上でどこからどのように情報を得るのかといったことを吟味します。
対象者の関係者と接触するにも、手当たり次第といったことはしません。

と言うのも、たとえばもし聞き込みに失敗があっては情報収集が難しくなるのです。
接触した相手に不信感を与えてしまい、その人物から別の関係者へ調査の件が伝わると話も聞きにくくなるでしょう。

依頼する側ではとにかく早く結果を知りたいと考えがちですが、あまりにも急ぐことで調査の質が低下してしまう懸念もあることは理解しておかなければなりません。

 

まとめ

結婚信用調査は探偵事務所や興信所などの力を借り、結婚しようとしている相手のことについて調べてもらう調査です。
近年はインターネットの普及などもあり、以前と比較して出会いや交際の「形態」が多様化しました。

必ずしも頻繁に会うこともないままで結婚の話が進んでいく例も少なくなく、実は相手のことについてそこまでわかっていないということもあるため結婚信用調査がクローズアップされることになりました。
異性関係や経済面、あるいは家族親族のことなどを知って安心して結婚したいというわけです。

もちろん結婚信用調査にはある程度の期間がかかりますし、内容に応じてそれなりの料金も必要とされます。