ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

捜索願を出す?人探しは警察と探偵どちらに頼むべき?

行方不明者を探す場合の依頼先としては、まず警察へ捜索願を出す、という方法が挙げられます。人探しの方法として有効な捜索願ですが、捜索願を提出したからといって、必ずしも本格的な捜査が行われるわけではないのはご存じですか?場合によっては、警察ではなく探偵に依頼した方がよいケースも多いです。この記事では警察への捜索願の出し方から、探偵に依頼すべき案件まで詳しく解説していきます。

捜索願の概要

捜索願とは

家族の家出や、失踪などでその人と連絡が取れなくなり、行方が分からなくなった際に警察に届け出る書類のことをいいます。

届け出の方法

捜索願の届け出が可能なのは、親族や配偶者、恋人といった行方不明者に近しい人間です。対象者が施設に入っている場合には、そこの従事者などでも届け出が可能です。届け出るのは交番ではなく警察署になりますが、全国どこの警察署でも届け出が行えるわけではありません。行方不明者の保護者が住んでいるところ、行方不明者の失踪時に住んでいたところ、または、失踪した場所の管轄の警察署に届け出る必要があります。届け出をする際には、届け出をする人の身分証明書や印鑑が必要になります。一刻を争う事態のこともありますので、忘れずに持参しましょう。また、届け出は24時間受け付けてくれます。

受理されないケース

捜索願を提出できる人間に制限があることからも分かりますが、どんな場合で

も捜索願が受理してもらえるわけではありません。あくまで行方不明者を探すための届け出ですので、例えば「初恋の人を探してほしい」といった個人的な案件については、捜索願は受理されません。また、失踪者本人から不受理届が出されている場合も同様です。これはDVを受けている人が家庭から失踪した場合などに、その人を保護する目的で行われていることが多いです。

警察の人探し

警察は人探しで動いてくれない?

捜索願は、条件を満たせば受理されますが、受理された全ての案件について本格的な捜索が行われるわけではありません。単なる家出といった「事件性が認められないもの」に関しては、警察は捜索を行ってくれないことは知っておくべきでしょう。

特異行方不明者と一般行方不明者

警察が行方不明者を捜索する場合は、その人が特異行方不明者だと判断された場合のみです。事件に巻き込まれたなどで生命の危険がある場合、自殺の恐れがある場合、13歳以下の子どもや高齢者の場合など、時間的猶予がなく、速やかに捜索を開始する必要があることが、特異行方不明者の要件に該当します。その他の場合は一般行方不明者に分類され、捜索は行われません。しかし警察のデータベースには登録されるので、パトロールや補導、交通取り締まりなどの際に発見につながることがあります。

成人と未成年

行方不明者が成人している場合は、警察は発見したとしても、対象者に拒否されれば保護や補導をすることはできません。これは個人に人権があり、その人の意思を尊重するためです。未成年の場合は発見されれば、虐待などの事実がない限り、保護・補導された後に、保護者に引き渡されます。これは未成年であれば優先的に捜索がなされるというわけではないので注意してください。自らの意思でいなくなった場合は一般行方不明者の扱いですので積極的な捜索はされないのは未成年であったとしても同様です。しかし、何らかの事情で補導された、パトロール中に声かけをしたら捜索願が出ている未成年であったという場合には、本人の意思に関わらず強制的に保護されるという点には違いがあります。

警察と探偵どちらに依頼すべき?

警察に依頼すべきケース

警察に捜索願を提出するのは、事件性の有無に関わらず、見つけ出す可能性を高くするという意味で重要なことです。行方不明者が小さい子どもであれば、誘拐などの事件に巻き込まれている可能性も高いです。行方不明者は、いなくなってからの期間が長くなればなるほど発見が難しくなります。事件性が疑われる場合には一刻も早く警察へ捜索願を提出しましょう。

探偵に依頼すべきケース

行方不明者の捜索を探偵に依頼した方がよい場合があります。それは緊急性が高い場合です。もちろん事件性がある場合には警察への届け出は必須ですが、探偵であれば事件性の有無に関わらず捜索依頼が可能です。幼い子どもが行方不明になれば、事件性が認められ、警察は動いてくれますが、高校生以上であれば単なる家出と見られてしまうと本格的な捜索はしてもらえません。本人と連絡が取れていればよいですが、連絡が取れない場合、しばらくしてから連絡が取れなくなってしまった場合などは、家出先で事件に巻き込まれてしまったということも考えられます。そうなってから警察に相談し、特異行方不明者に分類されても、初動が遅れてしまうことは否めません。また、未成年の場合は、金銭的に外泊を続けることは難しく、お金がなくなってから家出費用の捻出のために犯罪に手を染めてしまうというケースもあります。行方不明者を見つけ出したい場合には、早い段階から探偵への依頼を考慮しておくことをおすすめします。探偵への依頼には調査費用がかかりますが、早めに依頼をして早期発見できれば探偵へ支払う報酬も抑えることができます。

まとめ

単純に人探しといっても様々なパターンがあります。この記事では行方不明者に絞って警察へ提出する捜索願の提出方法について紹介しました。捜索願が受理されても、対象者が見つからなければ意味はありません。事件性がある場合には警察は動いてくれますが、事件性がなければ本格的な捜索は行われません。行方不明者を見つけ出したいという強い気持ちがあるのなら、調査のプロである探偵に依頼することも方法の1つです。早期発見を望むなら警察と同時並行でも探偵に依頼する価値はあるでしょう。行方不明者に限らず、初恋の人やお世話になった恩師を探したいといった単なる人探しの場合でも、探偵は力になります。探したい人がいるなら、まずは探偵に相談することから始めてみてはいかがでしょうか。