ランニング探偵事務所は浮気調査・素行調査に特化した総合探偵事務所|尼崎・伊丹・西宮・芦屋・神戸

尼崎のランニング探偵事務所
 
06-6423-7521

浮気調査を依頼しても夫婦の継続は可能!安心して相談を!

 

婚姻生活を破綻させる原因の一つとして、浮気や不倫といったものが存在します。婚姻というのは互いに協力して生きていくことを前提に結ぶものであり、であれば双方に不貞義務が課されるのが自然なことと言えるでしょう。
しかし、その前提があるにも関わらず、パートナーの浮気や不倫などに悩まされている人も多いのではないでしょうか。この記事では、離婚と浮気調査の関係について見ていきたいと思います。

離婚はしないけど浮気の調査を依頼することはできる?

離婚は考えていないものの、浮気の調査だけを探偵に依頼するということは可能なのでしょうか?浮気による夫婦関係の破綻度合いは人によるところも大きい面がありますので、場合によっては「離婚までは考えていないものの、浮気の証拠は欲しい」と思っている人もいるかもしれません。

意外と多い「離婚しない依頼者」

探偵に浮気調査を依頼し浮気が発覚した場合でも、意外と離婚しないケースが多いようです。そのため、離婚までは考えていない場合でも探偵に依頼し、浮気の証拠を収集することが可能です。
離婚しない場合はそのまま夫婦関係を継続することになりますが、その後上手くいくかどうかは本人達次第といったところです。探偵社の調査によると、依頼した約7割の夫婦が離婚という選択肢を選ばないそうです。

離婚しないのに浮気調査を依頼する理由は?

一体、何故離婚を考えていないのに浮気調査を依頼するのでしょうか?その理由としては、下記のようなものが考えられます。

・慰謝料の請求
浮気の動かぬ証拠を掴むことができれば、婚姻相手と浮気相手に慰謝料を請求することができます。婚姻相手に慰謝料を請求する場合は離婚することも視野に入れる必要があるかもしれませんが、浮気相手に対してはその限りではありません。
そのため、人によっては浮気相手に慰謝料を請求するために浮気調査を依頼するというケースもあります。浮気をされるとパートナーにも浮気相手にも複雑な感情を抱くことになりますが、婚姻生活を継続したい場合、婚姻相手に慰謝料を請求することに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。
であれば、その矛先が浮気相手に向かうのが自然でしょう。浮気相手に慰謝料を請求し支払ってもらうことで、多少は気が晴れる面もあるかもしれません。
もちろん、ケースによってはパートナーに慰謝料を支払ってもらうことも可能です。その辺りはフレキシブルに、自分の感情や状況、これから進みたい未来を総合的に視野に入れて検討しましょう。

・浮気をやめさせる
浮気調査の目的として、婚姻相手の浮気をやめさせるというものも挙げられます。浮気というのは動かぬ証拠がないとなかなか問い詰めることもできませんが、プロに浮気調査を依頼することにより、相手に浮気を認めさせることができるでしょう。
浮気を認めさせることができれば、「金輪際やめてほしい」という方向に話をもっていくことができます。相手が開き直ってしまう可能性もゼロではありませんが、少しでも良心が残っているのであれば、証拠をつきつけられたら素直に非を認め、冷静に話し合うこともできるのではないでしょうか。
そのために必要なのは、やはり動かぬ証拠です。素人の立場からそれを入手するのは大変難しいものがありますので、基本的にはプロへの依頼を検討することになるでしょう。

・とりあえず証拠を掴んでおく
今すぐ何をどうするというわけではないものの、将来の離婚に備えて証拠集めをしておくケースもあるようです。その場合は自分が浮気調査をしていることすら相手に気づかせず、証拠だけが積み上がっていくことになるでしょう。
一度は婚姻を決意した相手の不貞の証拠を黙々と集めるのは、人によってはかなり辛いことになるかもしれません。なので、この方法を万人におすすめすることはできませんが、もし将来離婚するという話になった場合、その原因となった証拠は多ければ多いほど好ましいというのも事実です。
また、離婚とまではいかないまでも、どこかのタイミングで相手と話し合うこともできるでしょう。その際にも証拠を突きつけることができれば、相手に非を認めさせることができるのではないでしょうか。

実は浮気調査は夫婦関係の修復が可能?

浮気調査を行うことで、逆に夫婦関係を修復することに繋がるケースもあります。浮気というのは婚姻関係を破綻させる大きな原因になりますので、できればそのような事実はない方が好ましいのですが、残念ながらその可能性がゼロになることはないでしょう。
浮気調査を依頼して証拠を掴むことができれば、パートナーに対しても浮気相手に対しても、話を有利に進めることができます。浮気を「ばれなきゃ良い」という感覚でやっている人も多いため、ばれた時点で自分達の負けを認めるケースも多いのではないでしょうか。
浮気調査を依頼することで、逆に夫婦仲がこじれてしまうことを心配している人もいるかもしれません。しかし、浮気を放置している状態を長く続ければ続けるほどに修復は困難になってしまいますので、結果がどうなるにせよ、なるべく早く行動するにこしたことはありません。

夫婦関係修復のポイント

それでは、続いて夫婦関係を修復するポイントを見ていきたいと思います。夫婦関係を正しく修復するためには、相手にやったことに対する非を認めてもらい、しっかりとペナルティを背負わせることが大事になるでしょう。

慰謝料は必ず請求する

浮気が発覚した場合、相手に対して慰謝料をしっかりと請求しましょう。当人は軽い気持ちでやったことかもしれませんが、浮気や不倫というのは婚姻関係を破綻させる大きな原因になりますので、その重要性をしっかりと認識してもらうことが大切です。
そのためには、やったことに対して何かしらのペナルティを与えるのが効果的です。慰謝料に限ったことではないのですが、やはりお金に換算するのが分かりやすい手法でしょう。
浮気の悪辣性をしっかりと理解してもらえない場合、再発する可能性もあります。ペナルティをしっかりと与えることで、それを防止することにも繋がるのではないでしょうか。

精算が終わったら浮気をしつこく責めない

互いに決めた精算が完了したら、その後は浮気したことをしつこく責めないようにしましょう。理屈で考えると、相手の浮気に対する責任は精算が終わると同時に消滅することになりますので、それ以上相手を責めるのは筋に合いません。
だからといって「はいそうですか」とならないのが人間感情の難しいところではありますが、精算が完了したにも関わらずしつこく責め立てられると、相手方は良い気分にはならないでしょう。そして、その感情が再度浮気を誘発してしまう可能性もあります。
そうなると、一体何のために浮気調査をして精算したのかという話になってしまいますので、ペナルティはペナルティとして課し、それが終わったら基本的には「許す」という姿勢を貫くことが大切です。
もしどうしても許せそうにない場合は、最初から離婚を視野に入れた方が良いかもしれません。

まとめ

探偵に浮気調査を依頼する場合、それはイコール離婚というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。多くの夫婦が浮気調査後でもそのまま婚姻関係を継続しているという事実がありますし、むしろ関係を修復したいから浮気調査を依頼するといったケースもあるでしょう。
プロに調査を依頼する目的は人それぞれになりますので、そこに明確な基準を設けることはできません。であれば、まずは自分が進みたい方向を選択し、その過程として探偵に浮気調査を依頼するのがベターではないでしょうか。
大切なのは、自分の未来であり、自分がこの先の人生に何を望んでいるかです。それを邪魔するのではなく、手助けするためのプロフェッショナルですので、安心して相談されてみてはいかがでしょうか。